« 仕事始め | トップページ | ガソリンの価格 »

2015年1月 8日 (木)

愚問

20160108001 左は、名越康文という精神科医が書いた
「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」という
PHP出版から出た本で、ラジオを聞いていて知りました。

 こんなつまらない本は、私は読みたいとも思いませんが、世の中にはそんな事を真剣に考えている人もいるのかと思って笑ってしまいました (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 どうせ死ぬのに、なぜ生きるのか・・・

 そんなコトを言い始めたらキリがないというか、そんな事を考えて何か得ることがあるんでしょうか・・・ (^◇^;)

 どうせ壊れるのに、なぜ作るのか・・・
 どうせ腹が減るのに、なぜ食べるのか・・・
 どうせ眠ってしまうのに、なぜ起きるのか・・・
 どうせ忘れてしまうのに、なぜ覚えようとするのか・・・

 これらは皆、似たようなシチュエーションだと思うんですが、だからといって何もしないでいてもいいんでしょうか (^◇^) 。。。ケラケラ

 ネットでこの本の紹介文を読むと、著者はその答えは「仏教」しかないとか言っているようですが、別に宗教などに頼らなくても、答えは身近にあるんじゃないでしょうか。

 

 人は何のために生まれてきたのか・・・
 人は何をするために生きているのか・・・

 一見、哲学的で難しそうな問いではありますが、その答えは案外単純明解なんじゃないかと私は思っています (^^)v

 「人間」とか言ってみても、所詮は数ある動物の中の一種族ですからねぇ、多かれ少なかれ、する事は一つなんじゃないでしょうか(苦笑)

 

 地球上に生きるどんな動物でも・・・ というか、仮に地球外生命体がいたとして(ちなみに私は100%存在すると考えています)、例外なく必ず行なっているであろうコト・・・

 それは、いずれ死んでしまう我が身の代わりとなる子孫を残すこと。
 言い換えれば、種の保存のための行動であり、本能としてDNAに刷り込まれている生殖行為だと私は思います。

 人間は高等な動物ですから、この世に生まれてきた目的は子供を作ることだけではないと反論なさる方も少なくないんでしょうが、確かに仕事や研究で歴史に名を残すエライ偉人も中には居ますが、そういう人はごく限られた人達であって、庶民の多くは日々の暮らしに追われ、仕事や家事に勤しむ挙げ句、一生の間に成し遂げた一番大きな出来事は、子供を作り、育て上げた事という人が案外と多いんじゃないでしょうか・・・

 

 つまり、これまでの人生でしてきたこと・・・
 その全てが、これはと思う異性を見つけ、配偶者として一緒になり、子供を作って一人前に育て上げる事、そのためにあったとは言えないでしょうか (;^_^A アセアセ・・・

 ただ、私にも家内にも子供はいませんから、そういうイミでは生きてきた価値はないのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 しかし、人間にはそれ以外にも、他の動物にはできない決定的なコトがありまして、その一つが誰かのために何かを行なうという事です。

 この世の中で行なわれている全ての仕事は、それを行なう事で誰かの役に立っているということで、農家の人でもメーカーの作業員や営業でも、あるいは家庭の主婦であっても、誰であれ自身に与えられた仕事を懸命に行なうことで、巡り巡って世の中の役に立ち、社会を構成している一員であるという事実は動きません。

 という事は、人間は「働くこと」がすなわち生まれて来たことの意味であり、生きていることのイミだと私は思うわけですよ (^^)v

 

 別に仏教などの宗教にすがらずとも、生まれてきた意味、生きている意味はわかると思うので、「どうせ死ぬのになぜ生きるのか」ナンて、愚問以外の何ものでもないと私は思いますねぇ(苦笑)

 結局のところ、自分のことしか見えていないから、そういうつまらない事で悩むわけでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

|
|

« 仕事始め | トップページ | ガソリンの価格 »

コメント

「案ずるより産むが易し」ですね。

いくら煩悶しても、きちんと働く事あるいは学ぶ事には叶わないです。(汗)

投稿: 力三郎 | 2015年1月 8日 (木) 17:24

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 おっしゃる通りだと思います。

 してもしなくても同じ結果なら、とりあえずやってみる派なのか、それともしない派なのか・・・

 一応、私はやってみる派なのですが、お若い方は合理的な考えをする方が多いと思うので、やらない人が多いのかもしれません (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2015年1月 8日 (木) 18:35

素晴らしいです。
そのとおりだと思います。
働くということは、はた(傍)をらくにすることだ、と言っていた人がいましたが、その人も同じような考え方でした。
また二宮尊徳の考えには、わが身の富貴は祖先の丹精にあり、子孫の富貴はわが身の丹精にあり、というのもあります。
いずれにしろ、自分のためだけに働くのはつまらないと思います。

投稿: メイの家 | 2015年1月10日 (土) 17:26

 メイさん、どうもです (^_^)/

 「情けは人のためならず」ということばがありまして、仕事も似たようなモノではないでしょうか。
 仕事は誰かのために行なっているようでも、回り回って自分の利益にもなると思います。
 逆に、自分のために働いているようでも、一生懸命にやっていれば必ず誰かの役に立っているはずです (^^)v

投稿: 夢ピ | 2015年1月10日 (土) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/60937631

この記事へのトラックバック一覧です: 愚問:

« 仕事始め | トップページ | ガソリンの価格 »