« 成田の梅まつり | トップページ | ラベンダー »

2015年3月 2日 (月)

青春のうた Best Collection その40

 みなさん、どうもです (^^)/
 今回も収録曲に沿って当時の思い出をつれづれに(^^;・・・
 お付きあい頂ければ幸いです。

 

 という事で、今回の収録曲は、私が中学2年生の頃の作品が中心です。
 奥会津の山村で、タミヤのスケールモデル作りに首までどっぷりと浸かっていた頃で、この頃はもっぱら歌謡曲を中心に聴いていました。
 ちょうど、吉田拓郎や井上陽水を始めとするシンガーソングライターが台頭し始めた頃で、耳新しいそういう歌に興味を持ち始めた頃です。

 

40 40a

 

   《収録曲》
 1:あの人の手紙/かぐや姫 72年4月発表
 2:何とかなれ/古井戸 72年3月発表
 3:サイクリング・ブギ/サディスティック・ミカ・バンド 72年6月発表
 4:黒いカバン/泉谷しげる 72年4月発表
 5:春は静かに通り過ぎてゆく/ロック・キャンディーズ 71年6月発表
 6:知床旅情/加藤登紀子 70年12月発表

 

 「あの人の手紙」は、もっぱら「愛の歌」を歌い続けたかぐや姫の、唯一といってもいい「反戦歌」です。
 初代かぐや姫には、さらに「あわれジャクソン」という反戦歌もあったりしますが、いずれにしてもかぐや姫の扱った題材としては数少ない異色の作品です。
 戦場へと招集されていった恋人の安否を気遣う女性の心情を切々と綴ったこの「あの人の手紙」は、かぐや姫のファンなら誰でも知っている名曲です。
 南こうせつ伊勢正三山田パンダという3人組のかぐや姫は、解散までに6枚のLPを発表していますが、その中の4枚に「あの人の手紙」が収録されている事実を見ても、かぐや姫にとってこの「あの人の手紙」は特別な作品だったという事が伺えます。

 

 「何とかなれ」は、フォークデュオとして活動していた古井戸の初期の作品ですが、古井戸といえば「さなえちゃん」のほのぼのとしたイメージが強い中、この「何とかなれ」はR&B色の強いバラードで、「さなえちゃん」しか知らなかった私なんかにはかなり違和感のある作品です。
 もっとも、当時はRCサクセションと並んで、シャウト系のボーカルを聞かせるロック系のフォークグループという位置づけだったという事で、そういわれればこの曲はそういう雰囲気の作品だなと (^^ゞ

 

 「サイクリング・ブギ」は、サディスティック・ミカ・バンドのデビュー曲です。
 サディスティック・ミカ・バンドは、加藤和彦がザ・フォーク・クルセダーズ解散後に結成したロックバンドで、加藤の他には、ドラムの角田ひろ、ギターの高中正義なども参加していました。
 その後間もなく、角田が脱退し、代わりに高橋幸宏がドラムで参加、ベースの小原礼も加わって正式なバンドになりました。
 その後も、小原礼の脱退にともなって後藤次利がベースで参加するなど、そうそうたるメンバーが参加した日本を代表するロックバンドでした。

 

 「黒いカバン」は、今も尖ったキャラがウリである泉谷しげるの初期の頃の作品で、警官に職務質問を受ける様子を皮肉たっぷりに歌っています。
 あまりにも泉谷のキャラにピッタリのこの歌ですが、意外にも作詞は泉谷本人ではなく、吉田拓郎によく詞を提供していた「旅の宿」で有名な岡本おさみだったりします (^◇^;)

 

 「春は静かに通り過ぎてゆく」は、アリスの谷村新司が結成したロック・キャンディーズの作品で、当初はPPMスタイルを目指していたといいながら、この作品にはすでにアリスのカラーが十分詰まっています。
 この作品が発表された翌年、谷村は堀内孝雄矢沢透とともにアリスを結成し、「走っておいで恋人よ」でデビューする事になります。
 ロック・キャンディーズの作品はほとんど知りませんが、なるほど、アリスの前にはこういう作品を歌っていたのかと (^^ゞ

 

 「知床旅情」は、加藤登紀子を代表する作品ではありますが、オリジナルは森繁久弥という事で、加藤登紀子版はカバー曲ということになります。
 当時、この歌はそこここで聞かれまして、人が集まると「知床旅情」を歌うのが定番とまではいいませんが、私も喜多方高校の山岳部の山行などに行った際、夜になると焚き火を囲みながら部員達とよく歌った記憶があります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 以上・・・(^^ゞ

|

« 成田の梅まつり | トップページ | ラベンダー »

音楽を語る」カテゴリの記事

コメント

「知床旅情」はカラオケの初期の時代、就職したての頃によく歌いました。
ほかに歌える歌がなかったので。

歌手はともかく、これ以外の歌は全く知らないので、コメントのしようがありません。(笑)

投稿: メイの家 | 2015年3月 7日 (土) 16:51

 メイさん、どうもです (^_^)/

 おっしゃることもよくわかります (^^ゞ
 私も、興味のない歌は全く知りませんから(苦笑)

 私らの世代だと、誰もが通るはずのビートルズでさえ、私はほとんど知らない有様です (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢ピ | 2015年3月 7日 (土) 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/61183307

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のうた Best Collection その40:

« 成田の梅まつり | トップページ | ラベンダー »