« 鉄婚式 | トップページ | 私の愛したPCたち »

2015年3月20日 (金)

梶原一騎

 3月18日、BS朝日で「昭和偉人伝」という番組が放送されまして、この日は梶原一騎を取り上げてくれました。

 

 梶原一騎 ・・・

 私らの世代なら、梶原一騎の名前を知らない男性は皆無と言っていいほど大きな存在で、読者にも大きな影響力を与えたマンガの原作者です。

 その代表作は、「巨人の星」「あしたのジョー」「タイガーマスク」等々、枚挙にいとまがありません。

 もちろん、私自身も小学生から中学生にかけて、梶原作品の数々をリアルタイムで読み、テレビアニメを見て育った一人です (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 そんな梶原作品の四方山話を、番組はアレコレと披露してくれまして、まぁ、大部分は私も知っているエピソードでしたが、新しく知ったネタもあったりして楽しめました (*^.-^*)♪

 その一つが、「巨人の星」の主人公である「星飛雄馬」の名前です。
 「星」という姓の方はタイトルともつながりがありますからわかるのですが、「飛雄馬」という名前は一般的ではありませんし、どうしてそういう名前にしたのかよくわからなかったんですが、梶原一騎の作品のコンセプトは「事件」「人間」を描くことであり、「人間」を英語で言えば「Human」となることから「飛雄馬」という名前になったそうです (;^_^A アセアセ・・・

 

 また、姓である「星」については、会津育ちの私には昔から一つの持論がありまして、そんな駄文を綴ったのが、8年前に書いた「会津の星」です。
 興味があれば、ぜひご一読願いたいなと (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 最後に、間もなく「昭和」という一つの時代が終わろうとする、
昭和62年に書かれたといわれる、梶原一騎の辞世の句を貼り付けて、記事を〆たいと思います。

 

 

     20150320011

|

« 鉄婚式 | トップページ | 私の愛したPCたち »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

「会津の星」も併せて拝見しました。
(^-^)v

自分とは世代が違う上に、キチンと見た事はありませんが、有名な昭和のスポ根漫画なので話は何となくわかります。(笑)
夢ピさんの言う仮説、私は好きです。(笑)

梶原さんか川崎さん
会津の出身者なんでしょうか?もしくは身内に会津の出身者がいるとか?

投稿: 力三郎 | 2015年3月20日 (金) 07:29

 力三郎さん、ありがとうございます (*^.-^*)♪

 梶原一騎も川崎のぼるも会津の出身ではありませんで、巨人の星の「星」は、少年マガジンの編集長と打ち合わせの後、送って行く時に見た満天の星空から思いついたタイトルということで、あくまでも語呂の良さから主人公の名前にも用いただけのようですよ (^^)v

投稿: 夢ピ | 2015年3月20日 (金) 17:20

巨人の星は子供の頃夢中になってみましたが、話がなかなか進まないのが難点でした。(笑)
それにしても「Human」から「飛雄馬」という名前にしたとは全く知りませんでしたねー。


「星一徹は会津出身」説、考えても見ませんでした。
「会津の人ガンコだからなし」というのがありましたが、私の周りはあんなガンコな人はいませんでした。(笑)

投稿: メイの家 | 2015年3月21日 (土) 17:18

 メイさん、どうもです (^_^)/

 「星」という身近に存在する苗字の主人公には、やはり親近感を抱きながら見ていました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 星一徹会津出身説は、私のオリジナルではありますが、我ながらおもしろいところに目を付けたなと悦に入っています (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢ピ | 2015年3月21日 (土) 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梶原一騎:

« 鉄婚式 | トップページ | 私の愛したPCたち »