« 独立否決 | トップページ | 正攻法 »

2014年9月21日 (日)

人類皆兄弟

 まるで、どこかの団体のスローガンみたいですが、今回のスコットランドの独立騒ぎで改めて思ったのは、やはり「国」という概念が存在する以上、国家間の紛争は無くなる事は無いんだろうなと・・・

 

 私には昔から考えている一つの「夢」があります。

 具体的に申し上げるなら、地球上から「戦争」に代表される国家間の紛争が無くなる事・・・なんですが、何だかんだ言っても、地球上にたくさんの「国家」が存在する限り、もめ事が無くなる事は無いだろうと私は考えます。

 

 近未来を描いたSF映画などに登場する「地球連邦」・・・

 夢物語ではありますが、アレこそが、人類が目指すべき理想の姿なんだろうと私は思っています。

 

 地球上に住む全ての人類が、一つの政府によって統治されるような世の中にならない限り、国家間のエゴによる対立を解決する事は難しいだろうと・・・

 別に「国」は存在していてもいいんですが、その一つ一つに個別の政府がある必要は無く、それぞれの国から選ばれた代表によって構成される一つの大きな政府によって地球は運営されるべきだと私は考えます。

 そうでないと、国同士の利害が対立した場合、解決の手段が無いからです。

 

 「地球連邦」ナンてことばを持ち出すと、なんとなく夢物語で実現は不可能という感じがしないでもありませんが、例えば「アメリカ合衆国」を例にとればイメージしやすいかと。

 アメリカにはたくさんの州が在り、多くの移民からなる人種のるつぼと言ってもよく、宗教もことばも一つではありません。
 まるで世界の縮図を一つの国で表わしたような国ではありますが、それでも、「アメリカ」という国の中でまとまっていられるのは、一つの政府のもとに一つの憲法によって統治されているからです。

 「地球連邦」は、そういうアメリカ合衆国の姿を地球に置き換えたものとイメージして頂ければいいのかなと。

 

 「地球」は、誰か個人、あるいはどこかの国によって、好き勝手に利用されるべきではありません。
 あくまでも全ての人類共通の財産として、一つの政府がしっかりと財産管理をすべきと考えます。

 もう、地球はそういうグローバルな時代に入ってきたんじゃないでしょうか。

 

 「人類皆兄弟」、一つの星の上で暮らす人類にとって、決して夢物語で終わらせてはならないと私は思うのですが・・・

 まぁ、すぐに「地球連邦」が実現するとはとうてい思えませんが、100年先、200年先に地球が一つになる姿を夢見るのも一興かと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 独立否決 | トップページ | 正攻法 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

アメリカにも人種差別が横行しているものの、元々が「移民の国」ゆえに英語の習得が可能でなおかつ星条旗に対する忠誠心さえあれば基本的に受け入れると言う度量の大きさも感じます。

力三郎としては、やはり男ならば暴力とか武器に頼らず、裸で取っ組み合って白黒つけるのが一番だと思います。(笑)
(^O^)

投稿: 力三郎 | 2014年9月23日 (火) 10:34

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 わかりやすいと言えばそれが一番わかりやすいのかもしれませんが、そうなると腕力に劣る者の意見は通らないという事で、サル山社会と変らなくなってしまいかねません (;^_^A アセアセ・・・

 ここはやはり、会話というか、議論で白黒つける社会が望まれるのではないかと思います。

投稿: 夢ピ | 2014年9月23日 (火) 11:53

お返事ありがとうございます。
(^_^)

まつりごとは「対話」を基本とした上、文民統制でやるのが良いですね。
「裸の取っ組み合い」は格闘技の世界、土俵の上だけで充分だと考えています。
土俵を越えて人間や世界まで支配されてはたまりませんね…
(^_^;)

自分は大相撲で満足です!
\(^-^)/(笑)

投稿: 力三郎 | 2014年9月24日 (水) 08:53

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 私は、大相撲はもちろん、総合格闘技も大好きなんですが、最近ではK-1やPRIDEのようなイベントはテレビで放送しないので寂しく思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2014年9月24日 (水) 15:14

私は、地球連邦にいずれ人類は到達すると思います。
ただそれには、まだ時間がかかり五百年か、千年かさらにもっと先かとも思います。

アメリカ合衆国の例もそうですが、言語も民族も貨幣も異なるヨーロッパが、まず貨幣から統一したことは大きな流れになると思っています。
貨幣の統一は、事実上の国家の統一に近いことです。
さらに軍事と警察が完全に統合すれば、ほぼアメリカ並みになります。
ヨーロッパが一国になるのは決して夢物語ではないと思います。
そして、これを手本に世界も・・・。

投稿: メイの家 | 2014年9月28日 (日) 13:32

 メイさん、どうもです (^_^)/

 地球上の人口が70億人を超えた今、世界中の国同士間で何らかの合意が得られなければ、第三次世界大戦のような危機も現実になってきますし、国連の存在意義も揺らいでいますから、私は地球連邦のようなものの実現はそれほど遠くない未来だと考えています。

 それほど今の地球は危うい状況に置かれているように思えてなりません。

 もう、国がどうのとか言っている時代は終わりを告げようとしているのかもしれません。

投稿: 夢ピ | 2014年9月28日 (日) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/60347741

この記事へのトラックバック一覧です: 人類皆兄弟:

« 独立否決 | トップページ | 正攻法 »