« 麦秋 | トップページ | 津吹みゆ »

2015年6月 5日 (金)

20150605001_4  「津」という漢字がありまして、地名や人名などでもしばしば目にすることがあると思うんですが、さて、この文字にはどう意味があるのか、皆さんはご存じですか?

 

 ということでチョッと調べてみると、「津」には船舶が停泊するところという意味がありまして、三重県の津市や滋賀県の大津市が代表的な地名だと思うんですが、津市は伊勢湾に、大津市は琵琶湖にそれぞれ面していまして、古来から水上交通の要所として発展してきました。

 船は昔から大量輸送の主要手段でしたから、港を中心に経済や産業が発展したところは数多くありまして、現在、津市は三重県の、大津市は滋賀県のそれぞれ県庁所在地になっています。

 他にも、港町として繁栄し、今では県庁所在地にもなっている代表的な例として、横浜市神戸市などがあります。

 

 以上のように、「津」「港」のコトだという事はおわかりだと思うんですが、ここで疑問が一つ湧いてきます・・・

 というのは、私の故郷である「会津」にも「津」という文字が含まれていますが、会津は海からは遠く離れた内陸部にありまして、昔から「港」とは全く縁がありません (^_^;

 ただ、会津の東部に猪苗代湖という国内4番目の面積を持つ巨大な湖がありますから、そこいら辺りから「津」という文字が使われているのかなと考えられない事もありませんが、川を使って京や大阪へと行き来することができる琵琶湖とは違い、猪苗代湖は川を使って外洋へと抜けることはできませんから、猪苗代湖が交通の上で港的な役割を担っていたとは考えにくいワケです。

 

 では、「会津」「津」にはどういう意味があるのか・・・

 

 実は、「津」には人が多く集まるところとか、人と人とが出会うところという意味もあります (^^)v

 「港」に多くの人が集まり、人と人とが出会う場所という役割がある以上、「津」にも同じような意味があっても自然なことだと思います。

 

 ということで、「会津」も古来は、「相津」と書かれていたそうで、名前の由来は、崇神天皇の時代(3世紀~4世紀頃)までさかのぼり、諸国平定の任務を受けた四道将軍の大毘古命(おおひこのみこと)と建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)の親子がそれぞれの道をたどり、東北の各地を平定した後、この地で合流したことに由来するという神話が会津美里町の「伊佐須美神社」に伝わっています。

 8世紀くらいには陸奥国の中に「会津郡」ができ、平安時代には耶麻郡河沼郡大沼郡という、現在でも福島県の会津地方に存在する郡が分割され、会津郡と合せて「会津四郡」と呼ばれていたそうで、会津は中世の時代以前から、東北の地の中でも重要な要地として栄えてきた歴史があります。

 

 今なお、会津の地には多くの人が集まり、その中心地は会津若松市という事で、「津」の文字に恥じない土地ではないかと個人的には思う次第です (^_^ゞポリポリ

|
|

« 麦秋 | トップページ | 津吹みゆ »

コメント

全国津々浦々に「津」が付いた地名がありますが、やはり海とか湖とかごくまれに河川絡みですね。

会津は海がありませんし、昔は基幹交通だったであろう河川とか運河による舟運が特に発達していた地域でもありませんから、いわゆる「当て字」かと思っていましたがキチンとした意味があるんですね。

今、夢ピさんがお住まいでいる千葉県にも木更津、君津、富津なんてございます。
ヽ(^○^)ノ

投稿: 力三郎 | 2015年6月 5日 (金) 21:55

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 津々浦々なんて、全国の港や入り江という意味ですから、まさにこの記事のためにあるようなことばです (*^.-^*)♪

 千葉県は昔から海の恩恵を受けて発展した歴史があるので、「津」が付く地名が多いのかもしれません (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2015年6月 6日 (土) 06:45

大毘古命と建沼河別命がどこでであったか、これを考えるのがとても好きで、昔からずーっと考えていました。(笑)

会津にもそれなりの港があったはずで、そこで出会ったはず。
とすれば、当然阿賀川沿い。
一方は、日本海側を通り新潟から阿賀野川をさかのぼり、もう一方は太平洋側の鬼怒川をさかのぼり、そして峠を越えて大川上流から下ってきた。

大川の流れている位置も現在昔では異なっており、昔はもっと西側を流れていたと思います。
今の鶴沼川あたりかな。
そして二人が出会ったのは・・・・・。

これを書き始める延々と長くなりますので、いつか私のブログにまとめたいと思います。(笑)

投稿: メイの家 | 2015年6月 6日 (土) 14:35

 メイさん、どうもです (^_^)/

 なるほどねぇ・・・ (;^_^A アセアセ・・・
 私はそこまでは考えませんでした (^_^;

 いつも、上辺だけを見てわかったようなつもりになってしまうのが私の悪いクセです (^^ゞ

 メイさんのブログを楽しみにしています (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2015年6月 6日 (土) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/61682451

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 麦秋 | トップページ | 津吹みゆ »