« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

大晦日によせて

 今年もなんとか一年間を無事に過ごす事ができまして、今日の大晦日を迎えられました・・・
 これもひとえに、家内の内助の功と、私を信頼して仕事を回してくれたクライアントのおかげです・・・ m(_ _)m

 明日から私は57才になるわけで、いよいよ「還暦」へのカウントダウンが始まった感が否めません (;^_^A アセアセ・・・

 

 そんな中、今年は今日のこの記事を含めて、355本の記事をアップさせて頂きました。
 5月に父の葬儀で4日間、夏にも7日間の夏休みを取り、他にも2月に1日、3月にも年度末の忙しさから4日間の臨時休業を取ったことを考えれば、まずまずの数字ではないかと一人悦に入っております・・・ (^◇^;)

 もちろん、日々の更新を続けて来れた原動力は、毎日訪問していただいている皆様方の足あとにあるのはいうまでもないことですが、日々、言いたい放題を綴っただけの駄文の山であるにも関わらず、暖簾をくぐって頂けることは本当にありがたい事だと感謝しております。

 

20131231001_2  そんな私の今年一年間を自己採点してみると、100点満点120点くらいでしょうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 このところ毎年のように言っている事ですが、可もなく、不可もなくという事で、プラマイゼロに加え、仕事も順調で健康なことを考慮すれば、120点は少ない評価かもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 第一、夫婦共に平穏無事で今日の大晦日を迎えられたというだけでも、十分に満点ではないかと私なんかは思うんですがねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 という事で、今年一年間、本当にお世話になりました m(_ _)m

 皆様方におかれましても、来るべき2015年は良き一年となりますように・・・ (*^.-^*)♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月30日 (火)

海開き

 なぜ今時分に「海開き」などという話題なのか・・・

 一般的に「海開き」といえば、日本では多くのところで7月1日というのが相場で、南国の沖縄辺りでは、3月下旬~4月にかけて早々と「海開き」が行なわれるようですが、さすがに師走のこの時期に「海開き」という話題は、かなり時機を逸した感じがしないでもありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところが、昨日聴いていたラジオで知ったのですが、全国に先がけて
「元旦」に「海開き」が行なわれる場所が日本国内に在るというのですが、皆様方にはそれがどこか、おわかりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 「海開き」というからには、水着で海の中へ・・・というイメージですから、本州のどこかというよりは、やはり南国のどこかの島・・・というコトになるのだと思うのですが、ラジオの中では意外にも東京都内だという・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 そこで私はピンときました (*^.-^*)♪20141230011

 一口に「東京都」といっても、23区もあれば都下もあります。
 中には、「島嶼部」(とうしょぶ)という、とても「東京都」とは思えないような地域も含まれていますから、おそらくその中のどこかの島ではないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 案の定、小笠原諸島の住人と電話をつなぎ、父島と母島で行なわれている海開きの模様を紹介して頂いたのですが、さすがに小笠原といえどもお正月のこの時期に海に入って泳ぐことはできないそうですが、イベントの一つとして昭和57年の元旦から始まったという事で、来年の元旦で34回目というコトになりますか・・・ (^◇^;)

 

 それにしても、日本という国は、狭いようでいて、けっこう広いと思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月29日 (月)

黒田節

 「酒は呑め呑め 呑むならば~・・・」で有名な「黒田節」ですが、先日報じられた黒田博樹のニュースにその心意気を感じた。

 

 ヤンキースからフリーエージェントとなった黒田博樹投手が、年俸20億円にのぼるというメジャーの巨額オファーを全て断わり、古巣の広島に年俸4億円プラス出来高払いの1年契約という条件で異例の復帰を果たしたと報じられていますが、義理人情を地でいくような黒田の決断に、久しぶりの浪花節を聞いたような気がしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 思えば、カネではないとか言いながらも、大恩ある阪神に後ろ足で砂をかけ、サッサと大リーグに移籍していった新庄剛志や、オリックスから戦力外通告され、行くアテの無かった身をやっと拾ってくれた大恩ある中日を、FA権を取得したからとアッサリと切って捨てて楽天入りしてしまった中村紀洋のような人でなしがいる一方で、黒田博樹のように自分を育て、一流の投手に育ててくれた広島という球団に恩返ししたいと、好条件で引く手あまたの大リーグを断わり、貧乏球団の広島に復帰した黒田博樹のような変わり者の選手もいます。

 

 まぁ、個人の考え方もありますから、一概にどちらが良いとも言えないのですが、少なくても私は黒田博樹に、日本人としての心意気を感じましたねぇ ヽ(^o^)尸

 「こ~れぞ真の 黒田武士~

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

代理戦争

     20141229001

 

 昨日、サッカーの皇后杯の準決勝が行なわれまして、私の愛するジェフレディース浦和レディース1-3で惨敗しました (__;)

 

 まぁ、浦和と千葉では大相撲でいえば三役と平幕くらいの実力差がありますから、私としてもジェフが勝てるとは正直思ってもいませんでしたが、ジェフレディースの華麗なパスサッカーは私も知っていましたし、準々決勝で INAC神戸の5連覇の夢を阻んだ勢いも知っていましたから、もしかしたらという淡い期待もあって、家内と二人でテレビ観戦しました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ただ、私がジェフをヒイキしているのは言うまでもないことですが、家内は大宮生まれの浦和育ちというコトもあって、根っからの浦和サポですから、言うなればこの対戦は私と家内との代理戦争みたいなもので・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 どちらが勝ってもめでたいことに違いはないわけですが、負けた方のサポとしてはやはり気まずいというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 それはともかくとして、前半に限って言えば明らかにジェフの方が良いサッカーをしていまして、シュート数も浦和の2本に対してジェフは6本も放っており、そのうちの3本は決まっていてもおかしくないというか、決めていなければいけない決定的な得点機であり、アレを決められなかったことが昨日の敗戦につながったことは言うまでもないことですが、逆に言えば、そういう逆境をしっかりと凌ぎきれることこそが、浦和の実力の所以なのでしょう (^^;

 

 残念ながら、今年のジェフは男子も女子も、ここぞという大事な試合を勝ちきれずに涙を飲みましたが、彼等には来年もあるわけですし、良い時もあれば悪い時もあるのがこの世界の常ですから、私は変らずジェフのサポーターを続けていくことになるのですが、家内の方も浦和のサポを続けて行くことに変わりはないわけで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪ .

 

 それでも、ジェフ千葉はJ2で、浦和レッズはJ1という棲み分けはできていますから男子の方はいいのですが、女子の方は相変わらず同一リーグですから困ったなと・・・(苦笑)

 まぁ、なでしこリーグのテレビ中継はほとんど無いに等しいのでお互いの対戦を観ることも無いと思いますがね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ただ、サッカーに関してはそれぞれにヒイキのチームがありますが、野球に関しては家内は全くの門外漢なので、それだけは助かっています (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月28日 (日)

さくらの山

 成田空港の近くに「さくらの山」というビュースポットがあります。

 滑走路の間近ですから、ここのウリは離発着する巨大な旅客機と、その名が示す桜の花です (^^)v

 私も空港のすぐ近くに住んでいますから、「さくらの山」にも何度も足を運んだことがあり、展望デッキと呼ばれる見晴らしの良い場所から離発着する巨大な旅客機の勇姿や、見事な桜の花をしばしば堪能させて頂いています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20141225017 20141225019

20141225010 20141225018_2

 

 これが「さくらの山」で撮った写真なんですが、そばに在るホテルや滑走路はもちろん、行き交う旅客機を驚くほど大きな姿で見ることができるので、いつも大勢の人の姿を見かけます (*^.-^*)♪

 

 そういう当たり前の光景はこれまでにも何度となく見てきたので、今さら驚くようなことではないんですが、先日陽が落ちてからこの場所を通ると、意外にも綺麗なイルミネーションが点っているのを見かけまして、かなり意外だったことと、けっこう綺麗に飾り付けてあったので、後でこの場所に戻って、写真に収めてきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 【12月25日撮影】     【12月27日撮影】

20141225015 20141225016

20141225011 20141225013

20141225012 20141225014

 

 夜間と昼間と、それぞれ似た構図で撮ってみたんですが、イルミネーションは見た目ほどキレイには撮れませんでしたが、なんとなくイメージは伝わりますでしょうか (^_^ゞポリポリ

 いやぁ、夜景ほど写真に残すのに苦労する被写体はありません (^_^;
 私は、何度挑戦してもいまだに納得のいく夜景を撮ったことがありません・・・ (__;)

 

20141225020  このイルミネーションは、「うなりくんイルミネーション」というそうで、11月29日から来年の3月31日まで、17時から21時まで点されているそうで、「3rd」と書かれていますから、おそらく今年で3年目のイベントなのでしょうが、近くに住んでいながら、こんな事をしていたなんて、今の今まで全く知りませんでしたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 やるじゃん、成田市 (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月27日 (土)

仕事納め

 昨日、今年一年を締めくくる仕事になるはずだったんですが・・・ (^^;

 有り難い事に、今日も、月曜日も依頼が入りましてね、もう少し稼がせて頂けることになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まぁ、貧乏ヒマ無しといってしまえばそれまでなんですが、かつては大晦日まで目一杯仕事をし、休む間もなく元日から仕事をしているなんて事も少なくありませんでした (^^;

 軽貨物運送なんて、正直なところスキマ産業みたいなところがありますから、大手とかの運送屋が年末年始で休みになったので仕方なくあの軽運送屋に依頼するか・・・というような便利屋的な存在でもあるので、困った時の「猫の手」みたいに利用されることが少なくありません (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかくとして、今年はカレンダーの並びで、昨日が仕事納めという会社は多かったんじゃないでしょうか。

 そして、仕事始めは来月の5日というところも多いと思います。

 

 なにを隠そう、私のクライアントは工場関係がほとんどなので、土・日はしっかり休むのが普通ですから、今年のように御用納めとなる28日が日曜日だったりすると、その前々日となる26日が仕事納めとなるのはやむを得ないというか、当たり前だったりします。

 そして、判で押したように仕事始めは来月の5日からとなっています (^_^ゞポリポリ

 

 一応、私もそのつもりでいたワケですが、サラリーマンと違って私の場合は自営ですから、仕事が無いよりはあった方が嬉しいのは言うまでもありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 という事で、今年の私の仕事納めは29日になりました (^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月26日 (金)

今年の重大ニュース

 さて、今年もいよいよ押し詰まり、残すところも今日を入れて6日間となってきたので、このへんで年末恒例の「今年の重大ニュース」でも披露してみようかなと・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 例によって、最初にお断りしておきますが、よくある「10大ニュース」ではありません。
 あくまでも「重大ニュース」です(笑い)
 個人的な一年間の出来事を振り返るだけなので、10個もネタを見つけるのは容易なことではありませんから・・・ という事で、今年もベスト5で勘弁してください (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 第1位 私の父が亡くなった

 今年の5月に私の父が亡くなりまして、親の訃報に接するのは初めての経験ですからさすがに動揺はしましたが、今年はずっと入院していましたから、覚悟は出来ていたのでそれほどショックはありませんでした。
 とはいうものの、私の人生でも親の訃報は、いの一番に挙げられるべきニュースだと思います (^◇^;)

 その時に書いた記事が、「お知らせ」「営業再開」というものです。

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-6fb2.html

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-33e1.html

 

 第2位 お仏壇を購入した

 1位のニュースに関連しますが、生まれて初めて仏壇というものを購入しました (^^ゞ
 私は、仏壇屋にも勤務したことがありますから、お仏壇に対してもワリと理解はある方だと自負していますし、以前からお仏壇が欲しいなとも思っていたんですが、なかなか購入するきっかけが無くてね (^^ゞ
 そんな折り、父親が亡くなり、父が供養していたお位牌を私が引き取ることになりまして、お位牌をご安置する仏壇の必要性に迫られて購入したというわけなんですが、これも何かの縁なんだろうということで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その時に書いた記事が、「お仏壇」というものです。

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-3657.html

 

 第3位 猫を飼い始めた

 私は大の猫好きでして、これまでにも何匹も猫を飼ってきた過去があります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 しかし、今のアパートに越してきてからは猫を飼うのは諦めていました。
 そんな中、家内の前夫から連絡が入り、家内がかつて飼っていた老描を引き取ることになりまして・・・ o(*^▽^*)o~♪
 まさか、また猫を飼うことが出来るとは思わなかったので、私としてもこのハナシは渡りに船ということで (^◇^) 。。。ケラケラ

その時に書いた記事が、「新しい家族」というものです。

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8ff8.html

 

 第4位 ホークスがリーグ優勝を果たし、日本シリーズも制した

 ケチで金を出し惜しみする損オーナーが、どういう風の吹き回しか、昨年のオフに大判振る舞いで信じられないような大型補強を断行してくれました。
 おかげで、無能な秋山監督の下でもリーグ優勝を果たすことが出来、CSも順調に勝ち抜いて日本シリーズでも阪神を下してくれました ヽ(^◇^*)/

 その時に書いた記事が、「10・2決戦」「勝てば官軍」というものです

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-77be.html

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-1927.html

 

 第5位 XP機との決別

 今年、 Windows XP のサポートが終了するということで、近所のPCショップで中古の Vista 機をまとめ買いし、長いことお世話になったXP機を全て廃棄処分しました。
 まぁ、中古機ということもあって、今も使い続けているのはノートPCの1台だけなんですが、その後も7機や8機などを購入し、これまでのPCライフの中で一番充実した一年間になりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その時に書いた記事が、「XP対策」というものです。

http://yume-peterpan.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f3bf.html

 

 以上、お粗末様でした・・・ m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年12月25日 (木)

我が家のクリスマス・イブ

 昨日我が家でもクリスマス・イブを祝いましてね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まぁ、クリスチャンでもない私が「クリスマス」とかいっても詮ないことなんですが、宗教行事としてではなく、一つのイベントとしてすでに日本国内に定着していますから、私としても気持ちの上では、単なるお酒を飲むための口実ということで・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 それに、忘れてならないのは「糖尿病」ということで普段から多少なりとも節制をしている私ですが、この日だけは家内もお目こぼしをしてくれましてね、思う存分ケーキを食べるコトができるので、甘いもの大好き人間の私としては、毎年この日をどれだけ心待ちにしているか、言わずもがなです・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

     20141225001

 

 写真は、毎年我が家で購入している、ヤマザキのペアケーキです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 直径11cmの小さなケーキで、イチゴとトリュフチョコの2種類の味が二個セットになっているもので、小さいワリにはしっかりと作られているケーキなので、見た目以上にお買い得な一品で、このケーキを初めて購入してから毎年このケーキしか買っていません (^^)v

 

 普段はビールというか、発泡酒しか飲んでいない私ですが、毎年この日だけは白ワインで乾杯することにしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 私はワインは好きではありませんで、もっぱら家内が飲むだけなんですが、家内は白ワインよりも赤ワインが好きなわけで、お互いの好みの中間というコトで、クリスマス・イブは白ワインで乾杯をし、その後お互いの好みのお酒に移ることにしています (^^)v

 

 まぁ、私も家内も、お酒が飲めればそれでいいわけでして(笑い)

 あまり、ビールとかワインとか、そういう細かいことは気にしないようにしています (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月24日 (水)

富士山女子駅伝 2014

 20141224001_2

 

 先日の「全国高校駅伝」が年内最後のロードレース観戦だと思っていたら、昨日テレビ番組表の中に「富士山女子駅伝」などという耳慣れない大会名を見つけまして、そういえばそんな大会を去年も観たことを思い出し、急遽テレビの前に座ってレースを見守らせて頂きました o(*^▽^*)o~♪

 

 20141224002_2

 

 上が「富士山女子駅伝」のコースなんですが、関東の男子大学生によって行なわれる「箱根駅伝」を意識して設けられた大会であることは間違いありませんで、バックには終始見事な霊峰富士が映し出されるこの大会は、もしかしたら箱根駅伝よりも見応えがあるというか、昨日はお天気にも恵まれて富士山がとてもキレイに見えました(苦笑)

 第一、関東の大学しか参加することのできないローカルな箱根駅伝と違って、日本全国の大学から選抜されて参加できるこの大会は、間違いなく全国区の大会といっていいと思います (^^)v

 「富士山女子駅伝」としての大会は今年で2年目ですが、「箱根駅伝」にも負けない長い歴史を誇る大会に成長して欲しいと一駅伝ファンとしては願っています。

 

 それはともかくとして、私はフジテレビで観戦したのですが、生中継ではなくて録画での放送だったのがチョッとね (;^_^A アセアセ・・・
 おそらく、静岡県内ではリアルタイムで放送されたんでしょうが、関東ではフジテレビによる録画中継で14時から放送されました。

 結果は、京都の立命館が貫禄の大会2連覇を果たし、大阪学院大が2位、私が応援していた大東大は3位という結果に終わりました (^^;

 どういうワケか、女子の大学駅伝は伝統的に西高東低の勢力図が続いていまして、関西以西の大学が毎年好成績を収めています。

 今年もその勢力図は変らず、立命館は全日本を4連覇、この富士駅伝は2連覇という事で、今の4年生は駅伝は負け知らずで卒業という偉業を達成したことになります。

 

 そんな中、近年好成績を挙げていたのが東京の大東大ということで、私も関東の人間ですから今年こそはの思いで応援していたんですが、残念ながら立命館の牙城は今年も崩すことはできませんでした・・・ (__;)

 それでも。2区と5区で大東大の二人が区間賞を獲る活躍をしてくれたので、多少は溜飲が下がりましたよ ヽ(^o^)尸

 

 来年こそは、見てろよ~ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月23日 (火)

ガソリンの価格

 このところ、原油価格が下落傾向にあるようで、街中のガソリンスタンドでも販売価格が下がって来つつあります。

 

 20141223002  20141223003

 

 上は、近所のガソリンスタンドで最近給油した時のレシートなんですが、リッターあたりの価格はレギュラーガソリンが134円
灯油は88円でした。

 これは、1年前あたりから比べると、いずれも10円以上も安くなっています (*^.-^*)♪

 

 特に、4月以降の消費税引き上げにともなう便乗値上げもあって、ガソリン価格はイッキに5円も上がり、夏場には150円を超えるくらいまで高騰したこともあったので、最近は安く感じるというか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 昨年は、灯油も高くて、リッターあたり100円もしていたことを考えると、今年の冬は懐も暖かく感じられます (^◇^) 。。。ケラケラ

20141223004

 

 そして、左が今日給油した時のレシートで、
リッターあたり131円でした (*^.-^*)♪

 もう少し安くなりますかねぇ・・・(苦笑)

 

 個人的には、円安を推し進めようとしているアベノミクスに批判的なので、ガソリンが安くなりつつあるのは大歓迎です (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月22日 (月)

全国高校駅伝 2014

 今年も、一年を締めくくる最後のロードレースが都大路を舞台に行なわれました。
 毎年楽しみにしている「全国高校駅伝」がそれで、男子は広島の世羅が、女子は大阪薫英がそれぞれ優勝しました ヽ(^◇^*)/

 

 今年は男子も女子もおもしろいレース展開となりまして、特に女子は薫英と立命館が最後までもつれる争いを繰り広げ、観ている方としてはこれ以上ない展開で・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 二校はほぼ同時にアンカーにタスキを渡し、以降は完全なマッチレースとなったんですが、薫英の加賀山が序盤から積極的に飛び出して立命館との差を広げていく・・・
 ただ、こんなオーバーペースで走っていては、とても最後まで持つわけがないと私は思っていましたし、立命館の真部の方が冷静に走っているように私には見えましたから、いずれは薫英の足が止まり、立命館が追いついてトップは入れ替わるだろうと思っていたのですが・・・ (^◇^;)

 いつまで経っても加賀山のペースは落ちなくて、結局そのまま単独で西京極陸上競技場に帰ってきてしまいました (;^_^A アセアセ・・・
 いや、ホントに薫英の加賀山は凄いランナーで、今後の活躍が楽しみですわ (*^.-^*)♪

 

 ある程度ランナーとしての姿が完成している大学生や社会人達のレースも、それはそれでハイレベルな戦いが観られておもしろいのですが、高校生達の駅伝というのは未完の大器が目白押しで、今年はどんなニューフェイスが登場してくるのかと、毎年とても楽しみで・・・ p(^_^)q ワクワク

 当然の事ですが、この大会に出て活躍した選手達が、やがて大学生や社会人になって様々なレースに出場し、活躍するのを見るのは大きな楽しみでね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いわゆる、青田刈りのような感じというか、芸能人なんかでも有名になるず~っと前から個人的に応援していた若手が、次第に実力を付けてスターへと上り詰めていく過程を見守るのが楽しくて仕方がないように、まだまだあどけない子供達が、やがて大学生になり、社会人となってテレビの画面の中で活躍する姿を見るのは、まるで我が子が成長する様子を見守っているようというか、私の年齢からいえば「子供」というよりは「孫」と言った方が相応しいくらいの初々しいランナー達ですからねぇ、やっぱり可愛いというか・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 例によって、次の私のレース観戦予定は、元旦のニューイヤー駅伝です。
 私の一年は、このニューイヤー駅伝から始まり、箱根、全国都道府県対抗と続いていきます (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月21日 (日)

青春のうた Best Collection その38

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 前回、「その37」をアップしたのが、昨年の11月でしたから、
もう1年以上もこの「青春のうた Best Collection」の更新をしていなかったことになります・・・
 いつもの事ではありますが、シリーズ完結となる「その100」まで、細く長く続けていこうと思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 という事で、今回の収録曲は、私が中学3年生だった頃から高校生にかけての作品です。
 中学生の時までは会津の山村の自宅で、高校生の時には6畳一間の下宿で、宝物のラジカセを傍らに、流れてくる音楽を浴びるように聴いていた頃で、この頃の作品が私の中では一番思い入れがあります (^_^ゞポリポリ

 

38_2 38a_2

 

   《収録曲》
 1:フィーリング/ハイ・ファイ・セット 76年12月発表
 2:逃避行/麻生よう子 74年2月発表
 3:君の誕生日/GARO 73年5月発表
 4:赤い花、白い花/赤い鳥 73年5月発表
 5:12時過ぎのシンデレラ/とみたいちろう 73年3月発表
 6:バイバイグッドバイ サラバイ/斉藤哲夫 73年9月発表

 

 「フィーリング」は、大ヒットしましたねぇ (*^.-^*)♪
 もともとはブラジル人のシンガー・ソングライターだったモーリス・アルバートの作品になかにし礼が日本語の歌詞を付けたカバー曲だったわけですが、作品の完成度が高く、彼等のオリジナルソングだと思っていた人も多かったようです。

 

 「逃避行」は、麻生よう子のデビュー曲であり、代表曲でもありますが、その後はこの「逃避行」ほどインパクトのある作品に恵まれず、尻すぼみで消えていきました・・・ (^^;
 歌唱力もあり、魅力的な歌手でもあったんですが、残念です。

 

 「君の誕生日」は、「学生街の喫茶店」で一世を風靡したGAROが再びチャート1位を獲得したヒット曲です。
 意外と「学生街の喫茶店」だけの一発屋だったと思っている人も多いGAROですが、この「君の誕生日」の他にも「ロマンス」や「一枚の楽譜」、「ビートルズはもう聞かない」等々、名曲も多く残していて、私も大好きなグループでした。

 

 「赤い花、白い花」は、伝説のフォークグループ「赤い鳥」が歌った名曲です。
 もともとは群馬の一大学生が作った歌だったそうですが、たまたま耳にした赤い鳥がレコードに収録して世に広まりました。
 「赤い鳥」はその後路線の対立から、赤い鳥路線を継承する「紙ふうせん」と、よりポップス路線を目指す「ハイ・ファイ・セット」とに分裂する事になります・・・

 

 「12時過ぎのシンデレラ」は、このCDに収録されている中では唯一思い出せない作品で、ラジオで聞いた記憶も全くありません (;^_^A アセアセ・・・
 富田伊知郎という名前も思い出せないんですが、富田はその後、CMソングやアニメソングを歌ってブレイクしたという事です。

 

 「バイバイグッドバイ サラバイ」は、「いまのキミはピカピカに光って」で大ヒットを飛ばした斉藤哲夫の初期の頃の作品です。
 このポップス調の作品で一皮剥けた斉藤哲夫は、以後活躍の幅を広げていく事になります。
 その後、80年代には宮崎美子が出演していたカメラのCMソング「いまのキミはピカピカに光って」で大ブレイクしました。

 

 以上・・・(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月20日 (土)

日記帳

 7年ほど前に「日記」という記事を書いたことがあります。

 

 子どもの頃から何度となく日記を付けようと思い立ち、その都度「日記帳」を買ってきて書き始めたはいいけれど、いつも三日坊主で長く続いたことがないことを振り返り、日記なんて付ける事はもしかしたらムダな事なんじゃないかと述べたものです (^_^ゞポリポリ

 今も「日記」に対する私の考えは変わってはおりませんで、毎日欠かさずに日記を書いていらっしゃる方には恐縮なんですが、日記を書くことについてどうしても肯定的には考えられない私がいます。

 

20141217006_3 20141217005_4

 

 そんな私が、急に思い立って「日記帳」を購入してきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「3年日誌」というタイプのもので、1ページが三段に分かれていて、2015年~2017年までの3年分の日記が書けるようになっています (^^)v

 言っている事とやっている事に矛盾があると思っているのは、何を隠そうこの私自身ですから、深く突っ込むことはご遠慮願います (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 実は、亡くなった父が生前に3年日記だか5年日記だかをずっと付けていたのを知っていたので、へぇ~、こんなものがあるのかと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 普通の単年の日記帳と違って、こういう複数年タイプのものだと日記を付ける時にイヤでも1年前とか2年前とかの日記に目がいくわけで、それもおもしろいんじゃないかと(苦笑)

 ただ、それもキチンと毎日ページを埋めていってこそなワケでして、私のような三日坊主の人間にはたしてこの日記が役に立つのか、はなはだ疑問ではあるのですが、何事も形から入るのが私の常でありまして、年が明けた元日から書こうとは思っているのですが、はたして何日くらい続くものか、私自身にもわかりません (^_^ゞポリポリ

 来年の今頃、この日記帳の12月のページにはなにがしかの文字が書かれているんでしょうか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 我ながら、不安です・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月19日 (金)

月曜始り

 8年ほど前のことになりますが、「カレンダー」という記事を書いて、どうしてカレンダーは日曜始まりになっているのかを嘆いたことがあります。

 

 毎年この時期になると、翌年の新しいカレンダーを用意するのが常なので、私も例に漏れずにあれこれとカレンダーを物色するコトになります。

 ただ、カレンダーなんて「買うもの」ではなく、「貰うもの」だと思って半世紀以上も生きて来たので、これまでは取引先などから頂いたカレンダーを部屋に飾って使うのが常でした。

 それが、世の中に「月曜始りのカレンダー」というものがあることを知ってからはチョッと事情が変わってきます (;^_^A アセアセ・・・
 こんな便利なものがこの世にあったのかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20141217001  頂き物のカレンダーは例外なく「日曜始まり」になっていますから、少なくても私の机の回りに飾ることはなくて、5年前からは100円ショップで月曜始りのカレンダーを購入して使ってきました。
 カレンダーは買うものではなく、貰うものという私のポリシーはこの時から崩れるわけですが、それでも100円ですからねぇ、「買った」というほどの認識も負担感もなく、これまではそれで上手くやってきたのですが・・・ (^_^;

 

20141217004  今年はどうしたわけか、どこの100円ショップに行っても月曜始りのカレンダーは種類が少なく、卓上用などの小さな物は多少あるんですが、壁掛け用の大きな物となると皆無に等しい状況で、完全にお手上げとなりました (ノ_-;)ハア…
 唯一見つけた月曜始りの壁掛けカレンダーがコレなんですが、あまりにも可愛らしすぎて私が使うにはチョッと抵抗があります (^◇^) 。。。ケラケラ

 おそらく、あまり売れないので、月曜始りのカレンダーは扱うのを止めたんじゃないかと思えなくもありません・・・ (__;)

 

20141217003_3 20141217002_3

 

 それでは困るので、近所の大手書店に出かけ、月曜始りのカレンダーを探してみたんですが、やっぱり種類は皆無に等しい状況で、やっと一つ見つけ、千円で購入してきたのが左側のカレンダーです (^^ゞ

 そして、 それだけでは心許ないので、Amazon で探して購入したのが右側の大判のカレンダーで、こちらは1300円しました (;^_^A アセアセ・・・

 まさか、カレンダーを千円以上も出して買うハメになるとは思ってもみなかっただけに、正直戸惑っているわけですが、身の回りで使うカレンダーくらい気に入ったものを使いたいじゃないですか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それにしても、「日曜始まり」のカレンダーって見るからに使いにくいと思うんだけど、どうして世の中のカレンダーは「月曜始り」にならないんでしょうかねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月18日 (木)

議員定数削減

 12月9日付けの読売新聞の社説に「議員定数削減 大衆迎合の主張は嘆かわしい」というのが載っています。
 リンクが切れていなければ、以下のURLでお読み頂くことができます。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20141209-OYT1T50003.html

 

 一部を引用すると・・・

 『国会議員が身を切らなければ、消費税率引き上げなど「痛み」を伴う政策への国民の理解が得られない、と思っているのだろう。

 何か勘違いしていないか。

 定数を削減すると、多様な民意を反映しにくくなるうえ、立法府自らの権能の低下につながる。中小政党が議員を出せない常任委員会などが増える恐れがある。その結果、行政への監視機能を十分に果たせなくなるからだ。

 人口比で見れば、日本の国会議員数は欧州などより多くない。』

 

 う~ん、この社説を書いた記者はホントにこんな事を考えているのだろうか・・・ (ノ_-;)ハア…

 私に言わせてもらえれば、勘違いしているのはこの記者の方だと思うのだが・・・

 

 日本の場合、衆議院は475人、参議院は242人
 両院合わせて717人もの国会議員が存在します。

 社説の中で、「人口比で見れば、日本の国会議員数は欧州などより多くない。」とも述べていますが、他所の国のことはともかくとして、この日本に700人を超える国会議員が本当に必要なのだろうか、はなはだ疑問です。

 百歩譲って、「多様な民意を反映するため」に衆議院の定数は今のままで据え置くとしても、参議院の存在はムダだと私は考えているので、参議院をそっくり廃止すればいいと私は考えています。
 「二院制」などと都合のいいことを言ってはいますが、衆議院に優位性がある今の状況だと、同じ法案を二度審議するのは時間とカネの無駄遣い以外の何ものでもないと思います。

 

 衆議院だけになると、行政への監視機能が十分に果たせなくなるというのもいかがなものか・・・
 そもそも、行政のチェックを行政が行うということ自体、いかがわしいコトこの上ないのではないか (^◇^) 。。。ケラケラ

 我々国民が目を光らせてさえいれば、十分にチェックは可能なんじゃないかと私は思いますねぇ。

 今のように、国民が政治に感心を持たないから、政治家どもは国民をバカにしてやりたい放題やっているんじゃないのかな。

 つまり、国民がもっとオトナになりさえすれば、政治家の数なんてもっともっと減らせるだろうと私は思いますよ。

 国民の目がいつも光っているとなれば、さすがの政治家ももっと謙虚に本来の仕事をせざるを得ないだろうと・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月17日 (水)

ぞろ目

     20141217011

 

 昨日、私が仕事で使っている愛車のオドメーターが、めでたく
「222222km」を刻みました ヽ(^◇^*)/

 

 去年の4月に中古で購入した愛車は、その時すでに12万キロを超える走行距離を刻んでいましたから、1年8ヶ月ほどで10万キロを走行したことになります。

 一般的なドライバーだと、月に千キロを超えれば相当走っている方だと思います。
 毎日車で通勤している方や、仕事でマイカーを使っているような人でないと、とても月に千キロの走行距離は残せないと思います。

 しかし、私の場合は職業ドライバーですからねぇ、月に千キロくらいでは満足な売上げにはなりません (;^_^A アセアセ・・・
 で、私の場合ですと、ここ数年は月に5千キロくらいの走行距離が一つの目安になっています。

 

 私がこの仕事を始めた15年くらい前には、月に8千キロくらいはザラで、時には1万キロを超えるようなこともよくありました (^◇^;)
 それだけ、当時から比べれば仕事の内容が薄くなってきているということで、これも不景気の影響であることは言うまでもありません・・・ (__;)

 運送屋がモノを運ぶことによって日本の経済は成り立っているわけですから、私らなんかは景気の善し悪しを肌で感じることのできる最先端の職業だと自負しています。
 私ら運送屋が忙しく走り回って荷物を運ぶことによって、モノが売れている事が実感でき、経済が活性化するわけですから、私らがヒマだとか言っているうちは、日本経済は不景気だということのなによりの証しではないかと思っています。

 

 それはともかくとして、この「222222」という数字ですが、家内に言わせると「カルガモのお引っ越し」なんだそうで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

20141217012  デジタル表示の「2」という文字が、鳥の姿に似ているということで、それがいくつも並んでいる様は、カルガモが一列になって歩いている様子に見えるそうで、デジタル時計でも「22:22」ナンて時刻を目にすると、家内は「カルガモのお引っ越しだ」とよく言っています(苦笑)

 

 マイカーの走行距離が10万キロを超えると、よく走ったなぁということで次の車を検討し始める方も少なくないと思いますし、20万キロを超えた車はかなり年季の入ったオンボロ車だと考えている方は多いと思います (^_^;

 しかし、私の愛車はまだまだこのくらいではお役御免になるようなことはありませんで、しっかりと走ってくれています (^_^)V。

 

 おそらく、来年の今頃には30万キロを目前にしているだろうと思うので、その頃になれば次の愛車を検討しているかもしれませんが、もうしばらくはこの車に頑張ってもらおうと考えています (;^_^A アセアセ・・・

 

 ちなみに、4年前にも「ぞろ目」というタイトルで似たような記事を書いたことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月16日 (火)

年賀状 15

 一ヶ月ほど前に「喪中はがき」という記事を書いて、家内に喪中はがきを出すための官製はがきを購入してきたことを書く一方で、天の邪鬼な私は喪中にも関わらず年賀はがきを購入した事をご報告させて頂きました (;^_^A アセアセ・・・

 

 家内の方は予定通り喪中はがきを印刷して投函したんですが、私も私的な物と仕事用との年賀状を書き上げたので、近日中に投函してこようかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20141216011 20141216012

 【プライベート用】       【仕事関係用】

 

 上が、今年作成した来年の年賀状です (^^ゞ

 プライベート用と、仕事関係の人達向けの二種類ですが、どんなもんでしょ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 今年は、父が亡くなったとはいうものの、個人的にはかつて無かったくらい、とっても充実したいい一年だったので、来年はもっといい年になりますようにと・・・ o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月15日 (月)

最高裁判所裁判官国民審査

20141215002_5 20141215001_5

 

 昨日、衆議院選挙の投票に行ってきまして、写真は私の地区の投票所と、お土産 (^^; の花の種です (^^)v

 

 ところで、投票所で渡された投票用紙は3枚・・・

 言うまでもなく、「小選挙区」と、「比例代表」、そして「最高裁判所裁判官国民審査」の3枚です。

 「小選挙区」と「比例代表」については、それぞれの考えのもとに書く内容は決まっているわけですが、「最高裁判所裁判官国民審査」についてはどうなんでしょう・・・ (ノ_-;)ハア…

 そもそも、こんなコトをやる意味があるんだろうか・・・というのが今日の記事の趣旨です。

 

 投票用紙には数人の裁判官の名前が列記され、「やめさせた方がよいと思う裁判官についてはその名の上の欄に×を書くこと」と書かれており、合わせて、「やめさせなくてよいと思う裁判官については、何も書かないこと」とも書かれています。

 しかし、やめさせた方がいいかどうかなんて、我々一般人に問うても、どれほどの人が判断可能なんだろう・・・
 もちろん、中にはそういう時事ニュースに明るく、書かれている裁判官の扱った判例にも通じている人がいるのかもしれないが、ほとんどの人は投票用紙に書かれた裁判官の名前を見て、何を基準に判断したらよいのか途方に暮れるだけなんじゃないだろうか・・・

 で、多くの有権者達は何も書かずに投票するか、適当に×印を記入して投票しているのが現実なんじゃないだろうか・・・

 

 そういう私も、今回は白紙で投票してきました・・・ (^_^ゞポリポリ

 以前は、適当に×印を記入して投票したこともありましたが、私のいい加減な一票で誰かの人生が変わるかもしれないと思うと後味が悪くてね、以来、法曹界に暗い私は白票を投じるのが常です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ただ、この制度が始まって以来、不信任を受けた裁判官は一人もいないそうで、過去の投票の中での最高不信任率も15%程度となっている事を考えれば、いい加減に×印を付けてもあまり気にすることもないのかもしれませんが、それならなおのこと、こんな事を敢えてやっている理由がわかりません。

 単なるパフォーマンスのような感じもしますし、何か意味があるんでしょうかねぇ・・・

 有権者にも選挙関係者にも、無意味な負担を強いているだけなんじゃないかと思えてなりません q(`o')ブー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月14日 (日)

銭湯

 「銭湯」などといっても、内風呂が普及した最近では、賃貸であっても浴室のないアパートや借家は希ですから、日常では利用する機会は少なく、馴染みの無いところかもしれません。

 しかし、70年代とか80年代くらいまでは、まだまだ浴室の付いていない賃貸物件も少なくなく、銭湯もそこここで見かけたものですが、最近では内風呂の普及から利用客が激減し、昔ながらの銭湯はどんどん姿を消して、スーパー銭湯などに模様替えして生き残りを図る動きもみられます・・・ (^_^;

 

20141213002 20141213001

 

 私自身も銭湯にはよく通った一人なので、銭湯に対する思い入れもひとしおです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ・・・という事で、写真は、77年の春先から79年の夏まで、私が2年半通い続けた、東京は江戸川区内にある「あづま浴泉」という銭湯です。

 もしかしてあの銭湯はまだやっているのかなぁと思い、先日仕事のついでにチョッと寄り道して写真に収めてきました (^^)v

 当時の建物がどんな感じだったのか、40年近くも経ってしまうとほとんど思い出せなくて、今と同じようでもあり、ずいぶんとモダンになったような気もしまして、懐かしさにふけるという気持ちでもなく、冷めた気持ちでシャッターを切ってきました・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 1977年の春、高校を卒業した私は、代々木の専門学校に通うために上京し、4畳半一間のアパートで独り暮らしを始めました。
 小さな流しと一口コンロは付いていたものの、洗面所とか浴室はなく、玄関もトイレも共同という、今から考えればかなり条件の悪い部屋だったと思います(苦笑)

 それでも1年ほどそこで暮らしまして、翌年から近所の借家というか、当時よく見かけた二軒長屋へと引っ越しました。

 

20141213004_2  二軒長屋というのは、写真のような感じの、平屋の一戸建てに玄関が二つ付いた、共同住宅の古典的なタイプです。

 たいてい、二間くらいありまして、狭いながらも地面も付いていて何かと重宝したので、その後もこのタイプの借家にはよく住みました (^◇^;)

 ただ、最近ではこういう古いタイプの借家は借り手が敬遠するのと、同じ土地に建てるのならより高層タイプのマンションなどに立て替えをしたがる家主側との思惑が一致して、どんどん姿を消しつつあります (^^;

 

 それはともかくとして、私の場合、先に述べたように77年の春から79年の夏までは江戸川区内で、79年の秋から83年の春までは会津若松市内で、合わせて6年間も銭湯通いをしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その後はいずれもお風呂が付いている物件にしか住んでいないので、もう30年くらいは銭湯とは無縁の生活をしていることもあって、あの頃の苦労は忘れつつありますが、内風呂生活に慣れてしまった今だから銭湯通いはたいへんだったなどと思うだけで、あの頃はそれが当たり前だったこともあって、銭湯まで歩いて通うことを特に面倒だとかたいへんだとか思った事は一度もありません。

 ただ、営業時間が決まっていましたから、何かの事情で遅くなり、閉店時刻が近づくと慌ただしく駆け込んだことを思い出します (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 何時くらいまで営業していたのか今となっては思い出せませんが、おそらく23時くらいまでは開いていたと思います。

 それでも、雨の日や雪道を歩いて銭湯に通うのは、今から思えばたいへんだったろうと思うのですが、なぜか銭湯通いで辛い思い出とかイヤな思い出とかは無いのが不思議で・・・ (^◇^;)

 もしかしたら、小学校や中学校に毎日歩いて通学することが少しも苦ではなかったように、銭湯に通うことも似たような日常生活だったからなのかもしれません・・・

 

 今振り返ると、銭湯に通った記憶は、ただただ懐かしいだけのいい思い出です・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 という事で、江戸川区の銭湯は今も変わらずに営業していましたが、会津若松市内に在った銭湯は、残念ですがだいぶ前に閉じたようで、すでに建物は無くなっています・・・ (__;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月13日 (土)

今年の漢字 2014

20141213011_2  2014年の世相を1字で表す師走恒例の「今年の漢字」「税」に決まったと報じられた。

 う~ん、気持ちはわからないでもないけれど、例年から比べるとあまりにも安直な発想すぎやしないか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 まぁ、それだけ消費税増税は大衆に対してインパクトのある政策だったという事なんでしょうが、それにしてもですよ、「税」に一喜一憂した一年だったというのではあまりにも淋しいというか・・・ (__;) .

 ちなみに、ベストテンの漢字は、2位「熱」、3位「嘘」、4位「災」、5位「雪」、6位「泣」、7位「噴」、8位「増」、9位「偽」。10位「妖」という事で、いずれもマイナスイメージの漢字ばかりじゃないですか。

 

 個人的には、スポーツ関連で活躍した華々しいニュースが引きも切らさず報じられたので、「躍」とか「輝」みたいな明るい漢字をイメージしていたものですから、「税」という夢も希望もない漢字が選ばれたことに少々失望しています (;^_^A アセアセ・・・

 少なくても、私にとっては今年は明るい一年だったので、そういう後ろ向きの漢字が「今年の漢字」に選ばれたこと自体、信じられないというか・・・

 

 皆さんは、「税」という漢字が今年の世相を表わす漢字として選ばれたことに対し、納得されていますか?

 私ゃ、納得いかないなぁ・・・ q(`o')ブー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月12日 (金)

どっちにする?

 20141212001

 

 写真は、私の住んでいる千葉県第10区の選挙ポスター掲示板です。

 

 いよいよ明後日の日曜日に衆院選の投開票が行なわれるのですが、今回の選挙戦の盛り上がりの無さはどうしたものかと・・・ (ノ_-;)ハア…

 私もそれ相応に生きて来ましたから、選挙戦も何度も見聞きしてきましたが、今回ほど静かな選挙戦は記憶にありません(苦笑)

 マスコミなどの予想では、自民党の圧勝という結果が繰り返し報道されていますから、いちおう対抗馬として出馬はしてみたものの、野党の候補者達は早々に白旗を揚げて敵前逃亡をしてしまったのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、今回の選挙ですが、自民党にも民主党にも愛想が尽きて、どちらにも投票はしたくないけど、そうかといって他に投票したい政党も見当たらなくて、さて困ったと思っている有権者は私だけではないと思います (;^_^A アセアセ・・・

 マジで、自民党にも民主党にも投票したくはないんですが、そうなると残った候補者は共産党の候補者ということになります (^◇^;)

 別に、共産党の候補者に投票してもいいんですが、社会主義は地球上の負け犬という歴然とした事実がありますから、今さら共産党だなんて名乗っていること自体、時代錯誤も甚だしいと私なんかは思っていますから、そうなるとホントに投票したい候補者は皆無ということになります・・・ (ノ_-;)ハア…

 一昔前の私なら選挙などにはなんの関心もありませんでしたから、迷わずに棄権したところなんですが、今は意地でも投票所に行き、投票することが楽しみにもなっているので、さてそうなるとどうしたらいいのかと・・・ (^_^;

 

 一昔前に「究極の選択」という遊びというかゲームというか、そういうものが流行ったことがあります。

 、二者択一の選択肢があり、どちらも捨てがたく、どちらも選びがたい時に、強いて選ぶとすればどっち・・・というもので、例えとしてよく言われたのは「うんこ味のカレーとカレー味のうんこ、食べるとしたならどっち」みたいなものでした (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 今回の選挙も、まさにそんな感じの「究極の選択」を迫られている有権者がたくさんいるのかもしれません(苦笑)

 前に民主党が自民党から政権を奪った時にも言われた事ですが、「嘘つきな男と頼りない男、結婚相手として選ぶならどっち」という究極の選択がまさに今回の選挙ナンじゃないでしょうか (;^_^A アセアセ・・・

 言うまでもなく、「嘘つきな男」とは自民党の事であり、「頼りない男」とは民主党の事になります (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月11日 (木)

冬の交通安全運動

     20141211001

 

 昨日、仕事で佐倉IC近くを通ったところ、信号待ちで止まった車に駆け寄ってチラシを渡している一団がありまして、私も頂いてきました。

 「今日から冬の交通安全運動が始まったので、お気を付けて・・・」みたいな口上と共に渡されたのが写真のチラシとティッシュペーパーです (^^;

 

 それはそれとして、チラシの表に描かれている表語が見事だったのでご紹介させていただこうかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20141211002 左がその表語なんですが、全国こども書道コンクール入賞作品という事で、字はもちろんですが、全体のデザインもなかなか見事で、これがこどもの書いた習字なのかなと・・・ (^◇^;)

 

 どうです?

 個人的には一番下のがお気に入りなんですが、右上のもなかなかいいデキだと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 年末という事もあって、今回のスローガンは
「なくそうよ ぼくらの町の 飲酒運転を」だそうです。

 ・・・という事で、表語も飲酒運転を戒めるものとなっています。

 

 皆さんも、忘年会等でお酒を飲む機会が増えると思いますが、くれぐれも飲酒運転はなさらないように・・・ (o^∇^o)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月10日 (水)

意外な効用

 10月の末に「傘立て」という記事を書いて、傘立てを利用する人のマナーの悪さを嘆いたことがあります。

 不特定多数の人が利用する傘立てですから、後から利用する人のことを考えて使うのが当然だと思うのですが、多くの人は自分の都合しか考えてなくて、実に情けない状態の傘立てがいかに多いことか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 まぁ、それはそれとして、傘立てに入れた傘が盗難に遭ってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるんじゃないかと思うんですが、傘の盗難を防ぐためにユーザーもメーカーもいろいろと防護策を考案なさっているようです。

 直ぐに思いつくのは、傘の取っ手に名前を書いたり目印を付けたりして、盗ろうとする人に警戒心を抱かせることです。
 目立つ目印が付いた傘なら、盗んでも直ぐにバレてしまうかもしれないと思わせるだけで、傘の盗難は格段に減るだろうと思われます。

 

 ところで、ある傘のメーカーが、売上げを増やそうとしてちょっとした工夫をしたところ、本来の目的とは別に、盗難防止に役立ったという思わぬ効果が現われて、傘立てに入れても盗られない傘として有名になったというんですが、皆さんにはこのメーカーが行なった工夫がどんなものだったのか、想像がつきますか?

 傘立てに入れてある傘の中で、盗みにくいものってどんな傘なんだろうと私もいろいろと考えてみたんですが、私の固くなってしまったアタマではどうにも「コレ」という妙案は浮かばなくてね・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 答えを先に言ってしまうと、そのメーカーのアイディアというのは、傘の取っ手が取り外しできるというもので、傘立てに入れる時に取っ手を取り外すことによって、他人からは壊れた傘のように見え、傘を盗ろうという人にも敬遠されて盗まれないというものです (^◇^;)

 

 元々は、交換自在な取っ手を採用することによって、ファッション性を高めようという目論見だったようですが、ユーザーというのは往々にしてメーカーも考え付かないような使い方をするもので、本来とは違う使い方でヒット商品になってしまうことが少なくありません。

 そのいい例が「バイアグラ」で、元々は狭心症の治療薬として研究・開発が始まったワケですが、本来の目的よりも男性器の勃起を促進するという副作用の方が有名になってしまいました(苦笑)

 

 傘の取っ手が簡単に着脱できれば、敢えて取っ手の無い傘を盗もうという人がいるとは考えにくいので、確かに盗難防止に役立つだろう事は想像がつきます。

 う~ん、逆転の発想というか、こういうのはメーカーがマトモに考えても思いつかないアイディアなのかもしれませんな (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 9日 (火)

銀世界

 土曜日の夕方に会津田島駅前のホテルに到着した私らなんですが、その時にはすでにうっすらと雪が積もっており、降っている雪もより大きなぼたん雪となって勢いも増してきたので、日曜日に峠を越えて隣村に向かうのは無謀と判断し、その時点で諦めたんですが、もしかしたら大内宿くらいまでならなんとか行けるかもと思っていたんですが・・・

 

 一夜明けた日曜日の朝、恐る恐る部屋のカーテンを開けてみると、外は一面の銀世界になっておりまして・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

20141209003 20141209004

   20141209002_2

 

 写真は、上が第三セクターで経営される会津鉄道の会津田島駅で、部屋の窓から撮ったもの。

 一方、下は朝食を食べた食堂への廊下で撮った、ホテルの中庭の様子です。

 

 この状況を見て、私らの心は折れ、大内宿も諦めて早々に成田に帰ることにしました (^_^ゞポリポリ

 わざわざ会津まで出かけて行って、いったいナニをやってるんだろうとお思いの方も多いと思いますが、旅の醍醐味は決められたスケジュール通りに観て回ることではなくて、臨機応変にというか、柔軟に行動することだと思っているので、私らの観光はいつも行き当たりばったりの無計画なモノです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 多くの日本人は、「旅」というといろいろとリサーチをして、ここも行きたい、あそこにも行きたいと目的をいくつも持ち、それらを効率よく消化するためにしっかりと予定を立てるのが一般的だと思うんですが、私は時間とか予定とかに束縛されるのが好きではないので、走るルートさえ決めてなかったりします (^◇^;)

 さすがに、泊まる場所くらいは予約を入れて確保しますが、その他については一切白紙で出かけるのが常です。

 

20141209005 20141209006

 

 写真は、ホテルをチェックアウトし、会津田島駅前の通りと国道121号線とが交差するところと、国道121号線で栃木方面へと向かう途中で撮ったものです。

 さすがに雪国だけあって、除雪はしっかりと行われており、特に走りにくくはありませんでしたが、正直雪道はイヤでたまりません (;^_^A アセアセ・・・

 もちろん、私は奥会津出身ですから、雪そのものは幾度となく体験していますし、雪道も当たり前のように運転してはいました。
 ナンといっても、自動車教習所での路上教習も、私の場合は
ワダチが出来ているような喜多方の雪道で行いましたからね・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 【福島県側】          【栃木県側】

20141209007 20141209008

 

 そして、栃木県と福島県との県境にある「山王トンネル」の前後を撮った写真です。

 さすがに福島県側は、道路上も一面が白く見えるくらいに雪がありましたが、トンネルを抜けて栃木県側へと入ると、タイヤの通った跡はご覧のように黒いアスファルトが見えていました (^^)v

 

 そんなこんなで、お昼過ぎには塩原温泉郷に入り、この辺りまで来ると雪もまったく見当たらず、ホンの2時間くらい前には雪にびびっていた私らだったのに、喉元過ぎればなんとやらで、夕方までには無事に成田まで帰ってきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 家内にとっては、初めての「銀世界」だったようで、キレイとは言っていましたが、懲り懲りでもあったようです(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月 8日 (月)

二度あることは

 昨日、J1昇格プレーオフの決勝が行われ、年間順位6位の山形が3位の千葉1-0で下してJ1昇格を決めた。

 

 この試合、私は録画で観戦させていただいたのですが、なんというか、ことばもありません・・・ (__;)

 過去2年、J1昇格のプレーオフで涙を飲んできたジェフ千葉ですから、今年のJ1挑戦は「三度目の正直」となるのか、それとも「二度あることは三度ある」なのか、サポーターの期待と疑心暗鬼はいやが上にも最高潮に達した昨日の味スタでした (^_^;

 

 私自身は会津からの帰途の途中での試合ですから、リアルタイムでの観戦は出来ず、とりあえず録画をしておき、帰宅してからの観戦となりました。
 もちろん、決着はすでについているワケですが、結果は全てシャットアウトして、純粋に試合の行方を見守らせていただきました (^^ゞ

 私は、多くのテレビ番組を録画して楽しんでいまして、あまりリアルタイムで見ることは少ないんですが、スポーツ中継だけはリアルタイムで見るようにしています。
 なぜなら、録画を見る時には結果や内容がわかっていることが多いので、それでは邪心が入ってしまって試合を楽しめないからです (;^_^A アセアセ・・・
 結果がわかっているスポーツ中継ほど白けるモノはありませんよね (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 それはともかくとして、今年もJ1昇格が叶わなかったジェフ千葉ですが、過去2年と違い、モタモタと二ケタ順位を行ったり来たりしている情けない姿を見て、早々に今年もダメかと愛想を尽かしてしまった私がいます。
 GW中に書いた「負け犬」という記事がソレなんですが、そんなジェフ千葉だっただけに、3位という最終順位にも驚きましたが、正直なところ「どうせダメだろう」と思っていただけに、それほどのショックはありません (^_^ゞポリポリ

 あまり期待が大きいと裏切られた時の失望感が大きいだけに、ジェフ千葉に対してだけは冷ややかな目で見ている最近の私がいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ああ、来年もまたJ2かぁ・・・ (__;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 7日 (日)

雪国

 7年前にも「雪国」という同じタイトルの記事を書いたことがあったんですが、今日の記事はそちらの記事も合わせてお読み頂ければ一興ではないかと・・・ (^^ゞ

 

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった・・・」

 これは川端康成の有名な「雪国」の冒頭の一節です。

 

20141206011  昨日、私と家内は会津へのプチ帰省を予定していたんですが、この週末はあいにくと冬型の気圧配置が強まり、会津地方は雪という予報が出ていましたから、私も雪への備えを怠りなく、タイヤも冬タイヤに交換した上で出かけてきたワケなんですが・・・

 

20141207003  一応、関東は北風が強いものの、青空が広がる絶好の行楽日和となり、私らも快適なドライブを栃木県までは続けてきたものの、塩原温泉郷を過ぎる頃から雪が舞い始め、福島県との県境が近づくにつれて白い雪が道路脇に現れ始めまして・・・ (^_^;

 

 【栃木県側】          【福島県側】

20141207001_2 20141207002

 

 写真は、栃木県と福島県との県境にある「山王トンネル」の前後を撮ったものなんですが・・・

 さすがに「雪国」の一節ほどのインパクトは無いにしても、「県境の長いトンネルを抜けると、そこは雪国会津であった・・・」程度の違いはあるのかなぁと思っていたら、昨日はほとんど変わりはありませんでした(苦笑)

 

 それでも、宿を予約してある会津田島駅付近に近づくにつれ、雪の勢いは増し、辺りの景色も雪国のそれに近くなってきまして、今日の予定はこの記事を書いている時点では未定です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 一応、今回の第一の目的は、私の実家の在る村に居る母親の顔を見てくることだったんですが、さすがに雪の峠道を越えて村へと向かう度胸も運転技術も私は持ち合わせていないので、残念ですがそちらは早々に諦めまして、第二の目的である大内宿の雪景色を見物して帰ることにしたんですが、それも状況次第でどうなる事やら・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 どちらも無理そうなら、会津田島の駅前に泊まったという事実だけで、今日のところは帰途につこうかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 次に会津に帰省するのは、雪が融けた来春の予定です (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 6日 (土)

昨日の車窓から

     20141206001

     20141206002

 

 写真は、昨日の仕事中に運転席から撮ったもので、スカイツリー小田急の電車です。

 

 スカイツリーの方は、千葉方面から都心へと向かう首都高7号小松川線の上から撮ったもので、小田急の方は東名の厚木ICを下りた後、愛甲石田駅付近で踏切待ちをしていた時にシャッターを切りました (^^)v

 いずれも、得にコメントはありませんが、個人的には気に入っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 天気がよかったので、昨日は関東からも富士山がよく見えたんですが、あいにくそちらの方は撮影に失敗してしまいました (;^_^A アセアセ・・・

 残念です・・・ (__;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 5日 (金)

採血

 私が糖尿病の宣告を受け、治療中だということは以前にも述べましたが、糖尿病の治療には定期的な血糖値測定が欠かせないために、私も2~3ヶ月程度の間隔で通院し、採血をしてもらっています。

 実は、一昨日その採血を予定していたんですが、たまたま風邪で朝から体調が悪かったので急遽取り止めにしまして、糖尿病ではなく風邪で通院してきました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、昨日あらためて採血をしてきました。

 

     20141205001

 

 上が昨日の採血の「跡」なんですが、わかります? (^◇^) 。。。ケラケラ

 あろう事か、3回もトライされまして・・・

  :・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・

 

 1回目のトライが右腕の下の絆創膏跡です (^^ゞ

 まぁ、この時は明らかにビギナーな看護婦とわかるオネェちゃんが担当してくれまして、左右の腕を念入りに見た後、右腕を選んでゴムバンドで縛った後、丹念に血管を指で探るようにして確認し、恐る恐るチャレンジ~ ヽ(^o^)尸

 ところが、うまく血液が採取できないので、早々に「○○さん、お願いします・・・」と同僚に救援依頼を・・・(苦笑)

 

 次の看護婦さんはさすがにベテラン風で、先ほどの場所から少し上側にてチャレンジ~ p(^o^)/ 

 しかし、これもうまく吸い上がらないとのことで断念・・・ (^◇^;)

 

 結局右腕を諦めて左手に替えて挑戦。

 最終的にこれでバッチリうまくいったのですが、それにしても3回も針を刺されるとは思いませんでしたよ・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 私は今でこそ太っていますが、以前はガリガリに痩せていましたからねぇ、血管もオトコにしてはかなり細い方で、いつも採血の時には担当の看護婦を困らせています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それでも、たいてい1度でOKですし、やり直しする事もタマにありますが、それでも2度までで、さすがに3回刺されたことは今までの人生で初めての体験です (;^_^A アセアセ・・・

 

 生きてると、ホントにいろんな事がありますねぇ・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 P.S.今回の記事で「看護婦」ということばを多用しましたが、他意はありません。
 そもそも、「看護婦」が性差別だという認識自体、私にはありませんからねぇ (^_^ゞポリポリ

 今後とも、女性の看護師さんに対しては、敬意をこめて「看護婦さん」と呼ばせて頂こうと思っています (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 4日 (木)

爆睡

 今午前3時なんですが、 なぜか起き出してこのブログを書いています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 寄る年波のせいか、以前から比べると1時間くらいは早起きするようになったとはいえ、さすがに3時に起き出すことはありませんで、深夜から起き出して仕事に出かけるようなことも最近では少なくなりましたから、この時間に起きているということは普段ならあり得ないことで・・・ (^◇^;)

 

 実は、昨日の朝から体調が思わしくなく、やたらと身体がだるくて、なんとか仕事に出かけはしたものの、とにかく寒くて寒くて車に用意してあるブルゾンを着こんで運転していました。

 なんとなく熱っぽい感じもしたものですから、これは風邪かインフルエンザにでもかかったのかなということで、早々に帰宅して近所の町医者に出かけようと思ったのですが、午後の診察は15時からという事で、それまでの間横になりたくてベッドにもぐり込んだのが13時。

 すぐにぐっすりと寝込んでしまいまして、家内に起こされたのが15時ちょっと前・・・

 

 起き出してはみたものの、だるいのと熱っぽいのとで、もうろうとしながら医院の待合室まで行き、受付を住ませて問診票と体温計を頂いて待つこと1時間少々・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 その時の体温は38度でした (^^ゞ

 

 診察を終え、薬を頂いて帰宅し、またもやベッドに横になり爆睡・・・ (^^;

 18時くらいに一度起き出してお粥を食べ、薬を飲んでまたまた爆睡・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんなこんなで、さすがに目が覚めてしまったので夜中ではありますが、起き出してきたというわけです(苦笑)

 それにしても、人間けっこう眠れるモンですね (^◇^) 。。。ケラケラ

 皆さんも、体調管理にはくれぐれもご注意ください ( ^-^)/ ♪

 

 あ~、今日は一日が長そうだ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 3日 (水)

歯医者

 私事ではありますが、先月から近所の歯医者さんに通っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 奥歯の1本が痛みだしたからで、現在治療中です・・・

 

 それはそれとして、私は前から気になっているコトが一つありまして、それは歯の治療中、「目はどうしているのか」ということです (;^_^A アセアセ・・・

 

 私は、小心者というコトもありますが、歯の治療中は目を閉じているのが常です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 これは、小学生の頃から無意識に行なっている私のクセであり、診察台の上で口の中を覗き込まれている時にはなぜか自然と目を閉じてしまいます。

 皆さんも同じように治療中には目を閉じているのかと思っていたのですが、意外と目を開けているという人が少なくないことを知って驚いているというか・・・ (^_^ゞポリポリ

 ちなみに、家内は歯の治療中に目を開けている一人だったりします(苦笑)

 

 私が歯の治療中に目を閉じるのは、恥ずかしいというか、気まずいからというのが一番大きな理由なんですが、歯の治療中には私の顔と先生の顔がこれでもかっていうくらいに接近するわけで、目を開けているとイヤでも先生の顔が目に入ってくるワケですから、そういう時に目のやり場に困ってしまわないのかなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 皆さんはいかがですか?

 歯医者での治療中に、目は閉じていますか?
 それとも目は開けたままですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年12月 2日 (火)

菅原文太が逝く

 俳優の菅原文太氏が先月の28日に亡くなっていたと報じられた。

 

 つい先日、高倉健の追悼記事を書いたばかりだというのに、半月も経たないうちに日本を代表する俳優がまた一人この世を去った・・・ (__;)

 まぁ、高倉健が83才、菅原文太も81才ということで、年齢からいえばそれほど不思議なコトではないのかもしれませんが、それでも立て続けに誰かの訃報を聞くのは辛いものです・・・ (__;)

 

 個人的には、菅原文太の映画はそれほど見た記憶はないんですが、さすがに「トラック野郎」だけは強く印象に残っています。
 それだけインパクトのある映画でしたから・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私の印象では、あの映画の公開後からデコトラと呼ばれるハデなトラックを巷でよく見かけるようになったように記憶しています。
 さすがに最近では少なくはなったとはいうものの、相変わらず派手なデコトラを見かける事は少なくありませんし、デコトラではなくてもトラックの運ちゃんは私の同業者ですから、親近感を覚えます (^_^ゞポリポリ

 という事で、あくまでもフィクションの世界の主人公ではありますが、菅原文太は他人のようには思えない私がいましてね・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 少なくても、高倉健よりは敷居が低くて身近に感じられる芸能人でしたよ(苦笑)

 

 私の心の中に光っていた一番星が消えてしまいました・・・ (__;)

 本当に、心からお悔やみ申し上げます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年12月 1日 (月)

師走

 今日から月が変わって「12月」になります。

 いよいよ暦も残り1枚となり、今年も残り少なくなった感が否めませんが、例えるなら、最終コーナーを回ってラストスパートに入った感じでしょうか (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、「12月」は昔から「師走」と呼ばれていることはご存じの通りで、旧暦を用いなくなって久しい現在でも相変わらず使われています。

 普段は慌てることのない「師」でさえ、年の瀬には走り回るほど忙しいところから「師走」と呼ばれているという事ですが、では、ここでいうところの「師」とはどういう職種の人かご存じですか?

 

 よく言われている「師匠」とか「教師」というのは大いなる勘違いなのですが、多くの人が「師走」「師」「学校の先生」の事だと思っているようです。

 

 しかし、実際には「師走」「師」は、お寺の住職(お坊さん)のコトを指します。

 お盆にお寺のご住職が檀家を回ってお経を上げるのはよく知られていますが、かつては年末にも檀家を回ってお経を上げていたことはあまり知られていません (^^;
 そういうお坊さんの忙しそうな様子を言い表したのが「師走」ということばの語源であり、有力だと言われています。

 

 もちろん、他にも「師走」の語源には諸説あるようですが、私に言わせればいずれもでっち上げの感が強くて、「師走」=お坊さん説を上回るようなものは見当たりませんねぇ (^_^ゞポリポリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »