« 利き方 | トップページ | 免許更新 »

2015年5月10日 (日)

メガネ

 昨日の記事で、利き手と利き足のハナシをしたので、今日はその続きという事で (^^ゞ

 

 「目」や「耳」にもそれぞれ「利き目」とか「利き耳」がありまして、例えば「目」ですが、私の場合、「目」は一応「右目」が利き目という事になっていますが、それは左目よりも視力が良いからという理由が大きく、望遠鏡を覗く時には自然と右目で見ているワケですが、ここでおもしろい実験をしてみましょう (^_^ゞポリポリ

 

20150510003  まず、左の絵のように両手の人差し指と親指で輪っかを作ります。

 次に両手を出来るだけ伸ばし、輪っかの中に遠くの何かが収るように両目で見ます。

 この状態で、片方の目を交互につぶります。
 見え方が変わらないほうが利き目で、輪っかから外れた方は利き目ではありません。

 このチェックでいいますと、私の場合は左目が利き目という事になり、もしそうであるならば「利き目」というのは視力とは無関係であることがわかります (^.^ゞポリポリ

 

 【Before】          【After】

20150510001 20150510002

 先にも述べましたが、私の場合、左右の視力に違いがありまして、それは一般に見られるような差ではなく、極端とも言えるほどのがあります。

 もちろん、メガネで矯正できない事はないんですが、そうなると左右のレンズの度数に相当の開きができてしまい、喩えるなら左右で高さの違う下駄を履いて歩いているようなモノで、そういう不自然なメガネを一日中使用していると、脳は一生懸命に左右の目で見た網膜の画像を重ね合わせようと頑張り続ける事になり、夕方とかに疲れが溜まって頭が痛くなる等の弊害が出るのではないかと医者に言われ、20代くらいの頃から左側は本来の度数よりはずっと弱いレンズを入れた伊達メガネもどきを使用しています(苦笑)

 それでも左右のレンズの厚さにはご覧のようにかなりの差がありまして、以前はかなり気になったものですが、最近はレンズ作りの技術も上がってきたようで、ご覧のようにそれほど気にならない程度まで薄く作れるようになりました (o^∇^o)ノ

 以前ですと、ガラスのレンズは屈折率が大きいのである程度薄く作る事ができたんですが、プラスチックのレンズではそこまでの屈折率が得られずに、ぶ厚いレンズしか作る事ができませんでした。

 ただ、ガラス製のレンズだと重くてね、かけていると鼻当てが当たるところが痛くなってしまうのが嫌で、私はずっとプラスチック製のレンズを使い続けてきたんですが、右と左でレンズの厚さに差があるのが嫌で嫌で仕方ありませんでした (^◇^;)

 でも、上の写真くらいの差であれば、それほど気にならなくて済みます (^^)v

 

 それだけ左右の目には視力の差がありますから、当然、なんちゃって度数の左目の視力はメガネをかけていても申し訳程度しかなく、もっぱら右目だけで物を見ているような状態なので、以前は運転免許更新の際に視力検査と合せて視野検査も受けるのが常でしたが、いつの頃からか一般の視力検査だけで済むようになって久しいです (^^ゞ

 

 私がメガネをかけるようになったのは中学2年生の頃からでしたが、中学生の頃は同級生達の目もあって恥ずかしくてね、普段はメガネはせずに、もっぱら授業中に黒板の文字が見えない時だけかけるようにしていました(苦笑)

 しかし、高校に入学したのをきっかけに、普段からかけるようになりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 喜多方高校は、私の村の在った学区とは別の、いわゆる越境入学でしたから、私のことを知っている同級生はほとんどいなかったので、メガネをしていても特に恥ずかしいとかいう思いをせずに済んだのがありがたかったなと(苦笑)

 

 以来今日まで40年以上、メガネは私の日常生活には無くてはならない必需品でもあります (^^)v

 もちろん、コンタクトという選択肢も無いわけではありませんが、頭の固い私には目の中に何か異物を入れるという事に非常な抵抗感があり、今まで一度もコンタクトを使ったことはありません。

 これからもコンタクトレンズを使う事は、おそらく一生無いと思います (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|

« 利き方 | トップページ | 免許更新 »

身の回りの出来事」カテゴリの記事

コメント

私は生まれつき視力が悪く、小学低学年の頃からメガネとなってしまいました。
メガネをかけてもせいぜい0.6ぐらいまでしか視力が出なかったです。
が、大学に入りバイトしてコンタクトにしたら1.2が出て何とよく見えることかと感動したことを鮮明に覚えています。

で現在は、左は白内障手術をしてコンタクトどころか眼内レンズになり1.2、右目は未だにコンタクトで0.8です。
この左右差は、右目も1.2にしようと思えばできるのですが、そうすると老眼で全く手元の文字が読めなくなってしまうので、意図的に弱くしてあります。

つまり、遠くは左目、近くは右目で見ていることになり、遠近感がよくわからず、酒を注ぐときにこぼしたり、物をつかめなかったりということがよくあります。

不自由ではありますが仕方ないを思っています。
長文失礼しました。

投稿: メイの家 | 2015年5月10日 (日) 19:25

 メイさん、どうもです (^_^)/

 お互い苦労しますねぇ (;^_^A アセアセ・・・

 私も、上のような事情から遠近感がイマイチ把握できず、大型の免許はハナから取得できません。
 もっとも、運転自体が下手なので、軽トラで十分だと思っている私がいますが・・・ (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2015年5月10日 (日) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/61552866

この記事へのトラックバック一覧です: メガネ:

« 利き方 | トップページ | 免許更新 »