« 黒田節 | トップページ | 大晦日によせて »

2014年12月30日 (火)

海開き

 なぜ今時分に「海開き」などという話題なのか・・・

 一般的に「海開き」といえば、日本では多くのところで7月1日というのが相場で、南国の沖縄辺りでは、3月下旬~4月にかけて早々と「海開き」が行なわれるようですが、さすがに師走のこの時期に「海開き」という話題は、かなり時機を逸した感じがしないでもありません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ところが、昨日聴いていたラジオで知ったのですが、全国に先がけて
「元旦」に「海開き」が行なわれる場所が日本国内に在るというのですが、皆様方にはそれがどこか、おわかりになりますでしょうか?

 

 

 

 

 「海開き」というからには、水着で海の中へ・・・というイメージですから、本州のどこかというよりは、やはり南国のどこかの島・・・というコトになるのだと思うのですが、ラジオの中では意外にも東京都内だという・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 そこで私はピンときました (*^.-^*)♪20141230011

 一口に「東京都」といっても、23区もあれば都下もあります。
 中には、「島嶼部」(とうしょぶ)という、とても「東京都」とは思えないような地域も含まれていますから、おそらくその中のどこかの島ではないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 案の定、小笠原諸島の住人と電話をつなぎ、父島と母島で行なわれている海開きの模様を紹介して頂いたのですが、さすがに小笠原といえどもお正月のこの時期に海に入って泳ぐことはできないそうですが、イベントの一つとして昭和57年の元旦から始まったという事で、来年の元旦で34回目というコトになりますか・・・ (^◇^;)

 

 それにしても、日本という国は、狭いようでいて、けっこう広いと思いませんか (^◇^) 。。。ケラケラ

|

« 黒田節 | トップページ | 大晦日によせて »

うんちく」カテゴリの記事

コメント

面積の狭さの割には、寒冷な北海道から亜熱帯の沖縄県まで南北に連なる自分の国・日本に対する興味は尽きないです。

多民族、多宗教、多言語な大陸国家ではありませんが、日本にも地域によって多様性があります。

私は泳がないしマリンスポーツもやりませんが、埼玉の人間なので海には憧憬の念を感じます。(笑)

ハワイとかグアムみたいに、一月でも泳げるとは 思えませんが御愛嬌でしょう。(笑)
ヽ(^○^)ノ

外部への公共交通機関は竹芝から所要時間が丸一日以上かかる船だけで空港が整備されていないと言う現実、空港が整備されれば観光客の増加は間違いないですが、リゾート化されておらず、尚且つ手垢の付いていない自然が残されているのが世界自然遺産にまで選ばれた小笠原の「目玉」だし「魅力」なので複雑ですね。
(^_^;)

投稿: 力三郎 | 2014年12月30日 (火) 14:47

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 自然遺産ですからねぇ、個人的には観光客が集まるのは好ましくないと思っていてるので、小笠原へのアクセスが良くないのは願ってもないことだと思います(苦笑)

 ただ、観光客はともかくとして、住民が島に出入りするのに苦労するようでも困るなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2014年12月30日 (火) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海開き:

« 黒田節 | トップページ | 大晦日によせて »