« 吉田山田の日々 | トップページ | 超人 »

2014年8月31日 (日)

連戦連投

 なんとも信じられないニュースが報じられた。

 全国高校軟式野球大会において、二日続けてサスペンデッドゲームになった中京崇徳との準決勝は、延長45回をもってしても決着がつかず、今日31日に延長46回から4日目の試合を行なうという・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 前代未聞の珍事に、「バカ言ってンじゃないぞ!!!」と怒っているのは私だけなんだろうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 コトの顛末はこうだ・・・

 28日に行なわれた中京と崇徳の準決勝は、延長15回まで戦い、お互いに無得点のままサスペンデッドゲームになり、翌29日に16回から再開したが、この日も得点が入らず、延長30回を終えて再びサスペンデッドゲームになった。

 これだけでも十分に驚きに価するニュースだと思うんですが、悪夢はさらに続き、三日目となった昨日の30日は、31回から45回まで戦ったものの、やはり得点は入らず、0-0のまま、三度サスペンデッドゲームとなったというもの・・・ q(`o')ブー!!

 この間、中京の松井投手は、45回を一人で投げ、
24安打無失点で635球
 一方、崇徳の石岡投手も、45回を一人で投げ抜き、
19安打無失点で617球というあり得ない投球内容です。

 

 私が言いたいのは、両校とも一人のエースにマウンドを任せきりで、その間リリーフを仰ぐ事は一度も無かったという事!

 いくらなんでも、両校ともに一人の控え投手も居ないわけでもないだろうし、要はエースを下ろして負けたりしたら悔いが残るというコトで、両監督共に代えるに代えられず、ここまで引っ張ってしまったというコトなんでしょうが、こんな能なし監督即刻クビにすべきだと私は思う。

 

 まぁ、軟式野球というコトで、この大会後にプロ野球選手になるとかの道はほとんど無いわけですから、彼等選手たちにとっても監督にとっても、目の前の試合に全てを注ぎ込む事こそが大事であり、選手がこの準決勝後に身体を壊して野球が出来なくなっても、負けるよりはいいと考えているのかもしれませんが、十分に身体を鍛えているプロ野球の投手でさえ、1日150球を超えて投げる事は希ですし、先発登板した後は5日から6日程度の間隔を開けて起用されるのが普通ですから、毎日毎日200球を超える球数を放り続ける事がどれほど異常な事かわからないはずはないと思うんですが、もしかして今日の46回のマウンドにも、松井と石岡の両投手が上がるんでしょうか・・・ (?。?)

 

 この試合に限らず、高校野球では一人のエースが試合の度にマウンドに上がって連投する姿がよく見られますが、個人的には理由の如何に関わらず、投手には球数制限を設けるべきだと考えています。

 具体的に申し上げるなら、一人の投手が投げられるのは100球まで。
 100球を超えたら、次の回のマウンドには上がる事はできないというものです。

 高校生なんて、まだまだ身体が出来上がっていない未熟な子供なワケですから、ムリをさせて選手寿命を縮めてしまうのは本人のためにも球界のためにも大きな損失だと考えるからです。

 

 一応、新聞では監督が「大丈夫か」などと両投手に声をかけ、交代を示唆したものの、共に頑として交替に応じないので、ここまで投げ続けさせたように報じられてはいますが、いちいち選手の顔色を窺っていてはマトモな采配ナンて振るえないだろうというのが私の考えです。
 誰だって、ここまで来たら意地でも先にマウンドを下りるわけにはいかないと思うのが普通だと思うので、そこを説得できなくて監督なんて務まらないだろうと私は思うからです。

 

 仮に、今日も両投手が先発で投げるとしたら、4日連続の先発登板になり、球数もすでに600球を超えているワケですから、前代未聞の登板になるわけで、単なる野次馬で試合結果には全く興味はありませんが、今日の試合の顛末だけは気になってしかたありません (;^_^A アセアセ・・・

|

« 吉田山田の日々 | トップページ | 超人 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

もう引き分けでいいと思います。(^_^;)
でもトーナメント戦なので、はっきり白黒つけなければいけないのがつらい所ですが…(^_^;)

投稿: 力三郎 | 2014年8月31日 (日) 12:59

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 私もそう思います・・・ (^^;

 熱戦の結果は、延長50回表に中京高が3点を先制し、そのまま逃げ切りました。

 準決勝の結果は出ましたが、引き続き決勝が待っている変則ダブルヘッダーですから、中京にとってはキビシイ日程ですね (^◇^;)

投稿: 夢ピ | 2014年8月31日 (日) 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連戦連投:

« 吉田山田の日々 | トップページ | 超人 »