« 体育の日の呪い | トップページ | 成人健診 14 »

2014年10月15日 (水)

銚子電鉄

     20141013001

 

 写真は、先日銚子市内で仕事をしていた時に撮ったもので、銚子電鉄のデハ2000形車輌です。

 別に、狙って撮ったものではなく、たまたま踏切の遮断機が閉まったので、運転席から走ってきた電車を撮ったものです (^◇^;)

 ただそれだけの事なんですが、なんとな~くではありますが、いつになくイイ感じに撮れたと思える1枚になったので披露させて頂きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 銚子電鉄は、JR銚子駅と犬吠埼間の僅か6.4kmを結ぶ路線であり、多くのローカル路線がそうであるように、赤字路線として資金難から廃線となる運命にありました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

その危機を救ったのが、ぬれ煎餅を始めとする食品事業で、たい焼きやつくだ煮など、自前で製造販売を行っており、その収入は本業の鉄道事業の売上げを大きく凌ぎ、半分以上を稼いでいるというから、赤字経営で苦しむ鉄道事業者は、銚子電鉄のノウハウを積極的に学ぶべきだと思います(笑い)

 

 バブルの頃、本業をおろそかにして不動産事業やプロ野球経営などに熱を上げ、逆に経営を圧迫して左前になってしまった会社が見られました (^^; が、銚子電鉄の場合はそういう安易な発想の副業ではなく、地元に根を下ろした地道なものなので、いつの間にか本業を凌ぐまでに成長できたんだろうと思います。

 つまり、鉄道やバス事業者は、本業の運輸業で稼げなくても、やり方によっては利益を上げる方法はいくらでも有るという、いいお手本ではないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 う~ん、銚子電鉄、頑張れ~ ヽ(^o^)尸

 

 ・・・という事で、下は5年前に書いた銚子電鉄の乗車体験記です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 《 ぴぃ散歩「銚子編」 前編 》

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-e530.html

 

 《 ぴぃ散歩「銚子編」後編 》

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-d473.html

|

« 体育の日の呪い | トップページ | 成人健診 14 »

写真を語る」カテゴリの記事

コメント

私も過去に二回乗りました。相撲と同じ位に鉄道が好きです。(笑)

プロ野球チームに名を連ねられる鉄道会社ならば潤沢な資金があるのでしょうが、銚子電鉄の場合は車両の検査とか枕木を取り替えるのに必要な資金さえも事欠いていて深刻な状況だったようですが、ぬれせんのおかげで(!?)なんとか今でも現役で何よりです。

鉄道は、保線にも車両のメンテナンスにも結構高価で人手もかかる乗り物の様です。千葉のお隣の茨城でも日立電鉄と鹿島鉄道の廃止は記憶に新しいです。
(^-^;)

そんな逆風だからこそ銚子電鉄には銚子の顔として生き延びて欲しいとも思います。

投稿: 力三郎 | 2014年10月15日 (水) 23:27

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 三陸鉄道の営業再開は記憶に新しいですが、ローカル線にはローカル線の魅力があります。

 新幹線がどんどん延長され、便利になったとお思いの方も多いと思いますが、反面切り捨てられ不便になったと嘆く人もとても多いのも事実です。
 私の故郷の会津も、新幹線が出来てから東京に出るのがとても不便になりました。言うまでもなく、在来線の廃止で夜行列車が無くなったからです・・・ (ノ_-;)ハア…

 私が高校生だった頃は、23時過ぎに会津若松駅を出発し、翌朝の5時くらいに上野に着く夜行列車があり、とても便利に利用させてもらった記憶があります。
 確かに新幹線は便利ですが、それは沿線に住む住人にとってであって、沿線から離れた所に住む人には逆に不便に感じてしまう乗り物のようです・・・ (__;)

投稿: 夢ピ | 2014年10月16日 (木) 06:30

銚子電鉄は、鉄ちゃんの間では有名な電車ですね。
経営危機を助けようと大挙して乗りに行ったり、物品もたくさん買いました。
やっぱりアイデア次第のところはありますね。
全国各地で苦戦しているローカル線にも、いろいろ工夫してがん張って欲しいですね。

投稿: メイの家 | 2014年10月18日 (土) 13:52

 メイさん、どうもです (^_^)/

 観光地というと、どうしても遠方の観光客に目を向けがちですが、足元の住民たちに対する配慮も忘れてはならないと思います。

 銚子電鉄も、県外などの観光客だけでなく、銚子市内の住民たちがたい焼きや煎餅を購入することによって売上げが伸びました。
 何にでも言えることですが、地元民に愛されることが経営の基本なんだと思います。

投稿: 夢ピ | 2014年10月18日 (土) 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄:

« 体育の日の呪い | トップページ | 成人健診 14 »