« 郵政記念日 | トップページ | 恍惚の猫 »

2015年4月21日 (火)

中田英寿

     20150316001

 

 土曜日の夕方、BS朝日で「ザ・インタビュー」という番組が放送されまして、存分に楽しませて頂きました。

 

 18日の内容は、サッカー元日本代表の中田英寿を取り上げてくれまして、38才の今の素顔を余すところなく伝えてくれました。

 個人的には、中田英寿という人物をそれほど評価してはいませんで、特にドイツW杯のグループリーグで、ブラジル戦後にアッサリと引退してしまった事については、どうしても納得できずに今日に至ります。

 その辺りの事については、6年前に書いた「引退」という記事でご確認下さい。

 

 それはともかくとして、まだ十分に現役を続けられると思うのにサッサと引退してしまった中田英寿については、あまりいい印象を持ってはいませんし、引退後も何をしているのかほとんど報じられないまま10年近くが経ってしまい、ホントに何をやってるんだろうと呆れてもいたんですが、この番組を見て中田に対する考えが180度変りました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 やっぱり、中田英寿中田英寿だったんだなぁと・・・(苦笑)

 

 今回、私は実に穏やかに、柔和な表情でインタビューを受ける中田を見て、へ~、中田ってこんなに気さくな人だったんだという事で、これまで抱いていた「何を考えているのかわからない変人」というイメージが粉々に砕け散りました (^◇^) 。。。ケラケラ

 これは、インタビュアーが中田と親しい舘野晴彦だったからこそ、中田も今までほとんど人前では見せることのなかった「素顔」を披露してくれたのだろうと思うと、タマタマではありますが、良い番組を見たなという気持でいっぱいです o(*^▽^*)o~♪

 

 一番意外だったのは、中田ってかなり自己中で、ワガママな気分屋さんだと思っていたのが、けっこう人好きで、話し好きな人だということがわかったことです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 中田英寿が引退する時に、「自分探しの旅に出る」と言っていまして、私はこの言葉の意味がずっとわからなかったんですが、今回のこの番組を見て、なるほど、そういう事だったのかと、少しだけではありますがわかったような気がしました。

 

 番組の最後で、中田は「サッカーをやっていた人生を超える人生を創りたい」と語りました。

 サッカーは、今の自分になるために必要だったかもしれないけれど、これからの人生においても「元サッカー選手」という肩書きが必要だとは考えていないということで、「昔、そういえばサッカーをやっていたらしいですね」ナンて言われるような人生がいいなと(苦笑)

 

 ドイツW杯の直後に引退を発表した中田は、その後世界中を回っていろいろな人達と触れあい、語り合ったそうです。

 その時に感じたことは、自分が日本人だとわかると、誰もが日本のことについて様々なことを質問してきたんだそうで、それについてほとんど答えられない自分が恥ずかしかったと語りました。

 日本人なのに、日本のことについてあまりにも無知だったことに気付き、6年前から1台の車に乗って47都道府県を巡る旅に出たという中田・・・

 沖縄から始まり、一つの都道府県に費やす期間はおよそ一ヶ月。
 残すは北海道だけだと言っていました。

 その土地土地で出会う、様々な人達との交流からアイディアを得、形となったのがnakata.net cafeという事で、単にメニューとしての日本食ではなく、器や飲み物などを含めた「総合的な日本文化」として世界各地の人達に発信していくのが目標だという。

 

 う~ん、もしかして中田って、私が思っていたよりも、ずっと器の大きな人間だったのかもと思えてきましたよ(笑い)

|

« 郵政記念日 | トップページ | 恍惚の猫 »

マスメディア・芸能を語る」カテゴリの記事

コメント

「ザ・インタビュー」は観ていないので恐縮ですが、歳を重ねて丸くなったのでしょう。
当時はW杯初出場で、マスコミもファンも騒ぎすぎた気がします。彼もだけど彼を取り巻く周囲の環境もまだまだ成熟していなかったのかなとも思います。
(^-^;)

とは言っても、中田英寿と言ったら現役時代のイメージがつきまとうので、未だに受け付けないです。実績では日本のサッカー選手の中でもトップクラスなのでしょうが…。
(^-^;)

投稿: 力三郎 | 2015年4月21日 (火) 05:00

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 やはり、トシを重ねて丸くなったんでしょうか(笑い)

 あんな人懐っこい中田英寿を見たのは初めてです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2015年4月21日 (火) 05:47

私も中田英寿にはあまりよいイメージがありませんでした。
というのも、期待の割にはそれほど活躍はしなかった感じがして・・・。
キラーパス、というネーミングの割に、得点に繋がらなかったなあ。

一つの都道府県に一ヶ月滞在、そんな旅行を私もしてみたいけれど、宝くじでも当たらないととても無理ですね。(笑)

投稿: メイの家 | 2015年4月25日 (土) 20:41

 メイさん、どうもです (^_^)/

 中田は生まれるのが10年早すぎたのかなと思っています。
 中田のセンスにあの頃のメンバーは全くついていけませんでした。
 私なんかも、中田のパスは愛情の無いパスと思っていた事があるのですが、アレは愛情が無かったのではなくて、回りが中田の意図をくみ取る事ができず、反応できなかっただけだと後からわかりました。

 今の日本代表クラスの選手達なら、中田の意図を理解してゴールを挙げる事が十分可能だと思います (^^)v

投稿: 夢ピ | 2015年4月26日 (日) 03:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中田英寿:

« 郵政記念日 | トップページ | 恍惚の猫 »