« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

納車

 昨日、新しい相棒が納車されまして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 待ちに待った新車ですから、嬉しいのは言うまでもないんですが、車輌の入れ替えは2年ぶりのことになりますし、その時に購入した愛車は中古車でしたから、新車に乗るのは7年ぶりの事になります (;^_^A アセアセ・・・

 前に新車を購入した時に書いた記事はこちらになりますが、あの時は仕事中にトラックに追突されて全損となり、急遽購入する事になったので、事故から納車まで思ってもみなかったことが次々にあって目まぐるしい半月になったワケですが、今回はそういうアクシデントで買い換えたわけではなく、予定の行動だったので、新しい車を検討することも十分にできましたし、購入を決定してから納車まで、待ち遠しくて仕方がありませんでした (^^ゞ

 

20150228001_2 20150228002

 

 写真は、新しい相棒の顔なんですが、これから4~5年くらいは毎日のように一緒に仕事をする事になるパートナーですから、そういう意味ではよろしくなと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 積算距離も、まだ10kmという事で、真っ新な新車です (^^)v

 この積算距離も、GWを迎える頃には1万キロ程度にはなるワケで、そういう意味では営業車の寿命は短いモンですねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 

 今日はこの後、成田山公園の梅まつりに行ってこようと思っているので、それまでにある程度、仕事仕様に体裁を整えなければと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 一応、月曜日からは普通に仕事が入っているので、支障なく仕事をこなせるように、改造というか準備だけはしておかないとね (^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月27日 (金)

つぶやき

 最近、ツイッターがやたらとハバを効かせていまして、スマホとかPCだけならともかく、テレビやラジオの番組の中でも当たり前のようにツイッターが用いられています。

 ラジオの場合ですと、パーソナリティが寄せられたつぶやきを読み上げなければリスナーにはわからないわけですが、テレビの場合だとそういうワケにもいかなくて、画面の下の方等にテロップとして表示されることがあったりして非常に苦痛です (ノ_-;)ハア…

 

 前に、サッカーの日本代表の中継を観ていた時に、視聴者からの応援メッセージという名目で、ツイッターで寄せられたつぶやきが画面に次から次に現われ、うっとうしくて仕方がなかった記憶があります。

 つぶやいている本人はそれで満足できるんでしょうけど、なんの関係もない私なんかにはただただ迷惑なだけで (__;)

 だいたい、ああいうつぶやきには前向きなものはほとんどなくて、多くは不満とか捨てゼリフの類が圧倒的に多いわけで、見ていて不愉快になるのが常で・・・

 だからといって、試合と同じ画面上に表示されるわけですから、つぶやきだけ見ないようにするわけにもいかず、困ったものだなと。

 

 便利なはずのツールも、使い方を誤ると迷惑なだけのシロモノになりかねませんで、テレビの画面にリアルタイムで表示されるツイッターなんかその代表ではないかと私なんかは思っています。

 デジタル放送の現在なら、見たい人だけ選択して見ることが可能なわけですから、ツイッターを利用したい人だけがつぶやきを画面に表示すればいいと思うのは私だけなんでしょうか。
 つまり、放送局サイドに視聴者への配慮がチョッと足りないんじゃないかと・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 こういうつまらない事を思うのは、私がツイッターを使わないアナログ人間だからなんでしょうかねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2015年2月26日 (木)

河津桜 2015

20150226002 20150226001

 

 昨日、横浜まで行った仕事の帰り道、私が毎年定点観測をしている千葉市の花見川区内で、河津桜が咲いているのを見かけました (*^.-^*)♪

 

 まだ枝のそこここにチラホラと咲いている程度で、おそらくは今週になってから咲き始めたんだろうと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ここの河津桜は、早い年ですと2月の上旬には咲き始めることもありますが、2月中に咲いたのなら例年通りといったところでしょうか。

 

 間もなく3月になりますが、あと一ヶ月もすれば関東でもソメイヨシノが咲き出すだろうと思われます (*^.-^*)♪

 今年の花見は、我が家のベランダで1回、成田山の茶店で1回やろうかと家内と相談中です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 うまくすると、GW前後にも会津のどこかで花見ができるかもしれません(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月25日 (水)

青春のうた Best Collection その39

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 という事で、今回の収録曲は、私が19才~20才の頃の作品です。
 江戸川区のアパートで独り暮らしを始めた頃で、何もかもが新鮮な毎日で、無我夢中で生きていた頃に聴いた作品なので、いずれも思い入れはひとしおですねぇ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

39 39a

 

   《収録曲》
 1:夢想花/円広志 78年11月発表
 2:い・に・し・え/日暮し 77年11月発表
 3:ベッドで煙草を吸わないで/りりィ 78年9月発表
 4:江古田スケッチ/竹内緑郎と旅行かばん 78年1月発表
 5:かもめはかもめ/研ナオコ 78年3月発表
 6:時のいたずら/松山千春 77年11月発表

 

 「夢想花」は、「とんで とんで・・・」と何度も繰り返すフレーズが各方面で話題となり、大ヒットしました (^◇^) 。。。ケラケラ
 ちなみに、「とんで」が72回、「まわって」が32回繰り返されますが、歌詞中には「とんで」がさらに3回登場しますから、都合75回も「とんで」が繰り返されるというとんでもない作品です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「い・に・し・え」は、聴いて知ってはいますが、それほど思い出深い作品というわけではありません。
 それでも、ちょっと憂いのある歌声でしっとりと歌われているこの作品は、耳に残るというか・・・ (^^;
 今聴いても、一風変わったふしぎな作品です。 

 

 「ベッドで煙草を吸わないで」は、オリジナルはプレイガールというテレ東のドラマにも出演した沢たまきが歌ったものなんですが、原曲よりもアップテンポにアレンジされたりりィのこの作品もなかなかいい感じじゃないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 決してヒット曲は多くはないものの、りりィは存在感の大きシンガーで、私はけっこう好きなアーティストでした。
 もちろん、私もりりィの代表曲である「私は泣いています」のシングルレコードを買った一人です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「江古田スケッチ」は、地域限定でヒットした幻の作品だそうで、私もこのCDで初めて聴きました (^^ゞ
 今でも、東京の江古田に在る日大芸術学部で歌い継がれているということですが、地名や個人名などの固有名詞がふんだんにちりばめられた歌詞は、一部ウケはするんでしょうが、どんなものなんでしょう (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「かもめはかもめ」は、研ナオコの代表曲ともいえるヒット曲で、中島みゆきが提供した作品です。
 今は実力派の歌手として知られている研ナオコも、初期の頃は作品に恵まれず、どちらかといえば歌手よりもお笑いタレントとしての露出の方が多かったと思いますが、宇崎竜童と阿木燿子のコンビが作った「愚図」でブレイクすると、その後は一転してシリアスな作品で独特の世界を歌い上げ、現在に至ります。
 そんな彼女のごく初期の頃の作品である「京都の女の子」「こんにちわ男の子」という2枚のシングルレコードを、私は中学生の頃になぜか持っていたことがあります (^◇^;)

 

 「時のいたずら」は、「旅立ち」でデビューした松山千春の3枚目のシングルで、オールナイトニッポンのパーソナリティになった直後に発表されたこともあって、より多くの人の耳に松山千春の歌声を届けるきっかけになった作品です。
 この1年後、「季節の中で」が大ヒットし、松山千春の名前は全国区になっていきました。
 ただ、この頃の私はまだ松山千春のことはよく知りませんで、私が松山千春の作品をよく聴くようになったのは、会津に帰省してからですから、この2年後くらいのことになります。

 

 以上・・・(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月24日 (火)

味じゃないのか

 一昨日、「さだまさし三昧」という記事を書きましたが、「○○三昧」「昧」って、「味」じゃなかったんだ・・・というのが今日の記事の趣旨です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「勘違い」とか「思い込み」ということは、意外と身近にあるんですが、私はつい昨日まで「三昧」「昧」「味」だと思っていました (;^_^A アセアセ・・・

 

     20150224001

 

 ところが、昨日テレビのCMで「青汁三昧」という文字を見まして、アレ?と・・・ (^^;

 「三昧」「昧」って、「味」じゃなかったの?

 

 そう思って、あらためて一昨日の記事を見てビックリ!

 確かに一昨日の私の記事の中でも、「三昧」「味」ではありませんで、ぜんぜん気がつかなかったなぁと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 どうです?

 皆さんは、こんな事、あらためて言われるまでもなく、ご存じでしたか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月23日 (月)

東京マラソン 2015

 昨日、9回目となる東京マラソンが行なわれ、エチオピアのエンデショー・ネゲセが2時間6分00秒で優勝したと報じられた。

 もちろん、私もこのレースをテレビ観戦していたんですが、さすがにアフリカ勢のハードルは高いなと・・・ (^^ゞ

 

 今回、私は今井正人出来雄大の二人に絞って応援と観戦をしました。
 今井は、私と同郷の福島県の出身ですし、出来は私の一押しの中国電力の選手だからです。

 こういうスポーツイベントを観戦する時の常として、私はムリヤリにでもチームとか選手とかをピックアップして観るようにしています。
 もちろん、中立の立場で観戦するという方法も無いわけではありませんが、やはりハッキリとしたヒイキの対象があった方が観ていて熱が入りますし、楽しくもありますから、野球でもサッカーでもマラソンでも駅伝でも、観戦する時には必ず応援する対象を決めてから観るようにしています (^^)v

 ヒイキの対象は、やはり地域密着ということで、1に千葉県、2に福島県に関係のある事。
 3に大学なら早稲田、実業団なら富士通中国電力、あるいは第一生命
 4に、プロ野球はホークス、Jリーグはジェフ千葉

 地域密着はわかると思うんですが、早稲田や富士通、中国電力、第一生命については特に理由はありませんで、強いて挙げるなら、最初に好きになったチームだからという他はありませんねぇ(苦笑)
 私はガンコですから、最初に好きになった選手とかチームは、その後どうなろうとも離れることはできません (^◇^) 。。。ケラケラ

 ホークスとジェフ千葉についても、同様のことがいえます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それはともかくとして、今井君出来君も思った以上に頑張ってくれて、今井は7位、出来は13位という結果でフィニッシュしてくれました ヽ(^o^)尸
 特に今井君は、2時間7分台でフィニッシュしており、これは日本陸連が待ち焦がれた藤原新以来となる、日本人選手としては3年ぶりの7分台の好タイムということで、新たな巨星の登場となりました o(*^▽^*)o~♪

 二人とも、スタート直後から先頭集団の中に積極的に位置取りし、中間点の銀座くらいまではテレビの中継画面にも映っていたんですが、銀座を過ぎた辺りから出来は次第に遅れ始め、今井も先頭とは離されるもののなんとか食らいついて終盤を迎えます。

 この終盤が見物でしたねぇ ヽ(^◇^*)/

 今井も出来も、粘りに粘り、上から落ちてくる選手を一人また一人と捕えつつ順位を上げていく・・・
 いやぁ、これは痛快でなりませんでした。

 

 どうしても日本人選手は、アフリカのスピードを持つ選手達には見劣りしてしまうんですが、こういう「粘り」は日本人ランナーの持ち味として大いに見習うべきものがあるのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月22日 (日)

さだまさし三昧

 20150222011

 

 昨日は、一日「さだまさし三昧」という事で、延々と8時間強、
NHK-FMを聴いて過ごしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 NHK-FMでは、「今日は一日○○三昧」と銘打った特集番組を時折放送しています。
 番組の趣旨は、『毎回1つのテーマにスポットを当て、1日たっぷり堪能してもらうFMラジオ番組』という事で、つい10日ほど前にも1日たっぷりプロ野球ソングを聴いて、一足早くプロ野球の開幕の雰囲気を楽しませて頂きました (^_^ゞポリポリ

 2時間とか3時間程度の特番なら、他にもいくらでも有ると思いますが、この「○○三昧」はお昼過ぎから夜の9時まで、途中ニュース等で30分の中断はあるものの、延々と1つのテーマで放送が繰り広げられます (^^)v

 という事で、昨日は「さだまさし三昧」という事でしたから、さだまさしを兄弟子と慕う落語家の立川談春をメインパーソナリティーに、さだまさしの熱烈なファンというNHK京都アナウンサーの網秀一郎の二人が、さだまさしに関するあれこれのエピソードを交えながら、完成したばかりのNHK京都新社屋から、さだまさしの魅力を存分に生放送してくれました ヽ(^◇^*)/

 

 延々、8時間15分もさだまさし一色で放送したら、さぞかしたくさんの曲がかかったのだろうと思われると思います。
 そういう私も、100曲近くはかかるかなと思って聴いていたんですが、実際にかかった曲数は僅かに35曲のみ・・・ (^◇^;)

 具体的なプレイリストは割愛しますが、ご覧になりたい方は番組のHPでご確認下さい (^^ゞ

 普通、1時間もあれば10曲前後はかけられると思うので、8時間以上もさだまさし一色で放送していながらどうして1時間あたりの曲数が4曲と少ないんだろうと訝かしんでいる人も少なからずいらっしゃるだろうと思うのですが、理由はメインパーソナリティを務めた立川談春にあります (^_^;
 さすがに噺家らしく、まぁよくしゃべること、しゃべること・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ
 さだまさしをテーマに放送するわけですから、「音楽番組」だろうと思って聴いていた私が甘かったというか、アレではAMラジオに有りがちな一般の「トーク番組」と変りませんでした (__;)
 いわゆる、パーソナリティのトークとリスナーからのお便りを紹介しながら、その合間に申し訳程度にリクエスト曲をかけるというアレですな (^◇^;)

 

20150222013  それはともかくとして、私がさらまわし・・・ じゃなくて、さだまさしを知ったのは、高校1年生の時に聴いた「精霊流し」が最初でしたから、さだはもう40年以上も芸能界にいるワケで、私の50余年の人生の中でもさだまさしの占める割合はそれなりに大きなものがあります (;^_^A アセアセ・・・

 

 そうは言いましても、グレープ時代のさだまさしはそれほど好きだったというわけではありませんで、知っている作品も数えるくらいしかありませんでしたが、クラスメイトの影響を受け、多少はアルバムの作品も聴いて、さだの作品の奥深さを知るようになります。

 その後、グレープは解散、さだはソロとして再デビューする事になるわけですが、私が腰を据えてさだまさしを聴くようになったのはその頃からでしょうか・・・

 

 さだまさしと言えば、作品そのものももちろん素晴らしいわけですが、私のようにさだの話術に魅了されているファンも少なくないわけで、当時はFMでさだまさしのコンサートの模様が放送されるとよくエアチェックして聴いていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その後、ラジオのパーソナリティとしてそのキャラを存分に生かした番組も持つようになり、さだまさしの特異な一面を知る方も日本中に増殖することになり、今日に至ります (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20150222012

 

 実は、昨日の「さだまさし三昧」には続きがありまして、日付が変った24時05分からは、テレビのNHK総合で「今夜も生でさだまさし」が生放送され、こちらも合せて見ました (^◇^) 。。。ケラケラ

 実は、「今日(京)は一日さだまさし三昧」の中で、「さだまさしの歌の中で京都を舞台にした歌のベスト3」をリスナーから募集しまして、3位が33曲目にかかった「祇園会」、2位が34曲目の「春告鳥」ときて、いよいよ1位は・・・ というところで「風に立つライオン」がかかって時間切れとなり、1位の発表はテレビの「生さだ」に持ち越されるというハプニングが・・・ (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 どちらもNHKの番組ですから、もちろん連動を狙う企画もあったのでしょうけど、8時間15分も放送していながらどうして1位の発表が番組中にできなかったんだとお怒りの方も少なからずあったんじゃないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 という事で、「生さだ」の中で発表された、さだまさしが作った京都の歌、第1位は「昨日・京・奈良、飛鳥・明後日」という修学旅行をモチーフにした作品で、、実にさだらしい作品が・・・ というよりも、さだのファンはそういうツボをちゃんと心得ている方が多いという事がよくわかりました (^◇^) 。。。ケラケラ

 そして、スタジオの中でさだがギターを片手に生演奏で歌ってくれました ヽ(^◇^*)/
 この歌を聴いたのは、いったい何年ぶりのことになるのだろう・・・ (^^;

 

 まさに昨日は、さだまさし三昧の一日になりました (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月21日 (土)

国立

20150222001 20150222002

 

 東京の多摩地区に「国立市」という自治体があります。

 有名なのは、「国立音楽大学」でしたが、70年代の後半に現在の立川市内にキャンパスを移転したため、大学名に「国立」の地名が残るのみとなってしまいましたが、ここで言うところの「国立」は、「こくりつ」ではなく「くにたち」と読むので、ややこしいというか・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 そもそも、「国立」(くにたち)という地名ですが、昔からあったものではなく、大正の終わりにでっち上げられた比較的新しい地名ということで、そう考えれば「国立」「くにたち」と読むというのもわからないでもないかなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 どういう事かと申しますと、大正15年、中央本線のこの地に新しい駅を設ける事になった際、分寺駅」川駅」との中間だからという事で、両駅から一文字ずつ取って「国立駅」(くにたちえき)と名付けたという、よくある安直なハナシからできた地名なんですが、戦後になってこの駅の在る「谷保村」が町になる時に、すでに地元に定着していた「国立駅」の名前から「国立町」と命名されて今に至ります。

 

 しかし、先に挙げた「国立音楽大学」の例を出すまでもなく、私立大学なのにも関わらず、「国立」という地名が付いている事により、あたかも国が運営している公立の施設のような誤解を与えかねないことから、個人的にはどうなのかなぁと思っている一人でもあります (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 例えば、上の地図に載っている「国立中央図書館」「国立第五小学校」「国立郵便局」などは、知らない人が施設名を見たら国が運営している公的な施設だと勘違いしてしまうんじゃないでしょうか。
 だから誤解を避けるために、「国立中央図書館」は「くにたち中央図書館」と、わざわざかな表記にしたりしているわけです。
 そうでないと、千代田区の永田町にある「国立国会図書館」あたりの関連施設と思われかねないからだと思われます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 別に「国立市」に対してどうこういう気持ちは抱いておりませんが、もっと他の名前は思いつかなかったのだろうかと思わないワケでもありません (^_^ゞポリポリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月20日 (金)

やってみなはれ

 「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」

 これは、サントリーの創業者である鳥井信治郎が残した名言として、広く知られています。

 

 今、NHKの朝ドラで「マッサン」が放送中という事で、スコッチウイスキーに対する関心も高まっているようですが、サントリーもスコッチウイスキーにこだわって開発を続けて来た老舗酒造メーカーです。

 

 昨日の記事で、サントリーの売上高がキリンを上回ったことを書きました。

 今や、「サントリー」という名前を知らない日本人はいないだろうと思えるほど、日本を代表する大企業ではありますが、その一方で、いまだにサントリーは上場をしない同族会社である事はあまり知られてはいません・・・

 会社が株式会社という形態をとる以上、より大きな規模の会社を目指すためには上場をめざし、資金調達を容易にしたいと思うのは当然の成り行きだと思います。
 現に、私たちが名前を知っているような有名企業の多くは上場をしており、日々新聞の株式欄などでも株価の動きが報じられています。

 にも関わらず、サントリーは創業以来、株式のほぼ全てを創業者一族である鳥井姓と佐治姓の一族が握っています。

 それでも、日本のトップ企業に名を連ねている事がスゴイと私なんかは思うんですが、世の中にはこういう不思議な会社が存在するんですねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 

 なぜ、サントリーが頑なに上場を拒み続けるのか・・・

 それがタイトルにも挙げた「やってみなはれ」に代表される、自由な社風です。

 

 とかく会社というものは、起業したての初期の頃は従業員の数も少なく、社長の意見が会社の意見として通りますし、社長も全ての社員や会社の事細かな内容までしっかりと把握しているものですが、次第に会社の規模が大きくなっていくにつれて、目の行き届かないところも出てきがちで、そうなると何をするにもいちいち上司の了解を取らなければいけないようになってきます。
 そりゃそうですよね、社員が勝手に何かをし始めたら、会社が成り立たなくなってきますから、組織を束ねるためにもコミュニケーションは必要不可欠です。

 しかし、株式を上場することにより、資金調達は容易になるものの、創業者の意に反する株主が発言力を増してくる可能性もありますし、創業者の意見がいつも通るとは限らないわけで、サントリーはこれを嫌って本家の株式上場を頑なに拒み続けているというわけです。

 

 「洋酒事業は仕込みから何年も寝かせる事が多い。短期的な利益を求められがちな上場企業ではサントリーとしてのこだわりを商品に生かすことが難しい」として、佐治信忠社長は非上場にこだわる理由を、かつてそのように述べていたという。

 他にも、かつて作るのは不可能だと言われてきた「青いバラ」の研究開発に15年も費やすなど、道楽と呼ばれかねない不採算事業も、非上場企業ゆえに続ける事ができたと言われています。

 

 創業者である鳥井信治郎が、ウイスキーの製造販売を始めようと思い立った当時、すでに会社の看板商品である赤玉ポートワインは軌道に乗っていたとはいえ、日本には馴染みのないスコッチウイスキーを作って売りたいというのは、当時の経営者達から見ればやはり一か八かのバクチに等しい無謀な事業にしか思えなかったと思います。
 しかし、「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」の言葉通り、兎にも角にもやってみたからこそ、今のサントリーの姿があるわけです。

 もし、サントリーが上場をしていたなら、創業当時のような自由な商品開発はできたのでしょうか・・・

 おそらく、株主達の反対にあって、採算が取れないと思われる商品は企画の段階で潰されていたのかもしれません (^_^;

 いまだに非上場にこだわり続けるサントリーという会社は、そういう意味では今時珍しい良心的な会社なのかもしれません。

 

 まぁ、私なんかに言わせてもらえれば、良心的と言うよりは、創業者一族による会社の私物化じゃないかとも思えるのですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月19日 (木)

群雄割拠

 酒類大手4社の2014年12月期連結決算が16日出そろい、サントリーキリンを抜いて初めて首位に躍り出たと報じられた。

 

 50代の私にとって、これは驚き以外の何ものでもなく、隔世の感が否めません・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 これは、会社全体の売上げですから、単にビールだけのシェアを言っているわけではなく、ビールなどの酒類はもちろん、清涼飲料水なども含めての結果ですから、BOSS伊右衛門などで有名なサントリーがそれなりに売上げを伸ばしても不思議はないのですが、私にとってサントリーは、やはりサントリーでしかないワケで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 私らが子どもの頃、ビールといったら「キリン」と相場は決まっていまして、キリンは圧倒的なシェアを誇るガリバー企業であり、ずっと一人勝ちを続けていましたから、まさかキリンが他社に追い越される日が来ようとは思ってもいませんでした。
 当時のビール業界のシェアは、ダントツでキリン、辛うじてサッポロが2位につけ、あとはその他大勢といった感じでした(笑い)

 それが、スーパードライの出現以降ビールのシェアはアサヒに首位を奪われて久しいですから、キリンが他社に売上げで追い抜かれるのも時間の問題だったのかもしれませんが、腐ってもキリンはキリンであり、まさか総売上げでキリンが他社に抜かれる日が来るとはねぇ・・・ (ノ_-;)ハア…

 ここ数年、酒類大手4社の中で、アサヒ、サントリー、サッポロの各社は辛うじて前年比増を続ける中、キリンだけが売上げを減らしているという、「一人負け」の状況が続いており、キリンだけが販売戦略を誤った感が否めません。

 まぁ、これまでキリンの一人勝ちが続いていただけに、キリンが売上げを減らしている分、他社がジワリジワリと売上げを伸ばしているだけなのかもしれませんが(苦笑)
 いわゆる、酒類大手4社が揃って並び立つ時代が来たのかもしれません。

 

 個人的には、子どもの頃からサッポロのファンですから、キリンとかサントリーとかはどうでもいいハナシではありますが、サッポロが売上げを伸ばすためには他社の落ち込みは大歓迎です (^◇^) 。。。ケラケラ

 本来は、他社の不幸を願うより、アサヒのようにサッポロの一発逆転を期待したいのですが、思いとは裏腹に、なかなかねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 あ、子どもの頃からのファンとは言っても、子どもの頃からお酒を飲んでいたわけではありません、念のため ヾ(;´▽`A``
 子供の頃は、単にCMでサッポロが好みだったというだけの事です(苦笑)

 そのあたりの事は、8年前に書いた「ビール」という記事でどうぞ・・・ ( ^-^)/ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月18日 (水)

三つの首

 なんとなく気味の悪いタイトルではありますが、三つの首とは「首」「手首」「足首」の事を指します (^^ゞ

 

 立春を過ぎたとはいえ、まだまだしばらくは寒さが続きます。
 そんな寒い日に、皆さん方の防寒対策はいかがなされているのでしょうか・・・

 防寒対策の基本は、身体を冷さないこと。
 そして、身体を温めることです。

 

 三つの首の部分は、比較的皮膚が薄く、その薄い皮膚の近くを太い動脈が通っていますから、ここを外気に晒していると動脈の中を流れている血液が冷され、冷された血液が全身に回ることにより体温も下がってしまうことになります。

 逆に、三つの首を温めれば血液も温まり、全身も暖かくなってくるというわけです (^^)v

 そのためにも、マフラーや手袋、靴下などの防寒具で三つの首をしっかりと保護し、外気から遮断することが肝心になってきます。

 

 また、中にはホッカイロのような使い捨てカイロをご利用なさっている方も多いと思いますが、そんな時、身体のどこにカイロを当てるのかでも身体の温まり方が違ってきます。

 もちろん、いくつもカイロがあるのなら全身に貼り付ければ良いのでしょうが、現実的にはそうもいかないわけで、2個とか3個とかの必要最小限のカイロを有効に用いる必要があります。

 多くの方は腰とか背中とかお腹とか、そういう場所に当てているのではないかと思うのですが、そういう場所に貼っても暖まるのはカイロを貼ったその部分だけで、全身はそれほど暖まりませんが、例えば両足首にカイロを当てると、たった2個でも、驚くほど全身が温まってくると思います。

 理由は言わずもがなですが、足首を温めることで動脈を流れる血液が温まり、それが全身に回ることで身体全体が暖かくなるというわけです (^^)v

 同じ事をするなら、より効率的に使う方がカイロも役に立ったと喜んでくれるのでは (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月17日 (火)

テレビレコーダー

 先日、我が家で使っているテレビレコーダーが壊れてしまいまして・・・ (ノ_-;)ハア…

 といっても、テレビ番組の録画や再生はなんの問題もなく今まで通りに行えるわけで、さほどさし迫っているというほどのコトでもないのですが、「壊れた」ということで気になっているのもまた事実だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20150215002 20150215003

 

 どこがどう壊れたのかというと、上の写真のように、DVDのトレイがどこをどうやっても閉じなくなって、始終開きっぱなしになるというものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 一応、「閉じる」の操作をすると、ス~ッと中に収納はされるんですが、直ぐにフタが開いてトレイが飛び出してくるので、何らかの機械的な故障か誤動作の類だとは思うんですが、使っていて実に具合が悪くて・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 DVDを使わない限り、使用上は特に問題はないのですが、HDDに録画した番組をDVDに落とすことができなくなったのと、トレイがいつも開いているので体裁が悪いのとで、どうしたものかと現在思案中です(苦笑)

 

     20150215001

 

 我が家で使っているテレビレコーダーは、東芝のRD-E300という機種で、2007年の7月に購入した物です。

 下段にも同じ東芝のテレビレコーダーが設置してありますが、こちらは2005年の6月に購入した初めてのHDDレコーダーで、それまで使っていたVHSのビデオと比べると、使い勝手の良さが格段に違い、驚いたものですが、いかんせん、地デジ対応にはなっていないので、一応地デジチューナーをつないではありますが、今はほとんど使うことはありません。

 という事は、今回壊れたテレビレコーダーはもう8年、下のテレビレコーダーに至っては10年間も使い続けているコトになるわけで、多少不調を訴えてもやむを得ないのかなと思っています (;^_^A アセアセ・・・

 

 実は、今回の故障は突然起きたわけではなくて、2~3年前から閉まりが悪いというか、1度では閉じてくれなくて、今回のようにトレイが飛び出してくることが時々ありまして、そんな時にはトレイが出てくる度に「閉」のボタンを押していると、何度目かにはトレイが収納されてDVDが使えるようになったもので、今日まで騙し騙し使い続けてきた経緯があったわけですが、さすがに今回はそれもダメのようで、残念ながら完全に壊れてしまったようです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 それはともかくとして、テレビを録画するビデオレコーダーは、かつてはVHSに代表されるビデオテープを使うのが一般的だったわけですが、最近は内蔵されたHDDに記録するタイプが主流で、使い勝手もビデオテープとは比べものにならないくらい優れています。

 その第一が、「追っかけ再生」といわれる機能が当たり前にできる事で、録画しながら同時に再生することができる事がこんなに便利だとは思いませんでした (*^.-^*)♪

 今までですと、録画が終了するのを待ってからでないと録画した番組を見る事ができなかったわけですが、追っかけ再生ができる事で、帰宅して直ぐに録画した番組を最初から見る事ができるようになりました (^^)v

 家電の進化は止まることを知らないようで、次から次に新しい機能が開発され、ドンドン便利になっていくのは有り難いとは思うものの、家電を買い換える度に操作を覚えるのが正直たいへんで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ですから、今回買い換える事になったとしても、たぶん同じ東芝のテレビレコーダーを選択することになると思うのですが・・・ (^_^;
 というのも、同じメーカーの機械なら多少戸惑うことがあるにせよ、似たような操作で使う事ができると思うからなんですがね(苦笑)

 

 ただ、買い換えるのはやぶさかではないんですが、テレビ台の裏側にゴチャゴチャと這っているアンテナ線や電源コード、信号ケーブルなどを、もう一度抜いたり挿したりしなければならないのかと思うと、修理をするにしても買い換えるにしても、台の中からテレビレコーダーを引っぱり出すのが億劫でね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それで今までガマンして使い続けてきたワケなんですが、いっその事電源が入らないとかの致命的な故障でもしてくれれば諦めもついて重い腰を上げようという気持ちにもなると思うんですが、さて、今回はどうしたものか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月16日 (月)

傘がない

 昨日、FMで中森明菜の歌う「傘がない」を聴きました。

 

 「傘がない」は、井上陽水の初期を代表する作品であり、過去にも何人もの歌手がカバーしたと聞いています。
 しかし、パーソナリティの一人である田家秀樹氏は番組の中で、これほど情感たっぷりに歌われた「傘がない」はこれまでに聴いたことがないとまで言い切っていました。

 確かに、私もいいデキだなぁと思って聴きました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 中森明菜の歌唱力はデビューの頃から際だっていまして、私も歌の上手いアイドル歌手としてけっこう好きな方でしたが、この中森明菜の歌う「傘がない」は、これまで私が抱いていた中森明菜に対するイメージをはるかに超えていまして、「凄ぇ!」・・・ というのが正直な感想です (^◇^;)

 

 それはそれとして、「傘がない」が発表された70年代初め、フォークソングはもっぱら反戦歌として歌われていました。

 岡林信康の「友よ」や高田渡の「自衛隊に入ろう」などに代表されるように、反戦や風刺を自作の歌に乗せて声高に歌うのがフォークソングというものだと思われていた時代に、井上陽水の歌うこの「傘がない」や吉田拓郎の歌う「結婚しようよ」が相次いで発表されて社会を驚かせます。

 デートに行きたいのに傘が無くてどうしようかと思案している情けない男や、髪が肩まで伸びたら結婚しようと言っている軟弱な男など、それまでのフォークソングでは取り上げられることの無かった、実にたわいのない日常生活の一部分を取り上げ、歌にして歌うという、言うならば時代のターニングポイントとなったシンボリックな作品とでもいうのでしょうか・・・

 これらの歌を聴いた若者は、こんなどうでもいいような些細な事でも、歌として発表していいのかと驚き、そして雨後の筍のように、女々しいというか情けないというか、そういうプライベートな事をモチーフに作品作りをするアーティストが次々と登場してきます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんな軟弱路線を決定づけたのが、かぐや姫の歌った「神田川」でしょうか。
 若い頃に同棲をしていた貧しい生活を振り返るだけという、この実にセコくて惨めな内容の作品の大ヒットにより、フォークソングは「反戦歌」から「四畳半フォーク」と呼ばれる、私小説的な内容を歌うものへと大きく舵を切っていくことになります。

 もちろん、私はこの「四畳半フォーク」を聴いて育った世代ですので、これらの作品に対する想いもひとしおです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 という事で、中森明菜の歌っている「傘がない」を探してみたんですが、見つからなかったので井上陽水の「傘がない」を貼り付けてみました (^^ゞ

 機会があったら、中森明菜の歌う「傘がない」も、ぜひ聴いてみて下さい ( ^-^)/ ♪
 シビレますぜ~ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月15日 (日)

あったかいんだから

 近頃、「あったかいんだから~」というフレーズをよく耳にするので、灯油か暖房機器のCMでそんなのが流れているのかなと思っていたら、クマムシというお笑い芸人の持ちネタだったという事を、つい最近知りました (;^_^A アセアセ・・・

 

 私はバラエティ番組は好みではないというか、最近の芸人達のレベルに低さに嫌気がさして、見るのを止めてしまって20年くらいになりますから、今どんなお笑い芸人がいて、どんな芸を披露しているか全く存じ上げないのですが、この「あったかいんだから~」というフレーズには、正直心癒されています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いや、決してクマムシの芸に癒されているというワケではなく、単にこの「フレーズ」に・・・ですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 

 

 という事で、私も多少は気になっていた「あったかいんだから~」が、先日CDになってリリースされたと耳にしました (^^ゞ

 もともと、この歌があってあのネタになったのか、あのネタがウケたからこの歌をでっち上げたのか、そのあたりの事情はよくわかりませんが、好意的に思って聴いたからなのか、なかなか作品的にもいいデキなんじゃないかと思ってしまう私がいます・・・ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 何はともあれ、下にその新曲の動画を貼り付けてみました。

 2分弱ということで、ショートバージョンのようですが、よかったらチョッと聞いてみて下さいな ( ^-^)/ ♪

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月14日 (土)

ひな飾り

     20150214001

 

 一昨日、我が家ではおひな様を飾りました (*^.-^*)♪

 家内が実家から持ってきたひな飾りで、私が独り暮らしをしていた頃には、当たり前ではありますがこういう事は一度もしたことが無いので、家の中が華やかになった感じがしてとてもいいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 実は、このひな飾りは家内が生まれた時にお父さんが買ってきてくれた物だということで、半世紀以上も毎年毎年飾ってきた家内にとっては、思い出深い宝物だという事で・・・ o(*^▽^*)o~♪

 高さも30cmに満たないコンパクトなひな飾りですが、内裏雛はもちろん、三人官女五人囃子、さらには左大臣右大臣、そして仕丁まで、15人が勢揃いした本格的な五段飾りです (^^)v

 いずれもしっかりと作られた木目込人形で、職人の技が存分にふるわれた逸品です o(*^▽^*)o~♪

 

     20150214002

 

 狭い部屋に飾るひな飾りといえば、男女一対の内裏雛だけを飾った親王飾りを選ぶご家庭が一般的には多いんじゃないかと思えるのですが、家内のひな飾りを見ていると、小さくても良い物を娘に買ってあげたいという親心がひしひしと伝わってくるので、毎年見ていてほのぼのとさせて頂いてます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月13日 (金)

デュアルディスプレイ

     20150213001

 

 写真は、私が寝室で使っているノートPCです。
 そして、ノートPCの左側にあるのは、液晶ディスプレイです。

 

 実は一昨日の祝日、特にすることもなかったので手持ちの余っている液晶ディスプレイをノートPCにつないでみました。
 いわゆる、マルチディスプレイと呼ばれているシステムですが、この場合はディスプレイが2台ですから、一般的には「デュアルディスプレイ」と呼ばれています (^^)v

 なぜこんなコトをやってみたのかというと、ノートに付いている液晶ディスプレイが15インチということで、解像度も1024x768しかなく、いつも見慣れている23インチワイドから比べると若干物足りなくてね (^_^;

 そこいくと、今回つないだ液晶ディスプレイは、一応17インチで、解像度も1280x1024ありますから、多少は画面も広くなって見やすくなるんじゃないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20150213010 20150213009

 【17インチ】        【15インチ】

 

 それが上の写真で、左側が新しくつないだ液晶ディスプレイ、右側がノートに付いている液晶ディスプレイです。
 どちらも同じ画面を表示しているのですが、僅か2インチの違いではありますが、両者の表示能力にはこれだけの違いがありますから、やってみただけの事は確かにあったなと (^^)v

 

20150213006 20150213007 20150213008

 

 ただそれだけなら、液晶ディスプレイを2台並べて使うほどのメリットはそれほどありませんが、上の写真のように左右の液晶ディスプレイの間を画面が行ったり来たりできますから、それぞれのディスプレイに別々の画面を表示させることもできます (*^.-^*)♪

 これは思っている以上に便利で、ノートの画面を見ながら新しくつないだ液晶ディスプレイで編集したりすることも可能です (^^)v

 ノートPCだと、最初から液晶ディスプレイがつなげるように外部端子が付いている機種も多いですから、液晶ディスプレイと接続コードさえあれば面倒な事は何もなく、簡単にデュアルディスプレイを実現することができますよ。

 

 なんとなく、いつものノートPCがグレードアップしたみたいで、とても気分が良いです o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月12日 (木)

パブロン

 どうやら昨日、風邪を引いてしまったようで、鼻が詰まってしまい、喉も少し痛いし微熱もあるようで・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 鼻が詰まっているので鼻水は出ないんですが、なんとなく鼻がムズムズするので、ボックスティッシュが手放せない一日になってしまいました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 元々、昨日は祝日だったので、仕事の予定も無く、一日ティッシュを傍らにボ~ッと過ごしました(苦笑)

 

20150212001  そんな時、私の強い味方になってくれるのが、大正製薬のパブロンゴールドA微粒で、昔から風邪を引くとコレを飲んできました (^_^;

 別に薬にこだわりはないつもりなんですが、なんとなくこれを飲めば一発で効きそうな感じがして、風邪といえばいつもコレを飲むようになって30年くらいになります (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ただ、パブロンでも錠剤は好みではなく、いつも微粒を買って飲んでいます (^◇^;)

 気持ちの問題ではありますが、「錠剤」よりは「粉薬」の方が効きそうな感じがするのがその理由なんですが、実際には同じ成分のはずですから錠剤でも同じような効き目があるはずなんですが、「病気」というのは読んで字のごとしで、「身体の病」というよりは「気の病」というコトの方が実際には少なくないわけで、効くと思って飲む薬と、もしかして効かないんじゃないかと思って飲む薬とでは、自ずとその効果が違ってくると私は思っているので、私には一番効くと思っているパブロンの微粒をいつも買ってくるのが常です。

 

     20150212002

 

 同じように、私が効くと思って常備している薬は、大幸薬品の正露丸と、エーザイのサクロン顆粒で、特に大幸薬品の正露丸なんて私が子どもの頃から飲み続けているワケで、少なくても半世紀くらいはずっとお世話になっている薬です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 ※今日の記事は、あくまでも、私個人の感想であり、薬の効果には個人差があります(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月11日 (水)

冬物処分

20150211001 20150211003

 

 写真は、先日都内で見かけたペットショップです。

 別にこのペットショップがどうのというワケではないんですが、入口に「冬物大処分」という大きな貼り紙があるのが目に入りましてね、
「へ~、ペットショップにも冬物処分があるのか・・・」と可笑しくなりまして・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 「冬物処分」といえば、相場は衣料品業界と決まってまして、私なんかはセーターや防寒用品などの在庫処分をイメージしてしまうんですが、季節とはあまり関係ないと思えるペット業界でも、冬物処分が行なわれているとは知りませんでした (;^_^A アセアセ・・・

 で、ペット業界には疎い私が、アレコレと妄想を膨らましてみたんですが、どうにもペットと季節物というのが結びつかなくてね、いったいナニを安売りするんだろうと・・・(苦笑)

 

 そこいくと、私よりはずっと頭の柔らかい家内が言うのには、おそらくペットに着せる衣類のバーゲンなんじゃないかと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なるほど、そう言われればそうなのかもと・・・(苦笑)

 

 う~ん、今やペット達も季節に応じてファッションを気にする時代に入ったんでしょうかね (ノ_-;)ハア…

 私も大の猫好きを自称してはいますが、我が家で飼っている愛猫はそんな着せ替えとは全く無縁ですから、なにをバカな事をやっているんだろうかと呆れてしまうばかりなんですが・・・ (^^;

 

 当の犬や猫たちにしてみれば、飼い主の都合でアレコレ服を着せられるのと、我が家のようにずっと同じ一張羅を着ているのと、どちらが幸せなんでしょうかね (^◇^;)

 私は、ペットに服を着せるというのは、どうにも理解できない愚行にしか思えないんですがね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月10日 (火)

夢猫

 昨日、ラジオを聴いていて、「夢ねこセレブ」というモノの存在を知りました。

 「夢ねこセレブ」は、セガトイズが製作販売しているネコ型ロボットだそうで、ホンモノそっくりにできていて、ある程度自分で考え、動き、鳴いたりするそうですが、ラジオではどんなに一生懸命説明されてもよくイメージできなくてね (;^_^A アセアセ・・・

 

 

 という事で、帰宅してからネットでググってみたのが上の動画です (*^.-^*)♪

 さすがに歩き回ったりはしないようですが、首を傾げたり、瞬きをしたりと、その動きに不自然さを感じるようなことはほとんど無くて、我が家で猫を飼っていなければ、マジで欲しくなってしまうだろうと思えるくらい可愛いロボット猫でした (;^_^A アセアセ・・・

 ネコ型ロボットといえば、有名なのは「ドラえもん」ですが、そこまでとはいいませんが、夢ねこセレブもなかなか良くできていると思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

     20090606023

 

 写真は、我が家にある作り物の猫たちですが、大きい方は電池を内蔵しており、音に反応して「ニャ~」と鳴くことができます(笑い)

 まぁ、千円の安物ですから、鳴くといっても夢ねこのようにバラエティに富んだ鳴き声は出せず、一種類の鳴き声しか出ませんが、そんなでもけっこう可愛くてね (^◇^) 。。。ケラケラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 9日 (月)

駿河行 2015

 この週末、私ら夫婦は駿河の健康ランドに一泊してきました。

 家内の誕生日が2月なので、この時期は毎年ここに来て、の~んびり、ゆ~ったりと、温泉三昧と洒落こむ事にしています o(*^▽^*)o~♪

 

 今年の駿河詣では、土曜日の9時過ぎに成田の自宅を出発し、高速道路を乗り継いで、15時過ぎには宿泊先の健康ランドに到着 (^^)v

 さっそく温泉でひとっ風呂浴びた後、寿司処に移動してまずビールで乾杯 (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その後、カラオケBOXと居酒屋でもトコトン飲んで食べて、満腹に (^◇^) 。。。ケラケラ

 毎度のことですが、この日ばかりは家内と二人で楽しみまくります (^^)v

 いわゆる、「命の洗濯」といった趣ではあるのですが、私らのように暴飲暴食をしていては、せっかくの駿河詣でも、命の洗濯どころか、逆に寿命を縮めることになりかねないので、どんなもんなんでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 という事で、昨日は 7時前までぐっすりと寝た後、熱~い温泉に入って目を覚まし、朝食バイキングでお腹はパンパン (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 朝食はいつも軽めなんですが、どうして旅館とかホテルで食べる朝食というのはあんなに食べる事ができるんでしょうか・・・(笑い)

 

 予定通り、10時にチェックアウトした後、土砂降りの雨の中、国道1号線で沼津港に向かいました。

 先日テレビで「沼津港深海水族館」を紹介していたこともあり、通り道ですからチョッと寄って観てこようということになりまして・・・ (^_^ゞポリポリ

 雨にも関わらず館内はけっこう混んでいまして、意外と人気があるんだなぁと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

     20150209001

 

 水族館の例に漏れず、様々な深海生物が水槽の中に展示されているんですが、私らが一番ビックリしたのは冷凍保存されたシーラカンスの実物展示でした (゚◇゚;)!!!
 名前は知っていますが、レプリカとかではなく、実際に海の中を泳いでいた個体が目の前に展示してあるというのは本当に驚き以外の何ものでもありません。
 シーラカンスを観るだけでもこの水族館に行った甲斐があったなと (^^)v

 しかし、シーラカンスって、あんなにデカイ魚だったとは思いませんでした・・・ (^^;

 

20150209002  当初の予定では、敷地のそばにいくつもある海鮮料理店の一つに入って昼食を食べるつもりでいたのですが、朝食バイキングを食べたせいでお腹は満腹、少しも食欲が湧いてこないので、雨も降っていることだし、そのまま沼津ICに向かうことにしました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 毎度のことですが、私らの観光が予定通りに進むことはめったにありません(苦笑)

 

 という事で、今年の駿河詣でも家内と二人、存分に堪能させて頂きました o(*^▽^*)o~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 8日 (日)

言わんこっちゃない

 今年のNHK大河は「花燃ゆ」という事で、幕末の長州を舞台に、吉田松陰の妹「(ふみ)」を主人公に物語は進む・・・

 

 ところが、初回の16・7%を皮切りに、第2話は13・4%、第3話は
15・8%、第4話が14・4%と、視聴率は苦戦を続け、とうとう先週の
第5話は12・8%という、歴代の大河ドラマとしては危機的な数字を記録したと報じられた・・・

 大河ドラマ史上、ワースト視聴率を記録した12年の「平清盛」でさえ、
12%台まで落ち込んだのは第12話だったという事で、第5話でのこの数字は、もはや企画そのモノが失敗だったと言わざるを得ないのではないか・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 そもそも、吉田松陰が主人公というのならともかく、その「妹」なんてほとんど世には知られていないわけで、13年の「八重の桜」同様、誰も知らない女性を大河で取り上げても、数字は稼げまいと製作発表の時点で私は思ったものですが、まさにその不安が的中した感じです。

 皆さん方の中で、「吉田松陰の妹」のことを少しでもご存じの方がいらっしゃったら、スゴイと私は思っています。
 正直、私は吉田松陰に妹がいたことさえ知りませんでしたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 始まったばかりで、こういう事を言うのもどうかと思いますが、どうしてこんな陽の当たらない女性にスポットを当ててみようと思ったんでしょうかね (^_^;

 「大河」は腐っても「大河」であり、太く大きな流れを取り上げて描くのが本道じゃないんでしょうか。

 だとすれば、「八重の桜」「花燃ゆ」も、私から言わせてもらえれば、本流を大きく外れた支流を描いた、例えるならスピンオフみたいなドラマなのではないかと思う次第です。

 スピンオフで1本の作品を作り上げるというのは、取り上げられる脇役にもそれなりの魅力がなければ観客を惹きつけるコトは難しいわけで、「文」にそれだけの魅力があるとは私にはどうしても思えないのですよ (ノ_-;)ハア…

 

 一応私も毎週見てはいますし、おそらくはこれからも見続けるだろうとは思うのですが、こういう脇役にスポットライトを当てたスピンオフというのは、単発のスペシャルドラマでならともかく、一年間という長いスパンで放送し、その間視聴者を引きつけ続けるのはムリがあるんじゃないかと思う次第です (^^;

 

 というコトで、今週以降の「花燃ゆ」の動向に注目したいと思います。

 いくらなんでも、途中で打ちきりということは考えられないと思いますが、数字が上向きにならない限り「失敗作」という烙印を押されるのはやむを得ないんじゃないかと・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 7日 (土)

おにぎらず

 先日、ラジオを聴いていて「おにぎらず」ということばを覚えました(笑い)

 「おにぎり」なら知っているけれど、「おにぎらず」っていったい何だ (?。?)

 ・・・という事で、興味津々で聴いていたら、「握らないおにぎり」だから「おにぎらず」なんだと・・・ (^◇^;)

 

 ラジオだから、説明を聴いてもいまいちイメージできなかったんですが、人気漫画の「クッキングパパ」が火付け役だったという事で、チョッとググってみれば、下のような画像がご覧いただけるんじゃないかと・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20150205001

http://curet.jp/article/3000

 

 いかがですか (*^.-^*)♪

 例えるならば、ご飯で作った「サンドイッチ」という趣なんですかね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 昨日の記事でも書きましたが、私は毎日おにぎりを持って出かけるので、おにぎりはよく知っていますが、おにぎらずはイマイチよくわかりません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 単に食べたことがないからピンと来ないだけなのかもしれませんが、どうにもイメージできなくてね (^^;

 皆さんはどう思います?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 6日 (金)

海苔の日

     20150206001_2 

 

 今日2月6日は「海苔の日」になっているそうです。

 なぜ今日が「海苔の日」なのか・・・
 その理由は割愛しますが、そういう事はともかくとして、千葉県海苔とは切っても切れない深い縁があるという事を知って頂きたくて今日の記事になりました。

 

   20150206002

 

 海苔の名産地は日本国内にいくつもありますが、有名なのは有明とか瀬戸内とかの西日本が中心ですが、東京湾も忘れてはならない海苔の生産地です (^^)v

 「浅草海苔」ということばを耳になさったことはありませんでしょうか・・・

 「浅草海苔」と言ってはいますが、浅草で海苔を生産しているわけではなく、主に東京湾で収穫された海苔を一手に商っていたのが浅草の問屋だったという事で、「浅草海苔」の名前が全国区になっていったようですが、その生産地はナニを隠そう千葉県産がメインという事になっています (^^)v

 木更津や富津、船橋などが代表的な千葉県の海苔生産地ですが、千葉県の生産量は日本全体の5%程度という事で、ささやかなものです (^_^;

 しかし、生産量は少なくても千葉県の海苔はダントツの品質を誇っており、だからこそ「浅草海苔」は一つのブランドとして確固たる地位を今も誇っているわけです (^^)v

 

 それはともかくとして、千葉県海苔との関係は他にもありまして、世帯あたりの海苔消費金額が平成23年から3年連続で千葉市が日本一になりました。

 残念ながら、つい先日発表された26年の消費金額は川崎市が4年ぶりに日本一を奪還し、千葉市は2位の座に甘んじました (^_^;

 

 私は成田市在住ですから、千葉市の消費金額には含まれませんが、我が家の海苔の消費量も一般の家庭よりは多いと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 なにしろ私は毎日のように家内が握ってくれたおにぎりを持って仕事に出るのが常なので・・・ (^◇^;)

 朝食として1個、昼食として2個、計3個のおにぎりを毎朝家内が握って持たせてくれます o(*^▽^*)o~♪

 なぜおにぎりなのかといえば、おにぎりなら運転しながらでも食べられますからね (^^)v
 これがお弁当となると、走りながら食べられないわけではありませんが、やはり危ないのでどこかに止まって食べる事になるワケで、止まっているその10分とか20分がもったいないと思ってしまうので、どうしてもおにぎりのお弁当が中心になってしまいます (^^;

 

 皆さんは海苔はよく食べる方ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月 5日 (木)

松山庭園美術館

20150204001  先日の日曜日、いちご狩りに行った帰り道、九十九里の匝瑳市内にある「松山庭園美術館」に行ってきました。

 この「松山庭園美術館」は、芸術家の此木三紅大のアトリエを公開したものだそうで、仕事で旭市や銚子方面などに向かう際、道端に立っている「松山庭園美術館」という看板が目に入り、以前から気になっていた場所でもあります。

 と申しますのも、周囲はのどかな田園風景ですし、美術館の周辺は小高い山になっていますから、そういう田舎にポツンと「美術館」が在るといわれても、にわかには信じられないというか、いったいどんなところなんだろうと、大いに訝かしんでいたというのが正直なところです・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、機会があったら一度見てみたいなと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

 私自身は芸術にはトンと不案内で、それほど興味も無いんですが、6年前にも佐倉市内にある「川村記念美術館」に家内と二人で行ってきたことがあり、ブログでもご報告させて頂きました。

 千葉県内には、中心地である千葉市以外にも、このような感じのこぢんまりとした美術館がいくつかありまして、そういうところを見て回るのも一興かと思います (^_^ゞポリポリ

 

     20150204003

 

 それはともかくとして、この「松山庭園美術館」ですが、さすがに田舎に在るだけあって閑散としているというか、美術館までの道路も農道といった風情の細々としたものですし、周囲に民家の一軒すらありませんから、この美術館を目的に車を走らせないとたどり着けないというくらいへんぴな場所に建っていました (;^_^A アセアセ・・・

 それでも、館内では此木夫妻の丁寧で暖かなおもてなしを受け、とても好印象を持ちました (*^.-^*)♪

 此木氏は猫がお好きのようで、敷地内や館内でも何匹か飼い猫が歩き回っていましたし、作品にも猫をモチーフにしたものが多数見られました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 20150204002_2 

 

 入場券にも、ご覧のように此木氏の作品と思しき猫が描かれています(苦笑)

 

 冬ということもあって、広い園内は淋しくもありましたが、春とか秋とかに訪れたならかなり美しい庭園なんじゃないかと思われるので、今度はそういう季節に訪れてみたいと思います (^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015年2月 4日 (水)

ケース販売

   20150131011_2

 

 写真は、ネッ友さんに教えられて知った格安ワインです。

http://item.rakuten.co.jp/cellar/1452012/#1452012

 

 1リットル入りの赤ワインが12本入りで6千円という事で、ネッ友さんはすでに何度も購入していて、手元の在庫が無くなるとまた注文するんだそうで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 そんなに美味しいのなら、我が家でも一度買ってみようかという事になり、先日注文した品が手元に届きました (*^.-^*)♪

 

20150131012  私はワインは飲まないのでよくわかりませんが、家内に言わせるととても飲みやすいので、
おそらくはスペインのテーブルワインではないかと・・・

 本格的なワインから比べればチョイと物足りないそうですが、普段飲みの晩酌のお供としてなら申し分ないようなので、我が家でも無くなったらまた注文しようかと思っています (^^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 3日 (火)

マラソン三昧

 1日の日曜日、別府大分毎日マラソン香川丸亀国際ハーフマラソンが行なわれ、どちらもテレビ観戦させていただきました。
 といっても、いちご狩りに行っていたので、リアルタイムではなく、録画したのを・・・ですが (^^ゞ

 

 それはともかく、日本人選手と外国人選手との差はますます広がってきた感じは否めず、どちらのレースも優勝は当然のように外国人ランナーで、それでもフルの方はカネボウの門田浩樹が2位でゴールしてくれたものの、ハーフの方はというとコニカミノルタの菊地賢人が7位に入るのがやっとという状況で、見ているのが正直辛かったというか・・・ (__;)

 両方合わせて4時間以上も延々とレースを見ていたわけですが、特にコメントしたいようなことも語りたいようなことも無いくらい退屈なレースだったというのがホンネだったりします (;^_^A アセアセ・・・

 一生懸命に走ってくれた選手達にはたいへん申し訳ないんですがね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 それでも、別大マラソンには私のヒイキの中国電力から岡本直己田中宏樹が出ていまして、それぞれ5位と10位という成績でした。

 田中の方はともかく、岡本はさすがに中国電力のエースらしく、最初のうちこそペースメーカーの直ぐ後ろにピッタリと付いて走っていたんですが、徐々に徐々に離されていき、さすがにもうダメかな~と思っていたのに、なんとか食らいついて5位でフィニッシュしたのは驚きました (*^.-^*)♪

 一方の田中も、頑張っているのは認めるんですが、なんとなく影が薄いというか、どうしても岡本の陰に隠れてしまいがちで・・・ (__;)
 駒大時代は嫌らしいくらい粘り強い選手だったイメージがあるんですが、もう30代に入っちゃいましたし、このままフェードアウトしちゃうんでしょうか・・・ (__;)

 もったい感じがしているのは私だけではないと思うんですが・・・

 

 それはそれとして、別大マラソンのスタート前に瀬古俊彦が語った、辛辣なランナー評は、久々にマトモな事を言っていました(苦笑)

 『最近は駅伝さえ走っていれば雇ってもらって、給料も貰ってという、楽な方向にいってるんですよ。
 基本は、マラソンを走って、駅伝を走るっていうのが本当の実業団の選手です。
 ぜひマラソンを走らなきゃ、そういう気持ちで練習しないとマラソンの選手は育たない。』

 『長い距離が当たり前にならなきゃダメ。
 だが、今の子は長い距離を走るとスピードが無くなると思っている。
 気迫です!

 まったくその通りだと私も思います。

 箱根駅伝だって、世界に通用するマラソンランナーを育成するために創設されたわけで、駅伝の選手を育てるためにやっているわけではないんですよね。
 どうも、そこのところをはき違えてるんだな・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 駅伝からマラソンに転向するのではなくて、ハナからマラソンの練習をしながら、その片手間に駅伝も走るというのが基本だと私も思うんですが、最近の若い子たちはとにかく箱根を走りたいと思って練習しているわけで、これじゃダメですよ(怒り)

 女子が世界で通用するのは、箱根駅伝みたいな有名な大会が無く、長距離界で有名になるためにはマラソンしかないとわかっているから、それで有力なマラソン選手が育つんだと思いますよ。

 男子も、箱根で満足してないで、世界を見据えて練習してほしいですねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年2月 2日 (月)

苺とトライク

20150202001 20150202002

 

 昨日、家内といちご狩りに行って来ました。

 

 我が家の恒例行事とでもいうのか、毎年この時期には成田近辺のいちご園を訪れて新鮮なイチゴをお腹いっぱい食べることにしています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 私らがよく利用するのは、九十九里方面にある旭市の「川口いちご園」です。
 毎年そこでいちご狩りをしているのですが、昨年はチョッとイロケを出して、香取市内にある「いちごの杜」に行きました。

 今年はどちらにしようかと迷ったんですが、結局馴染みの「川口いちご園」に行くことにしました。
 個人的には、こぢんまりしていてもアットホームな点が気に入っているのでよく利用しています (*^.-^*)♪

 

20150203001 20150203002

20150203003 20150203004

 

 それはともかくとして、成田から旭市へと向かう途中、トライクが3台道端に止まっているのを見かけまして、さすがにトライクが3台一緒に居るところを見るのは珍しいので、その先にあるコンビニの駐車場に車を止め、彼等がやって来るのを待つことにしました (^◇^;)
 せっかくですから、写真に収めようと思って・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ところが、やって来たのは3台のトライクだけではなく、後から後から続々とトライクがやって来まして・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 どうやら、止まっていた3台は遅れた仲間を待っていたようで、トライクの数は少なくみても15台くらいはいたと思います。

 ハーレーなんかだと、そういう大人数のツーリングを見かける事は少なくないんですが、さすがにトライクのツーリング集団というのは初めて見ました(苦笑)

 やり過ごした後で、いったいどこに行くんだろうとか家内と話し合っている時に、もしかしていちご狩りに行く途中だったりして・・・ナンて冗談で言ってたんですが・・・ (^^;

 

     20150203006

20150203005 20150203007

 

 あろう事か、目的のいちご園の駐車場に車を入れようとしてビックリ!!!

 あのトライクのツーリング集団がすでに大挙して停まっているじゃないですか (゚◇゚;)!!!

 家内と冗談で言っていたトライクのいちご狩りツーリングが現実のものになり、驚いたのなんのって・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まさか、ホントにトライクの大集団がいちご狩りに来るとは思いませんでしたよ (^◇^) 。。。ケラケラ

 お話を伺うと、毎年この時期にこの「川口いちご園」に来ているお馴染みさんだということで、それはそれでまたビックリしました (^^ゞ

 ナンバープレートを見ると、横浜あり、習志野あり、つくばありと、いろんなところから集まって来ているようで、ホントに楽しそうでしたよ。

 

 という事で、昨日はいちご狩りという事で出かけたわけですが、思わぬ出会いに興奮させてもらいましたよ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015年2月 1日 (日)

泣いてたまるか

 20150201001

 昨日の午後、BS12ch「泣いてたまるか」の放送をしていたので見ました。

 

 この「泣いてたまるか」は、「男はつらいよ」で一世を風靡した渥美清が主演の人情ドラマで、毎回脚本家が変わり、渥美清も毎回違う役柄で出演するという、1話完結のドラマでした。
 このドラマが、後に「男はつらいよ」へとつながっていくワケで、そういう意味では渥美清にとっても山田洋次にとっても、フーテンの寅の原点となった作品という事になります。

 

 放送開始が昭和41年4月からですから、半世紀近くも前のことになりますが、当時小学2年生だった私にもお気に入りのドラマで、私にとって渥美清は、「男はつらいよ」の寅さんではなく、この「泣いてたまるか」に出ていた主役というイメージの方が強かったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 それほど、この「泣いてたまるか」は、私にとっては「男はつらいよ」以上に思い出深い作品といえます。

 ただ、こういうドラマを毎週楽しみに見ていた小学生というのは、当時としてもなかなか渋かったなぁと我ながら思います (^◇^) 。。。ケラケラ

 

20150201002 20150201003

 

 10年ほど前に、デアゴスティーニから「泣いてたまるか」がDVDコレクションとして隔週で発売されたことがあり、私としても懐かしかったので、物好きにも全27巻を買い揃えたことがあります。

 写真は、予約購入特典として頂いたDVD収納BOXと、専用バインダーに綴じた解説書です (^^)v

 

 BS12chの放送は1月10日から毎週行なわれていたようですが、昨日番組表を見ていてたまたま気付いたので、昨日はすでに4週目になっていました (;^_^A アセアセ・・・

 残念だったなぁ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 という事で、「泣いてたまるか」の主題歌です (^^)v

 「男はつらいよ」の主題歌もイイですが、この「泣いてたまるか」の主題歌もなかなか味があって私は大好きです (*^.-^*)♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »