« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

返り討ち

 J1昇格の残り1枚の切符を懸けた「J1昇格プレーオフ」の
準決勝が今日行われ、6位の山形が4位の磐田を2―1で破って
12月7日の決勝に駒を進めた。

 

 そして、決勝の相手が、私の愛するジェフ千葉です ヽ(^o^)尸

 先日、天皇杯の準決勝で煮え湯を飲まされた山形が相手ですから、今回はリベンジということになりますし、J2暮らしも今年で5年目ですから、いい加減にJ1復帰を果たしてもらわないとねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ・・・という事で、12月7日、味スタにて山形を迎え撃つ!!

 

 絶好調の波に乗って乗り込んでくるようだけど、今度こそは返り討ちにしてくれるわ! (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日返上

 自営業の私にとって、仕事の依頼が入る事はとても有り難い事です。

 昨日も今日も私は仕事なんですが、これで今度の金曜日まで予定が埋まりました (^^)v

 というコトで、今回は24日の月曜日から2週間ほど働きづめになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「貧乏ヒマなし」とはよく言ったものですが、サラリーマンとは違って働かないことには売上げになりませんが、一方で休みが欲しいのもホンネだったりします(苦笑)

 あちら立てればこちらが立たずということになりますが、今の仕事はけっこう性に合っているという事もあって、半月くらい休みがなくてもそれほど苦になるというわけでもありません (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、私の場合、根っからの働き蜂なんでしょうかね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

サンタクロース

     20110726001

 

 3年ほど前に、ホンモノのサンタクロースと出会ったコトを記事にしたことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 あの時は、東日本大震災で被災した子ども達を励まそうと、フィンランドから財団公認のサンタクロースが来日したという事でしたが、昨日の朝、2年ぶりに成田空港にサンタクロースが到着したそうです(苦笑)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2014112800037

 

 まぁ、サンタクロースといっても、そこはそれ、アレなんですがね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 でも、夢があって、いいじゃないですか (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

月末

 今日は28日ですが、明日と明後日が土・日ということもあって、形の上では「月末」ということになります。

 「もう月末かぁ」ということで、今月はアッという間に終わったような気がしまして、何でだろうと思ってカレンダーを見て「なるほど」と・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今月の月初めにも「三連休」という記事を書いたのですが、三連休で始まった今月は、実質的には「4日」が月の始まりと言ってもよく、30日しかない「小の月」である事に加え、「三連休」が2回もあったりして、平日は僅かに「18日間」だったコトが短く感じる理由なんだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 「月末」は締め日になっている事も多く、普段よりも事務仕事も増えたりして、何かと忙しい一日になりがちです。

 そういう私も、取引先のほとんどが月末締めですから、請求書を作成して届けなくてはなりませんし、金曜日ですから普段よりも道路は混み合うだろうとも思われます (^_^;

 そういう諸々が重なって、おそらく今日は忙しい一日になるだろうと思われます (^_^ゞポリポリ

 

 そういえば、「小の月」である2月4月6月9月11月の覚え方に「西向くサムライ小の月」というのがありまして、頭の古い私なんかはそういうことばで覚えています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 「西向く」というのは、そのまま「2・4・6・9」を表わしており、「侍」というのは「武士」のことで、「士」とも書き表し、「士」を分解すると「十」と「一」になり、「11」の漢数字になるので「サムライ」となります (^^)v

 誰が考えたことばなのか知りませんが、なかなか語呂が良くて覚えやすいと思うので、幼い頃に母に教えられてからずっと「西向くサムライ」と覚えてきました。

 

 それとは別に、左手で拳を作り、それぞれの指の付け根の凸凹で大の月と小の月を覚えている人も少なくないと思います。
 人指し指の付け根の出っ張りが1月、凹みが2月、中指の出っ張りが3月と順になぞっていき、小指の付け根の出っ張りが7月になり、もう一度小指の付け根の出っ張りを8月と数えて戻っていって、中指の付け根の出っ張りが12月で、凹みのところが小の月ということで、小学校の頃に先生の誰かが教えてくれました。
 これも誰が考えたのか知りませんが、上手いこと考えたものだなと(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

くそぉ・・・

     20141127001

 

 昨夜、サッカーの天皇杯準決勝2試合が行われ、J1のガンバ大阪とJ2のモンテディオ山形が12月13日に日産スタジアムで行われる決勝戦に駒を進めた。

 

 私もこの準決勝、ジェフ千葉 vs モンテディオ山形の方を
BS2で観戦しました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 だって、私の愛するジェフ千葉が天皇杯の決勝に駒を進められるかどうかの千載一遇のチャンスですから (^^)v

 

 19時のキックオフに間に合うように、急いで仕事から帰宅してテレビの前に陣取り、晩酌を片手に観戦開始~ ヽ(^o^)尸

 ところが、開始早々にアッという間に失点・・・ (__;)ガクッ

 なんとか同点に追いつくも、その10分後にまた失点・・・ (^^;

 後半に相手のミスから同点に追いついたものの、またまた失点・・・ (ノ_-;)ハア…

 結局この1点が決勝弾になって千葉は競り負けてしまいました (__;)

 

 最後まで追いかける展開を抜け出せなかったのが、今の千葉の現状をよく表わしていたと思います。

 ただ、両チームともいいサッカーをしていたし、お互いに積極的に攻め合う展開で、けっこうおもしろかったです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それにしても、エースストライカーともいえる森本をケガで欠きながら、それでも2点を挙げる頑張りを見せてくれたことに正直驚いている私がいますが、ああも簡単に失点を重ねてはやっぱり勝てないでしょうなぁ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 私がジェフのサポーターになってから初めて天皇杯決勝に行けるかというチャンスだっただけに、選手もガッカリしたでしょうが、私も落胆せざるを得ませんでした・・・ (__;)

 

 後は、来月の7日に行われるJ1昇格のプレーオフ決勝に勝つことだけが唯一の希望です (^_^ゞポリポリ

 願わくば、磐田山形との間で行われる準決勝に山形が勝ち抜き、決勝戦で再び山形と当たって、リベンジを果たしてJ1に上がってくれれば、私としては最高のお正月を迎えられるんですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

国際千葉駅伝 2014

 一昨日の振替休日に国際千葉駅伝が行われ、日本代表が5年ぶり3度目の優勝を飾った。

 

 この大会、私のお気に入りの大会の一つで、毎年必ずテレビ観戦しています (^^)v

 私がお気に入りで欠かさずに観ている大会はいくつもありますが、主なものは以下の通りです。

 元日のニューイヤー駅伝
 正月2日3日の箱根駅伝
 故郷福島路を走る東日本女子駅伝
 地元千葉で行われる国際千葉駅伝

 他にも、出雲と全日本大学駅伝、箱根の予選会、東日本の実業団駅伝などなど・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、今回の国際千葉駅伝もけっこう楽しめました o(*^▽^*)o~♪

 もちろん、日本代表の優勝という最高の結果が出たからというのもありますが、一方でその内容はナンというか・・・ (^◇^;)

 そもそも、大会の目玉だったはずの村山兄弟がいずれも不本意な結果に終わった段階で、私は今年も優勝はムリかなと思いましたし、あの時点ではロシアに分があるようにも見えました (^^;
 ただ、いずれにしても日本代表が優勝するとは思いませんでしたよ (;^_^A アセアセ・・・

 

 しかし、大学生から飛び級で日本代表に選出された二人のエース級の選手が、共に期待された走りができなかったというのはいかがなものか・・・ (ノ_-;)ハア…

 母校のタスキなら頑張れるけど、日の丸じゃやる気が出なかったのか・・・
 あるいは、付けたことのない日の丸が重すぎて、プレッシャーになったのか・・・

 いずれにしても、ふざけんなよと・・・(怒り)

 

 期待された結果をしっかりと残してこそのエースでしょ!
 双子だからって、兄がダメなら弟もって・・・ そういうのってアリ?

 確かに私も全日本や箱根の予選会を見て、村山兄弟の非凡な才能を認めた一人ではありますが、今回のレースを見て少々考え方が変りました。

 彼等は、かつての大迫傑と同じで、ただ「早い」だけの選手で、「強い」ランナーではないのかなと・・・ (__;)

 

 優勝できたからそれほどバッシングされてはいませんが、もし今年も優勝できなかったら、今頃は一番の戦犯扱いでヤリ玉に挙げられていたんじゃないのかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

成田山公園紅葉まつり

 一昨日の日曜日、成田山新勝寺の敷地内にある「成田山公園」で紅葉狩をしてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私自身も知らなかったのですが、「成田山公園紅葉まつり」を開催中だというので、近場で楽しめるのならラッキーじゃないかと家内を伴って出かけてきました。

 といっても、私らの目的は紅葉ではなく、境内の茶店(ちゃみせ)でお酒を飲むことでしたが・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 いつもですと、成田山には車で出かけることが多いので、お酒も家内だけが飲み、私はノンアルコールで済ましているんですが、今回は私もお酒を飲みたいと思って、自宅からバスで出かけました (^^)v

 

 それはともかくとして、紅葉の方も思っていた以上に楽しめました o(*^▽^*)o~♪

 

20141125004 20141125005

     20141125002

20141125003 20141125001

 

 上が一昨日撮ってきた写真なんですが、正直、成田辺りで「紅葉」とかいってもあまり期待はしていなかったんですが、なかなかどうして、けっこう見応えがありましたよ (*^.-^*)♪

 公園内もけっこう広くて、普段から歩くことが少ない私には、坂道や石段も多くてたいへんでした (^^;

 その分、茶店で飲む昼酒は美味しかったですねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

旭天鵬勝

 大相撲の九州場所は、昨日千秋楽を迎え、横綱の白鳳が鶴竜との横綱戦を制し、大鵬に並ぶ歴代最多となる32回目の優勝を飾って幕を閉じた。

 もちろん、大記録であり、讃えられるべき偉業だと私も思う。

 

 それはそれとして、今場所もう一つ、誰もなし得なかった大記録が同じモンゴル人力士によって生まれたが、そちらの方はあまり大きく報じられていないのが残念というか・・・ (__;)

 実は今場所、平幕の旭天鵬が10勝5敗の星を挙げ、昭和以降では最年長となる40才2ヶ月で勝ち越しを決め、さらに敢闘賞も獲得して、三賞獲得の最年長記録も塗り替えました。

 

 地味ではありますが、40才を超えてなお、現役で活躍して賞賛されるプレーをするということがどれほどたいへんな事か・・・ (^_^;

 例えば、プロ野球界には49才の山本昌投手や、サッカー界にも47才の三浦知良、あるいはスキージャンプにも42才の葛西紀明のような、40才を超えてなお光り輝く超人的な現役プレーヤーがいますが、彼等と比べてもまったく遜色ないというか、むしろ旭天鵬の方がずっと凄いんじゃないかと思えないこともありません・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 なぜなら、大相撲といえば番付が全ての格闘技の世界ですからね、加齢による肉体の衰えは嫌でも表面化してきますから、それを押して力士を続けるだけでもたいへんな事なのに、15年半もの間、一度も幕内から落ちもせずに土俵に上がり続けるコトがどれだけ信じられない偉業である事か・・・

 厳密にいえば、2006年の夏場所前に人身事故を起こして出場停止処分を受け、翌名古屋を十両で過ごしたことがありますが、優勝決定戦まで進む好成績を収めて一場所で幕内復帰を果たし、復帰直後の秋場所では白鳳と千秋楽まで優勝争いをするという活躍ぶりだった事を考えれば、15日全休という出場停止処分が無ければ十両に落ちることはなかったはずなので、あの十両の一場所は記録の上では残っていますが、実質的には無かったと考えるのが妥当だと思います。

 

 旭天鵬は私も大好きな力士なので、過去にも何度となく取り上げて語ったことがあるので繰り返しはしませんが、興味があれば下の記事もご一読頂ければ幸いです。

 2008年1月23日
 「モンゴル人力士」

 2008年10月25日
 「星」

 2012年5月21日
 「パイオニア」

 特に、「パイオニア」は旭天鵬が幕内最高優勝を果たした時の記事ですから、ぜひお読み頂きたいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 旭天鵬、天晴れ~ ヽ(^◇^*)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

玉置浩二

 昨夜、フジテレビの「MUSIC FAIR」玉置浩二が出ていて、久しぶりに彼の歌声を聞きました。

 

 玉置浩二の他にも德永英明森山直太朗が出ていて、いずれも日本を代表するボーカリストであり、さすがの美声を聴かせてくれましたが、それでも玉置浩二の歌声には遠く及ばないというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ナンていうんでしょうかね、玉置浩二の歌声はこの世のものとは思えないくらいの魅力がありまして、それはもう「魔力」といってもいいというか・・・ (^◇^;)

 人間的には問題アリというか、どうも私は好きになれない人物ではありますが、歌を歌っている時の玉置浩二は素晴らしいの一言に尽きますね (*^.-^*)♪

 

 たった30分の番組ではありましたが、番組の中で玉置浩二がソロで歌った「時代おくれ」「男はつらいよ」はもちろんですが、冒頭で森山直太朗と歌った「メロディー」も、最後に德永英明と歌った「いかないで」も、完全に二人を食っていて、まさに玉置浩二のための番組だったといっても過言ではなかったように思えました(苦笑)

 

 ああ、いいもの聴いた~ o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

生え抜き

 私はソフトバンクホークスのファンですが、ここ2~3年の大補強について、とかくやっかみや妬みともいえる戯れ言を耳にすることがしばしばあります。

 

 曰く、巨人やソフトバンクはカネで他球団から有力選手をかき集めて優勝を買っている・・・

 曰く、カネで他所の球団から有力選手を集めて強くなるより、生え抜き中心のチーム構成の方が魅力ある・・・エトセトラ、エトセトラ・・・

 まぁ、そういう事をおっしゃる輩は、多かれ少なかれ現実というものを直視することができない理想論者なワケで、プロの球団というものがどういうものかをわかっていないアマちゃんなんだと私は思っています。

 

 生え抜き中心のチームなんて、ファンにとってどれほどの価値があるというのだろう (^◇^) 。。。ケラケラ

 今時、高校野球だって地元の選手だけで構成されたチームは少ないんじゃないだろうか。

 ましてプロ野球のチームですよ、カネで有力選手を集めることができるのなら、それが一番手っ取り早いんじゃないのかな。

 

 どうもプロ野球という世界では、選手が他球団に移籍することに、ある種のマイナスイメージが付きまといがちですけど、例えばプロサッカー界などでは移籍は当たり前の事であり、チームの顔である選手が簡単に別のチームに移籍するナンてコトは日常茶飯事です。

 選手が別のチームに移りたいと考える一番の理由は、やっぱり「カネ」だろうと多くの人が考えているようですが、実はチームそのものに不信感を抱いていたり、魅力が無かったりということがホンネだったりする事が少なくありません。

 そういうチームに対する不満が「出たい」という一番の理由であり、移籍するからには少しでも多くカネを出してくれるチームに入りたいと思うのは人情だろうと思います。
 だって、プロなんですから(苦笑)

 

 という事で、選手の移籍にはカネが付きものですし、有力選手であればそれ相応の金額になることも当たり前のハナシで、だからといってカネで有力選手を買い集めていると言われるのも違うんじゃないかと思うんですがねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 要は、カネがあるから有力選手を買い集めているわけではなく、移籍したいと思えるほど魅力あるチームだからこそ、有力な選手が集まってくるだけのハナシなんじゃないのかな (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それに、他球団から有力選手を集めると、生え抜きの選手が育たないというのも的外れの意見だと思います。

 有力な選手が集まれば、自然とポジション争いが熾烈になって、移籍してきた選手はもちろん、今までいる選手達も成長できるのが普通なので、お互いのためにも移籍は有益というか・・・ (^^)v

 

 第一、カネで優勝を買っているという意見が本当に正しいのなら、いずれ移籍してきた選手ばかりのチームになってしまうと思いませんか(苦笑)

 巨人だってソフトバンクだって、そんなコトにはなっていませんよね。

 生え抜きの選手はどのチームにも存在しますし、多かれ少なかれ活躍もしています。

 

 とかく隣の芝は青く見えるとも言われます。

 カネで優勝が本当に買えるのなら、どのチームだって同じようにすると思うんですが、昨年日本一になった楽天はカネの力で頂点に立ったんでしたっけ?
 違うでしょ(苦笑)

 確かに助っ人の外国人選手の活躍も大きかったと思いますが、一番活躍したのは生え抜きの田中将大投手だったのではなかったかな (^^)v

 

 生え抜きとか移籍組とか、そういう些細なことにこだわっているのは木を見て森を見ずの典型なんじゃないですかね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

ダイナミックディスク

 昨日、ノートPCの内蔵HDDをSDDに換装したんですが、
40GBのHDDを120GBのSDDに交換したものですから、データ移行ソフトの操作がうまくいかず、余分な分の80GBをDドライブとして設定し、もともとのDドライブだった6GBほどの領域が未割り当てのまま残ってしまいました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 別にそのままでも構わないわけですが、貧乏性の私としてはなんとかしてこの未割り当ての領域をDドライブに組み込めないものかとあれこれと試行錯誤を繰り返しましたが、結局ダメで、諦めるしかないのかなと思い始めたその時です・・・ (^^;

 

 「ディスクの管理」という画面で、左端の「ディスク0」を右クリックすると、「ダイナミックディスクに変換する」という項目が現われましてね、「ダイナミックディスク」という私の知らないパソコン用語に、ナンだ、これは・・・ (?。?) ・・・と・・・

 で、さっそく、ググってみると、Windows2000以降に追加されたハードディスク管理方式」という事で、私が今まで扱っていた方式は「ベーシックディスク」というんだそうで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 解説を読んでもイマイチよく理解できなかったのですが、「既存のボリュームの内容を維持したまま、また稼動状態のままでのボリュームサイズの変更ができる」という一文が目に止まり、ダメもとでやってみる事にしました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 ただ、PC上級者向けの操作だそうで、解説が理解できない人はやってはいけないとも書かれていましたが、ナニか不具合が出たらまたリカバリすればいいだけのハナシで、私に恐いものはありません (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 20141121001

 

 20141121002

 

 で、やってみた結果が上の写真です (^_^ゞポリポリ

 ナニがどうなったのか、私のアタマでは理解できませんが、ご覧のように余っていた6GBほどの領域が、無事にDドライブに組み込まれ、80GB強のDドライブになりました ヽ(^◇^*)/

 たとえ内容が理解できなくても、結果が望む通りになってくれればそれでいいわけですから、私にとっては万々歳です(苦笑)

 

 ・・・というワケで、また一つ新しいことを覚えちゃったな~ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

包丁セット

     20141120001

 

 写真は、先日通販で購入した包丁セットです。

 

 三徳包丁菜切包丁小出刃包丁ペティナイフの4本組で、一応、関ブランドの逸品です (*^.-^*)♪

 仕事中に聴いていたラジオショッピングのうたい文句に心惹かれ、思わずダイヤルしていました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 実は、1年ほど前に「包丁研ぎ」という記事を書いたことがあります。

 家内が料理好きで、使っている包丁が切れなくなった時に研いであげられたらいいなということで、見様見真似で始めたわけですが、不器用者の私にそう簡単に包丁が研げるはずもなく、研いだつもりがよけいに切れなくなったと家内から何度ダメ出しをされたことか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなこんなで試行錯誤を続ける事2~3年、やっと昨年辺りからダメ出しをされないようになりました (^◇^) 。。。ケラケラ

 そうなると、ホームセンターなんかで買ってきた安物の包丁ではなく、もう少しマトモな包丁を研いでみたくなりまして、表向きは「家内のために」というコトで購入したのですが、実は良い包丁を研いでみたくなったというのがホントのとこだったりします・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 もちろん、今まで使っていた安物の包丁と違い、良い包丁で料理を作る事のできる家内が一番喜んでいるのは言うまでもないことですが、そのウラで私がこの包丁に触ることを楽しみにしているのも事実だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

高倉健が逝く

 俳優の高倉健が、10日に東京都内の病院で亡くなったと報じられた。83歳だった。

 

 高倉健は、私が生まれた時にはすでに東映に入社しており、俳優として活躍していました。

 私が初めて映画のスクリーンで高倉健を見たのは、50年以上も前の事で、三つか四つくらいの幼かった時分のことです (^_^ゞポリポリ
 もちろん、そこに映っていたヤクザ者が高倉健だという認識はありませんでしたが、背中に背負ったハデな彫り物と共に、私の記憶にしっかりと残っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 以来、高倉健の出演した映画はかなりの数を見ていまして、そのどれもが素晴らしい作品だと思うのですが、一番印象に残っている映画は、やはり「幸福の黄色いハンカチ」ですかね o(*^▽^*)o~♪

 私の大好きな映画ですから、このブログを始めて間もなくの頃、一度取り上げた事があります (^^ゞ
 よかったら、リンクを貼っておきましたので、「幸福の黄色いハンカチ」という記事もご一読頂ければ幸いです。

 

 それはともかくとして、高倉健の生き方は見事なものでしたねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 生涯、「高倉健という役」を演じきったという点では、超一流の役者だったなと。

 彼の生活は、どこまでが小田剛一で、どこからが高倉健だったのか・・・

 おそらくは、四六時中「高倉健」を演じており、「小田剛一」という個人は存在しなかったのではないか、私はそんなふうにも思っています (;^_^A アセアセ・・・

 

 もしかしたら、これでやっと小田剛一という個人に戻れたのかなとも思います (^^;

 長い間、本当にお疲れ様でした・・・ m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

喪中はがき

20141118001_2  昨日、郵便局に立ち寄って官製はがきを購入してきました。

 今年の5月に私の父が亡くなったので、家内が喪中はがきを出したいので買ってきてほしいと言ったからです (^_^ゞポリポリ

 

 一方、私自身はというと、例年通りの年賀はがきを購入してきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

     20141118002_2

 

 一般的な慣習では、身内に不幸があった場合、喪に服するという意味合いから年賀の挨拶はしないのが通例となっていまして、年賀状も控え、代わりに身内に不幸があったことを事前に知らせるために「喪中はがき」を出すようで、それで家内も喪中はがきを出したいと言ったわけです。

 しかし、私は常々「喪中はがき」という風習に疑問を抱いていた一人でして、亡くなって喪に服するというのは理解できないわけでもないんですが、どうしてそれが翌年のお正月にまで影響を与えるのかなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 言うまでもなく、「お正月」というのは年が改まったコトを祝うためにあるワケであって、いろんな事があった昨年までの諸々をリセットして、心機一転、新たな年の始まりを喜びあうのが「お正月」というものだと私は思っているので、「明けましておめでとう」という挨拶もお正月には付きものだと考えているからです。

 したがって、身内が亡くなったからといってお正月に「おめでとう」と言えないのはナニか間違っているんじゃないかというのが私の持論です。

 もちろん、お正月が四十九日の中に入っていたらその限りではないとさすがの私も思いますが、七七日(なななぬか)が過ぎてからも、相変わらず故人を偲んで喪に服している事が、はたして正しいことなのかどうか・・・

 

 もし私が亡くなった当人だったとして、私のせいでいつまでも通常通りの生活に戻れない身内を見たら、申し訳なくて恐縮してしまいますよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 まぁ、早々に忘れられたりしたらやっぱり嫌ですけど、日々の供養をして頂いているのなら、お正月に「おめでとう」も言わせてあげられないのは申し訳ないなと・・・ (^◇^;)

 

 ・・・という事で、良識のある家内はともかくとして、私自身は反骨精神旺盛な変わり者ですから、来年の年賀状もいつも通りに出しますよ~ (o^∇^o)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

最後の女王

 2008年の「東京国際女子マラソン」の終了から、「横浜国際女子駅伝」を模様替えするという形で引き継がれ、2009年から始まった「横浜国際女子マラソン」ですが、、紆余曲折を経たワリにはスポンサーが定着しなかったようで、財政難を理由に今年限りで終了する事がアナウンスされました。

 

 駅伝やマラソンなどのロードレースが大好きな私としては淋しい限りですが、おそらく来年以降は埼玉に舞台を移して開催されるのではないかというウワサが有力です。

 そんな、「横浜国際女子マラソン」としてのラストランが昨日行われ、第一生命の田中智美がケニアのオンゴリとのトラック勝負を制して最後の女王の座に輝きました ヽ(^◇^*)/

 

 いやぁ、今回のレースは本当にワクワクしました o(*^▽^*)o~♪

 特に、中間点の手前から先頭グループがケニア勢二人と日本勢三人の5人に絞られ、以降、野尻、岩出と一人ずつ脱落していき、
40km過ぎでケニアのロティチが体調不良から脱落すると、終盤は田中とオンゴリとのマッチレースとなって壮絶なレースとなりました。

 最後のトラック勝負は、田中がラストスパートをかけて前に出るものの、オンゴリが執念で食らいつき、ホンの一瞬田中の前に出たかのようにも見えてやっぱりダメかぁとも思ったんですが、最後の最後に田中が競り勝ってゴールテープを切ってくれました ヽ(^◇^*)/

 やっぱり、最後の大会ですからねぇ、「最後の女王」も出来る事ならば日本の選手であってほしいと思ったのは私だけではないと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その願いが天に通じ、田中智美がゴールテープを切るその瞬間、思わずテレビの前で万歳してしまいましたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それにしても、長距離界も女子の勢いは凄いですねぇ、世界を相手に一歩も引かず、ホントにたいしたものだと思います (^◇^;)

 いやぁ、ロードレースって、ホントにいいもんですねぇ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

冬将軍

 20141116001

 

 日増しに寒くなってきている今日この頃ですが、14日の金曜日、ラジオの交通情報で今シーズン初めてチェーン規制ということばを聞きました (^_^;

 

 もちろん、北海道の道路ならもう少し早くチェーン規制がかかった事があったかもしれませんが、関東のラジオでは東北道までの情報は入れてくれますが、北海道の情報が流れることはめったにありませんから・・・ (^_^ゞポリポリ

 運送屋の私にとって、冬期間の「チェーン規制」は避けて通れないものですが、雪道なんて出来れば走りたくはないというのが私のホンネですから、これからの季節、交通情報と天気予報には今まで以上に耳を傾けるようになる私がいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それにしても、青森県とか秋田県とかの東北北部辺りならともかくとして、東北南部の福島県内を走る磐越道の猪苗代湖辺りで、早々と冬タイヤ装着の規制がかかるとは思いませんでした (^^;

 来月の上旬に、今年最後の会津帰省を予定しているのですが、この分だと南会津の大内宿まではともかくとして、私の村までは行けないかもしれません・・・ (__;)

 

 今年は冬将軍のやって来るのが早いみたいで、ああ、憂鬱だ・・・ (ノ_-;)ハア…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

 一年を締めくくる大相撲の九州場所が、昨日6日目を迎え、大鵬に並ぶ32回の優勝を狙う横綱の白鳳が、平幕の高安に叩き込みで敗れ、前半で黒星を喫した。

 

 一応、決まり手は叩き込みですが、内容は白鳳の足が滑って前にバッタリと倒れたわけで、白鳳が自滅したといってもいいくらいの珍しい負け方でした。

 白鳳が前半に土を付けられることは珍しく、10場所連続で中日にストレート勝ち越しを決めていただけに、前半からトップを追いかける展開になったのは見ている方からすればおもしろい (o^∇^o)ノ

 

 それにしてもいつもの白鳳らしくない相撲だった。まぁ、負ける時は意外とこんなものなのかもしれないが、マワシを取れず、高安をつかまえようとバタバタと慌てて追いかける様は、正直初めて見たような気がします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 これで、鶴竜全勝白鳳1敗日馬富士2敗と、3人の横綱の明暗が分かれてきて、今日以降の展開が楽しみになってきました p(^_^)q ワクワク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

暖房器具

 昨夜は関東でもかなり冷え込むという予報が出まして、我が家ではとうとう電気毛布を出しました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ホットカーペットはすでに出してありまして、一ヶ月ほど前の「コタツ」という記事でも紹介させて頂いたように、炬燵もどきも設置してありますし、エアコンの暖房も何度か運転しましたから、これで我が家の冬支度もすっかり整った事になります (^^)v

 例年メインの暖房器具として使っているファンヒーターは、この冬は使わない事にしました (;^_^A アセアセ・・・

 ・・・と申しますのも、この夏から猫と同居する事になったものですから、ヤケドの危険のある暖房器具は使わないように家内と相談して決めました (^◇^;)

 

 この冬の暖房器具は、エアコンを主役に乗りきろうと思っています (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

ネットブック

 1年ほど前に、「モバイル」というタイトルでイーモバイルのポケットWiFiに加入した記事を書いたことがあります。

 

20130912011  加入した当初は、手持ちのノートPCを車に積んで出かけ、運転席でもネットにつながる便利さを楽しんでいたのですが、すぐに飽きてしまったというか、運転席の中で使うにはノートPCは大きすぎて邪魔な上に、XP機で性能も低かったこともあって軽快に動いてはくれなくて、イライラすることも多くてね (;^_^A アセアセ・・・

 

 で、もっと小さな「ネットブック」と呼ばれているノートPCが欲しいなとずっと思っていました (^^ゞ

 出先で使うワケですから、それほど高機能である必要は無く、ネットにつながってそこそこ軽快に動いてくれさえすればそれで満足できるわけなんですが、こういうシロモノはそれほどニーズの高い商品ではないために、小さなボディのワリにはけっこう値が張ったりするわけで、私の常套手段である中古市場で何か掘り出し物はないかと探していたんですが、このたびこれはと思う商品にめでたく遭遇し、その場で衝動買いしてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20141113003 20141113002

 

 写真が、今回中古で購入したネットブックで、富士通の
FMV-R8270 という製品です (^^)v

  Windows7がインストールしてあって、メモリが4GB、
80GBのHDDが付いている、正直出先で使うにはもったいないくらいのPCです (*^.-^*)♪

 2台並んでいる左側がそのネットブックで、右側は私がメインで使っているノートPCです。
 これだけでもいかにコンパクトなPCかおわかりになるかと思うんですが、大学ノートなどとほぼ同じB5サイズの本体に、12インチ強の液晶画面が付いているネットブックです。

 

 これで、車内で時間を潰すことが容易になりました o(*^▽^*)o~♪

 今まで以上に仕事が楽しく出来そうです (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

足元で

     20141112004_2

20141112001 20141112002

     20141112005

 2ヶ月ほど前にも「うたた寝」という記事を書いて、我が家の愛猫の可愛らしい様子をご紹介したことがあったんですが、写真は昨夜撮ったもので、私の足元で眠っているところを撮ってみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 彼女が我が家の一員になって、早2ヶ月チョッと、最近では私の足元がお気に入りのようで、コタツに足を入れていると彼女の方から足の間に入ってきます (*^.-^*)♪

 私も猫好きですからねぇ、けっこうそれが嬉しくて・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 私にとっては至福の一時なんですが、もしかしたら彼女にとっても、案外と至福の一時なのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 親バカの典型で、スミマセ~ン・・・ (^◇^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

強行出場

フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦・中国杯の最終日、羽生結弦がフリーの演技直前の練習中に他の選手と激突して負傷したにも関わらず、簡単な応急手当を受けた程度で、そのまま強行出場して演技を行ったというニュースが報じられた・・・

 

 この件については、賛否両論の意見があるようですが、私自身は絶対にあってはならない事だと思っています q(`o')ブー!!

 中には、「それでも滑った魂の舞い!」などというバカな見出しを付けているスポーツ新聞もあったりして、いったい何を勘違いしているんだろうと・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 このニュースが報じられた時、真っ先に私が思い出したのは、
平成13年の夏場所、横綱貴乃花が最後の優勝を果たした、あの千秋楽の愚行だった。

 あの千秋楽の表彰式で、当時の首相だった小泉純一郎がアドリブで述べた「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」ということばが流行語にまでなったが、私に言わせれば、あの強行出場は横綱としてはあり得ない行動であり、貴乃花については「横綱」の権威を貶めた史上最低で最悪の横綱という評価しかない!

 

 なぜそう思うのか、以下にその理由を述べてみたい。

 あの夏場所、初日から13連勝して、さすがは貴乃花という無敵の強さを存分に見せつけた。

 しかし、14日目の武双山戦に敗れた際に、右膝半月板を損傷する大怪我を負ってしまう。
 右足を地面に付ける事さえ困難なほどの重症であり、私はもちろん、武双山との取り組み直後の貴乃花の様子を見た観客は誰しも、翌日の千秋楽は休場するだろうと思ったはずです。

 もちろん、二子山親方を始め、大相撲の関係者は皆、貴乃花に休場を勧めたものの、石頭の貴乃花は頑として聞き入れず、千秋楽に強行出場してしまう・・・

 案の定、千秋楽はまったく相撲にならず、武蔵丸の前に自ら崩れ落ちて相星となり、優勝は決定戦に持ち込まれた・・・

 もはや誰の目にも、相撲どころではないのは明らかであり、決定戦は棄権するものと思っていたら、足を引きずりながらもまたまた強引に土俵に上がって来た貴乃花・・・ (゚◇゚;)!!!

 そして誰もが目を疑う、鬼の形相での上手投げ~・・・ となるワケですが、なぜそこまでして土俵にこだわる必要があったのか・・・ (ノ_-;)ハア…

 ケガをした14日目に、医療機関でしっかりした診察を受けるわけでもなく、テーピングくらいのいい加減な治療で、千秋楽の土俵に上がって相撲をとったことにより、貴乃花の右膝のダメージは致命的なものとなってしまう・・・ (__;)

 

 その結果、翌場所の名古屋場所はもちろん、秋場所九州場所初場所春場所夏場所名古屋場所と、7場所連続で全休するという、横綱としては前代未聞の不祥事を起こしてしまうことになる・・・
 もはや、大横綱としての面目はない、そこに居たのは相撲を取らずにだけ取るという、タチの悪い給金泥棒だった(怒り)

 そして、横審からの再三の出場勧告もあって、1年4ヶ月ぶりに秋場所の土俵に上がった貴乃花は、一応12勝3敗の星を挙げるものの、完治しないまま土俵に上がったことにより再び右膝の状態が悪化したため、翌九州場所をまたもや全休・・・ (ノ_-;)ハア…

 進退をかけて上がった平成15年の初場所では、中日までに途中休場を含めて4敗を喫し、9日目に現役引退を発表することになる・・・

 もし、あの夏場所の千秋楽を休場して、真っ直ぐ医療機関に向かっていたなら、横綱としてこんな汚点を残すこともなく、現役だってもっと長く続けられていたのではないか・・・
 今の白鳳とほとんど変らない、30歳という年齢を考えても、あの時の貴乃花の強行出場は、力士の取るべき行動としては明らかに間違っていたとしか思えない。

 言い換えるなら、あの時のたった一度の優勝と引き替えに、その後の相撲人生を全て投げ捨ててしまったといっても過言ではない!

 これが他の力士なら、たった一度の優勝だって死にもの狂いになるのかもしれませんが、貴乃花はすでに21回も優勝していたわけですから、あの場所の優勝にそれほどこだわった理由がわかりません。

 むしろ、千秋楽は潔く休場し、治療に専念して、しっかりと治してから土俵に戻った方が、さらに優勝を重ねられただろうと私は思うのですよ。

 

 翻って、今回の羽生の強行出場ですが、アスリートなら誰だって競技を続けたいと思うのは当然であり、多少のケガくらいでは「出たい」と直訴するだろうコトは容易に想像がつきます。
 しかし、選手自身の将来を考えた場合、周囲は冷静に怪我の状態を確認するべきであり、棄権も踏まえてアドバイスするべきだったのではないか、私はそう思います。

 まして今回の羽生の場合、頭を強打して出血し、氷上に倒れたまましばらく動けなかったと報じられています。
 すぐに動かす事はもちろんのこと、直後に激しい運動をさせ、5回も転倒させてしまったコトは、貴乃花の例を出すまでもなく、後に禍根を残しはしないだろうかと心配でならない・・・ (__;)

 

 それにしても、どうして日本人というのは「精神主義」に走りがちなんだろう・・・

 いわゆる、浪花節の世界ですね (ノ_-;)ハア…

 フラフラになりながらとか、怪我を押してとか、明らかに正常な状態でないにも関わらず、無理をして競技を続ける事を美化しがちなのはいかがなものかと・・・

 私が大好きな箱根駅伝なんかでも、脱水症状などでフラフラになり、正常な判断が出来なくなったような選手をいつまでも走らせ続け、それを延々と映し続けるテレビ局があったりしますが、最終的に途中棄権させてしまう事がほとんどであり、どうせ棄権せざるを得ないのなら、早めに選手を止めてあげる事が指導者としての責任であり、役目ではないのか、私は常々そう思っています。

 競技に関わっているものとしては、そこで競技を中断する事へのジレンマもあるのでしょうが、それはあくまでも選手を取り巻く周囲の都合であって、競技者自身の事を考えれば、どうすればいいのかは言わずもがなではないかと・・・ (^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

独断と偏見

 昨夜、NHKのBS1で非常に興味深い番組が放送されました。

 

 番組のタイトルは「日本シリーズ 隠れたヒーローは誰だ」という事で、司会が辻よしなり、ゲストに古田敦也下柳剛の二人を加えた三人で、言いたい放題の50分、実におもしろかったです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 番組そのものは再放送だったのですが、私はこういう独断と偏見に満ちた意見が飛び交う番組が大好きです (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20141110002 20141110001

     20141110003

 

 一応、テーマとしてはソフトバンクと阪神が激突した今年のプロ野球日本シリーズを取り上げ、番組的に隠れたヒーローを探し出す・・・というもので、「ラッキーマン」・「ピッチャー」・「バッター」の三つに分類し、三人がそれぞれにこれはという選手を挙げるのですが、三人それぞれの視点がおもしろくて、笑ってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ちなみに、三人が挙げたそれぞれのヒーローは以下の通りです。

         古田 下柳  辻

 ラッキーマン  明石 大和 吉村

 ピッチャー   大隣 武田 五十嵐

  バッター   松田 柳田 明石

 

 まぁ、よほどの野球好きでもない限り、名前を挙げただけではコレのどこがおもしろいのかおわかりにはならないと思いますが、少なくても私には楽しめましたねぇ (^◇^) 。。。ケラケラ

 「独断と偏見」というと、一般にはマイナスイメージが付きまといがちですが、古田敦也にしろ下柳剛にしろ、かなりクセのある野球人でしたし、辻よしなりだってかなり個性的なアナウンサーですから、やはり目の付けどころが変っているというか、ハナシがおもしろいというか、聞いていてためになるとまでは言いませんが、飽きさせないのも確かです(苦笑)

 個人的には、当たり障りのない優等生的なコメントよりも、少々尖った感じのする毒舌の方が好みだからというのもありますがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

復活 (^^)v

 昨日、千葉県香取市内に在る「佐原年金事務所」に行ってきました。

 「佐原年金事務所」は、日本年金機構の一つで、私の住んでいる成田市を始め、香取市、銚子市、旭市など、千葉県の北東部一帯を管轄している年金事務所です。

 

 実は、7年ほど前に「消えた年金記録」という記事を書いて、サラリーマン時代の私の厚生年金記録がそっくり消えてしまっている事を嘆いた事があります。

 もちろん、早急になんとかしないといけないとは思っていたものの、年金事務所もお役所の一つであるからには、窓口も平日(月~金)の午前8:;30~午後5:15までしか開いていないというのがネックになって、つい今日まで来てしまいました・・・ (^_^ゞポリポリ

 私は自営業者ですから、サラリーマンのように有給休暇があるワケでもなし、休めばその分収入が無くなるわけで、遠い先の年金の事よりも目先の売上げの方が大事という、つまりは貧乏人の悲しいサガなんでしょうなぁ・・・ (^^ゞ

 

 しかし、いつまでもそうしていられないのは言うまでもない事でして、先日電話で問い合わせをしてみると、「週末相談」という事で、毎月第2土曜に窓口を開けているというじゃないですか。
 土曜日なら、さほど仕事に影響もありませんし、いい機会ですから出かけてみる事にしました。

 そうはいっても、私が会社勤めをしていたのは遠い昔の事。しかもそのほとんどはすでに倒産していて存在しません。
 ですから、照合するといっても簡単にはいかないだろうという事で、一応ハナシは聞いてくれるものの、回答は後日になるだろうと思っていたのですが・・・

 案ずるより産むが易しというか、担当の職員に名前を告げ、サラリーマン時代と変わりはないと言うと、目の前のPCに私の名前の記録が表示され、私が名前を挙げる会社と画面の中の会社とをその場で照合してくれ、無事に厚生年金記録が判明して、私の年金記録に加えられました ヽ(^◇^*)/

 

     20141109001

 

 上が、今回の相談で判明した私の厚生年金記録の一覧なんですが、おかげさまをもちまして、消えていた186ヶ月分の厚生年金記録が復活しました (^^)v

 本当に、あっけないほど簡単で、こんな事ならもっと早く足を運べば良かったと思うものの、世の中の事なんて、多かれ少なかれそんなものなのかもしれませんな (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

予約

     20141108001

 

 まだ11月も上旬ではありますが、すでに各お店ではクリスマスケーキの予約を行っているようで、我が家でも、昨日買い物のついでにクリスマスケーキの予約をしてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 どうせ買う物ですし、何年か前にはぐずぐずしているうちに気に入ったケーキが売り切れてしまって買えなかったという苦い経験もしているので、それ以来出来るだけ早めに予約を行うようにしています (^^)v

 

20141108002  という事で、ここ数年、我が家のクリスマスケーキは、ヤマザキの「ペアケーキ」です (^^ゞ

 イチゴとトリュフチョコの2種類の味のケーキが二個セットになっているもので、直径11cmという実に可愛らしいケーキです。

 

 家内は甘い物が苦手という珍しい女性で、クリスマスケーキもホンの形だけ口にするだけなので、例年私の好みで決めています(苦笑)

 小さいけれど、それなりに雰囲気を楽しむコトは出来るのと、二つの味を食べる事が出来るのとでお気に入りなんですが、このケーキの一個半は私のお腹に入ってしまうわけで、今から楽しみです (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

立冬

 暦の上では、今日は「立冬」です (^_^;

 

 寒いのが苦手な私は、冬がとにかく嫌いでして、日一日と
寒~く、暗~い冬に向かっていく今頃は、とにかく憂鬱でなりません (^_^ゞポリポリ

 「立冬」という事は、今日から冬に入ったということであり、
今日から「立春」までの三ヶ月間、個人的には辛抱辛抱の日々が続くことになります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、カレンダーに四季を当てはめると、「冬」は何月から何月までと皆さんはお考えですか?

 まぁ、季節はキッチリ月初めから分けられるようなものでもありませんが、便宜上それぞれの季節を約3ヶ月間ずつと考えると、以下のようになるんじゃないかと個人的には、考えています。

 春 3月~5月
 夏 6月~8月
 秋 9月~11月
 冬 12月~2月

 どうですか、それほど違和感はないんじゃないかと思うんですがね (^_^ゞポリポリ

 

 という事で、暦の上では今日から「冬」ではありますが、気持ちの上では来月から「冬」に入ると思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

痴話喧嘩

 先日、新潟県内に住む81歳の夫と74歳の妻が、梨の食べ方を巡って口論となり、果物ナイフで妻が切りつけられるという事件があったと報道された。

 

 なんとも殺伐とした事件ですが、伝えられている範囲でのコトの顛末は以下の通りです。

 一個の梨を妻が果物ナイフで半分に切り、一方の皮を剥いていると、夫が残っている皮の付いたままの梨を食べ始めたというもので、妻が皮が付いていると注意したところ、夫が逆上して果物ナイフで妻の手に切りつけたというもの・・・ (__;)

 一つの梨を老夫婦が半分ずつ分けて食べ合うという、なんとも微笑ましい光景のはずが、一転して刃傷沙汰に発展するという笑えないニュースに、私の「妄想」は膨らみます (^_^ゞポリポリ

 

 傷害事件とはいっても、所詮は痴話喧嘩の類ですから、詳しい報道はされていませんが、私なりに件の状況を想像してみると、おおよそ以下のようになります・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 妻:アンタ、梨食べない?
 夫:いいね

    妻が果物ナイフで梨を半分に切る

 妻:チョッと待ってね、今皮を剥くから・・・

    といって皮を剥き始める
    その時、夫が残った半分の梨を食べ始める

 妻:待ってって言ったでしょ、まだ皮が付いたままじゃない
 夫:いいじゃないか、皮が付いてたって
 妻:アンタって人は、皮を剥くのも待ってられないの!
 妻:ホントに意地汚いんだから・・・
 夫:ナニぃ! 今何て言った?
 夫:オレをバカにすると承知しないぞ!

    と言ったが早いか、妻につかみかかる短気な夫・・・

    ナニするのよと言いながら夫をふりほどこうとして
    手に持った果物ナイフで自分の左手を切ってしまう妻

    妻の出血を見てアッと驚き、妻から離れる夫

    妻は119番で救急車を呼ぶ・・・

    やがて到着した救急隊員に事情を訊かれ
    すったもんだの末に夫に切られたと述べる妻・・・ (^^;

 

 おおよそ、上のような感じじゃないかと私は考えたのですが、はたしてどんなもんでしょう・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まぁ、あくまでも私の妄想ですよ、も・う・そ・う ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

連覇

 この三連休中に、陸上界では相次いで大きな駅伝大会が行われ、ロードレース大好き人間の私にとっては至福の休日となりました o(*^▽^*)o~♪

 

 まず、2日の日曜日は「全日本大学駅伝」、続く3日の文化の日は「東日本実業団駅伝」の男子と女子の地区予選が行われました。

 といっても、私自身は会津に帰省中だったので、生中継で観戦する事は出来なかったんですが、いずれも録画をして楽しませて頂きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 先月の「出雲駅伝」が台風で中止となったので、これが今シーズンの初観戦となりました (*^.-^*)♪

 それぞれにおもしろい大会となったのですが、結果はといえば、大学は駒大4連覇を果たし、実業団は男子がコニカミノルタが、女子はユニバーサルエンターテイメントが、それぞれ3連覇を果たしまして、常連が実力通りの横綱相撲で貫禄勝ちを納めました。

 

 それはそれでいいんですがね、私のような野次馬の傍観者からしてみれば、多少は番狂わせが起こってもらわないとおもしろくないというか・・・ (^◇^;)

 毎回毎回、同じチームが同じように勝ってしまうのでは、新鮮味がないし、観ていてもつまらないですよ (__;)

 

     20141105001

 

 というコトで、今度の日曜日は私の故郷の福島路を舞台に、様々な年代の女子ランナー達が走る「東日本女子駅伝」が開催されます ヽ(^o^)尸

 この大会はいろんな意味で私のお気に入りの大会なので、毎年ホントに楽しみにしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「連覇」というコトでいうならば、今年は千葉の連覇がなるか、とても楽しみです。
 何てったって、千葉は私の一番の贔屓チームですから、これは何連覇して頂いてもいいかなと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

会津の紅葉

     20141104005

20141104001 20141104002

 

 写真は、この連休中に帰省した会津で取ってきた紅葉の写真です。

 

 手前ミソで恐縮ですが、私の故郷である会津の紅葉、特に南会津の紅葉は、それはそれは見事なもので、大いに自慢したいと常々思っているのですが、今回の帰省中の2日間はあいにくの雨に見舞われ、視界も悪く、ゆっくりと撮影ポイントを探すこともカメラを構える事もできず、上のような写真くらいしか撮る事が出来ませんでした (;^_^A アセアセ・・・

 しかし、天気には恵まれませんでしたが、この目で見てきた会津の紅葉の見事さは、こんな写真ではとても表現しきれないほど素晴らしかった事を付け加えさせて下さい (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 私の田舎である南会津は、標高も400~500m程度はありますから、山肌はもちろんの事、裾野から麓まで紅葉が広がっている点がアピールポイントです (^^)v
 つまり、民家のすぐそばまで紅葉が広がっている・・・というか、紅葉の中に民家が在るといった方が適切かもしれません (^◇^) 。。。ケラケラ

 ぐるり360度、紅葉のパノラマが広がる光景は、筆舌には尽くしがたい見事さですよ o(*^▽^*)o~♪

 

     20141104003

 

 上の写真は、いつものように帰宅途中に立ち寄った大内宿です。

 雨にも関わらず、大勢の観光客が訪れていました (*^.-^*)♪

 

 私が会津に住んでいた頃は、大内宿といっても知る人ぞ知るといった感じで、観光客もめったに訪れないというか、そもそも観光地化さえもされていないようなひなびた宿場町でした (^^;

 それが、マスコミ等で取り上げられるようになると、客足はうなぎのぼりで、今の人気につながるワケなんですが、世の中何がウケるかわからんモンですな(苦笑)

 

20141104004  そして、昨夜の私の晩酌のツマミが左の写真です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 イナゴのつくだ煮、シソ巻き味噌、そして柏屋の薄皮饅頭です。
 いずれも、会津で購入してきた私のための土産です (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 シソ巻き味噌はともかくとして、イナゴのつくだ煮は好き嫌いが別れる珍味ですし、ましてや饅頭を肴にお酒を飲むというコトに抵抗を覚える人も多いと思いますが、私はイナゴのつくだ煮も饅頭も大好きでしてね、晩酌のお供によく口にします (^◇^;)

 ・・・という事で、昨夜の晩酌は格別美味しかったです o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

夜景

20141102012 20141102013

 

 写真は、会津若松駅前のホテルから撮った夜景です。

 夜景を撮影したことはほとんどありませんが、昨夜はなんとなくイイ感じに撮れたので・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ちなみに、左側は17時過ぎに、右側は20時前くらいに撮ったものです。

 

20141102014 20141102015

 

 また、上の写真は、今朝の駅前のもので、左側が6時過ぎに、
右側が7時過ぎに撮ったものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 いずれも、特にコメントはありませんが、会津の駅前も私が住んでいた30年くらい前から比べるとずいぶんと変ったなぁと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 駅舎とかロータリーとかに大きな変化はありませんが、それを取り巻く道路とか建物とかがずいぶんと変わり、「会津」という土地の中心地という趣が増しました。

 

 「駅前」というのは、その街の顔という一面もありますから、電車でその街に降り立ち、改札を通って街中へと足を踏み出した時に、目の前に広がる街並みの第一印象が、観光客などにとってはその街に対するイメージの全てになりかねないわけですが、かつての会津若松駅前というのは、駅舎を背にした目の前に大きな道路が延びておらず、お店などもそれほど在りませんでしたから、会津の中心地の駅前としてはイマイチだなぁと思っていたのも事実です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 このあたりの事は、6年前に書いた「神明通り」という記事の中で語ったことがあります。
 「神明通り」というのは、昔も今も会津若松市の経済の中心地であり、いわゆるメインストリートと呼ばれる通りですが、なぜか会津若松の駅前からは遠く離れた場所にあるので、それが興味深くて書いたものです。

 

 それはともかくとして、今日の天気ですが、あいにくの雨ということで、関東などは良いお天気で行楽日和のようですが、チョッと残念だったなと (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

三連休

   20141102001

 

 月が変わって、昨日から11月になりました。

 そして、カレンダー通りに三連休中の私でして、今日と明日は一泊二日の予定で会津に帰省をしてきます (^^)v

 

 という事で、三連休を楽しんでいる私がいるのですが、その一方で、一日から土・日・祝日と続くワケで、自営業の私はその間は仕事がありませんから、当然の事ながら売上げも無いことになり、痛し痒しという状況です・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 そして今月は下旬にも、土・祝・振替休日と続く三連休があるわけで、休日が多いという事は一般的なサラリーマンなどにとっては嬉しいことなのかもしれませんが、私のような自営業の人にとっては稼働日数が少なくなって収入も減るコトに直結するので、歓迎しない人も少なくないと思います (^◇^;)

 今月の場合、平日は18日しかないわけですから、30日のうち半分近くが休みという人も多いのではないでしょうか (;^_^A アセアセ・・・

 その分、平日は忙しくなるでしょうから、休める日にはしっかりと休んで楽しむコトにします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

ラッシングベルト

     20141101001

 

 写真は、一般に「ラッシングベルト」と呼ばれる、荷物を固定するための荷締めベルトです。

 運送屋の私にとって、手軽に扱え、かつしっかりと固定できるラッシングベルトは無くてはならないアイテムだったりします。

 

20141101004  こんなモノが無くても、一昔前の職人なら「南京結び」というロープの結び方を知っていたはずで、トラックに荷物を固定する時には当たり前のように南京結びでギュッギュッと締めていたわけですが、私は何度教えられてもすぐに忘れてしまうのと、自分で結んだ南京結びが信用できず、こんなんでホントに緩まないんだろうとか思う事が度々で、ついに身につかずに今日まで来てしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 やっぱり、不器用者は何をやってもダメという事なんでしょうかね (;^_^A アセアセ・・・

 

20141101002 20141101003

 

 それはともかくとして、これがラッシングベルトを使って積み荷を固定したところなんですが、とにかく扱いが簡単で、私のような不器用者でも確実に荷締めが出来るので、私は昔から重宝して使っています。

 

20141101005  まぁ、仮にもプロが仕事で使うワケですから、こんなオモチャみたいなラッシングベルトじゃなくて、普通はもう少しマトモなモノを使うのがベストであることは言うまでもないことで、私も別にもう一本、しっかりしたラッシングベルトを持ってはいますが、ガッチリとした物は当然の事ですが大きくて重いので、扱うにも手間がかかることと、私の場合は軽トラですから、積み荷もそれほど大きい物とか重い物は無いので、こんなオモチャみたいなシロモノでもとりあえずは間に合ってしまうわけで、普段はこればっかり使っていまして、本格的な方は特別な荷物に対してのみ使うようにしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところで、このラッシングベルトなんですが、ハンドルをガチャガチャと動かしてベルトを締めるので、「ガッチャ」と呼んでいる方も多いんですよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »