« 傘がない | トップページ | 三つの首 »

2015年2月17日 (火)

テレビレコーダー

 先日、我が家で使っているテレビレコーダーが壊れてしまいまして・・・ (ノ_-;)ハア…

 といっても、テレビ番組の録画や再生はなんの問題もなく今まで通りに行えるわけで、さほどさし迫っているというほどのコトでもないのですが、「壊れた」ということで気になっているのもまた事実だったりします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20150215002 20150215003

 

 どこがどう壊れたのかというと、上の写真のように、DVDのトレイがどこをどうやっても閉じなくなって、始終開きっぱなしになるというものです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 一応、「閉じる」の操作をすると、ス~ッと中に収納はされるんですが、直ぐにフタが開いてトレイが飛び出してくるので、何らかの機械的な故障か誤動作の類だとは思うんですが、使っていて実に具合が悪くて・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 DVDを使わない限り、使用上は特に問題はないのですが、HDDに録画した番組をDVDに落とすことができなくなったのと、トレイがいつも開いているので体裁が悪いのとで、どうしたものかと現在思案中です(苦笑)

 

     20150215001

 

 我が家で使っているテレビレコーダーは、東芝のRD-E300という機種で、2007年の7月に購入した物です。

 下段にも同じ東芝のテレビレコーダーが設置してありますが、こちらは2005年の6月に購入した初めてのHDDレコーダーで、それまで使っていたVHSのビデオと比べると、使い勝手の良さが格段に違い、驚いたものですが、いかんせん、地デジ対応にはなっていないので、一応地デジチューナーをつないではありますが、今はほとんど使うことはありません。

 という事は、今回壊れたテレビレコーダーはもう8年、下のテレビレコーダーに至っては10年間も使い続けているコトになるわけで、多少不調を訴えてもやむを得ないのかなと思っています (;^_^A アセアセ・・・

 

 実は、今回の故障は突然起きたわけではなくて、2~3年前から閉まりが悪いというか、1度では閉じてくれなくて、今回のようにトレイが飛び出してくることが時々ありまして、そんな時にはトレイが出てくる度に「閉」のボタンを押していると、何度目かにはトレイが収納されてDVDが使えるようになったもので、今日まで騙し騙し使い続けてきた経緯があったわけですが、さすがに今回はそれもダメのようで、残念ながら完全に壊れてしまったようです・・・ (ノ_-;)ハア…

 

 それはともかくとして、テレビを録画するビデオレコーダーは、かつてはVHSに代表されるビデオテープを使うのが一般的だったわけですが、最近は内蔵されたHDDに記録するタイプが主流で、使い勝手もビデオテープとは比べものにならないくらい優れています。

 その第一が、「追っかけ再生」といわれる機能が当たり前にできる事で、録画しながら同時に再生することができる事がこんなに便利だとは思いませんでした (*^.-^*)♪

 今までですと、録画が終了するのを待ってからでないと録画した番組を見る事ができなかったわけですが、追っかけ再生ができる事で、帰宅して直ぐに録画した番組を最初から見る事ができるようになりました (^^)v

 家電の進化は止まることを知らないようで、次から次に新しい機能が開発され、ドンドン便利になっていくのは有り難いとは思うものの、家電を買い換える度に操作を覚えるのが正直たいへんで・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 ですから、今回買い換える事になったとしても、たぶん同じ東芝のテレビレコーダーを選択することになると思うのですが・・・ (^_^;
 というのも、同じメーカーの機械なら多少戸惑うことがあるにせよ、似たような操作で使う事ができると思うからなんですがね(苦笑)

 

 ただ、買い換えるのはやぶさかではないんですが、テレビ台の裏側にゴチャゴチャと這っているアンテナ線や電源コード、信号ケーブルなどを、もう一度抜いたり挿したりしなければならないのかと思うと、修理をするにしても買い換えるにしても、台の中からテレビレコーダーを引っぱり出すのが億劫でね・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 それで今までガマンして使い続けてきたワケなんですが、いっその事電源が入らないとかの致命的な故障でもしてくれれば諦めもついて重い腰を上げようという気持ちにもなると思うんですが、さて、今回はどうしたものか・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 傘がない | トップページ | 三つの首 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

長い間ビデオデッキがあり活用していましたが、六年前に壊れて以来ビデオは使っていないです。今はDVDの再生機を持っていますが、録画は出来ないです。
(^-^;)

確かに、買い替えは予算とか取り付けの煩わしさを考えると、余程の緊急性がない限り後回ししてしまい勝ちです。

追伸:「傘がない」が当時の時代背景を何気に描写しているとは、小学生の頃から子供用の黄色い傘をあてがわれ、中学生の頃にビニール傘の普及を見て、傘の苦労を体験しないで済んだ我が身には勉強になりました。
φ(^-^*)
それにしましてもDVDといい、ビニール傘の普及といい物質文明の豊かを享受出来て、「現代人バンザイ」ですね♪
\(^-^)/

投稿: 力三郎 | 2015年2月17日 (火) 22:29

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 私なんか、テレビはおろか、洗濯機も冷蔵庫も、電気釜さえ無かった生活を知っていますし、幼い頃は電気そのものが無い生活も経験しています (;^_^A アセアセ・・・

 そういう時代から、一つ一つ文明の利器が家の中に増えていくのを見るにつけ、良い時代に生まれたとしみじみ思っています。

 今の多くの方は、生まれた時から様々な家電に囲まれた生活が当たり前に育ってきていますから、あまり家電の有り難さを感じることも無いんじゃないかと私なんかは思っています (^^ゞ

 VHSのビデオデッキが世に登場した頃、機械が20万円強、120分テープが1本千円以上もしましたから、庶民の身にはなかなか手が出なくてね、買うまで10年近くもかかったことを思い出します (^_^ゞポリポリ

投稿: 夢ピ | 2015年2月18日 (水) 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビレコーダー:

« 傘がない | トップページ | 三つの首 »