« 浦和と大宮 | トップページ | 石ころ »

2015年6月11日 (木)

にしき屋

20150610001  タイトルの「にしき屋」は、先週末に会津に行った際、宿泊した民宿タイプの旅館の名前で、南会津の湯野上温泉に在ります。

 

 

 

 

20150610004  4月に利用した、湯野上温泉の「えびす屋」さんも、同じような民宿タイプの旅館でしたが、「にしき屋」さんは、より民宿に近く、客室内には洗面台やトイレの類は一切無く、1階に設けられた共同のトイレと洗面所を使うようになっています。

 共用でも特に抵抗はありませんが、私らが案内されたのは2階にある「秋桐の間」でしたから、用を足す度に階段を下りていかなければならないのは、やはり面倒で・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 もちろん、1階にも客室はありますから、いちいち階段を上り下りするのが億劫なら、1階の部屋をお願いすればいいだけのハナシで、今度利用する機会があれば、1階の部屋が空いてないか訊ねてみることにします (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 その点、前に利用した「えびす屋」さんは、客室内にトイレと風呂、洗面台が付いていたので、より快適に過ごせました (*^.-^*)♪

 

20150610002 20150610003

 

 そして、夕食の写真です o(*^▽^*)o~♪

 前回の「えびす屋」さんの夕食にも驚かされましたが、今回の「にしき屋」さんも負けてはおりませんで、全体的に上品な味付けと盛りつけで、存分に楽しませて頂きました o(*^▽^*)o~♪

 一応、お約束通りに、お膳の他にもご飯とみそ汁が用意されていましたが、料理は見た目以上にボリュームがありまして、みそ汁はともかくとして、ご飯まではとても入らなかったので、お膳の他には生ビールをお代わりするだけで席を後にしました (^^ゞ

 

 前回の「えびす屋」さんもそうでしたが、宿の方がいい人ばかりでねぇ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 まぁ、客商売だからと言ってしまえばそれまでなんですが、なんというか、人柄があたたかくて「おもてなし」ということばを地でいっているというか・・・ (^^;

 正直、こんな料金で採算が取れるのかと思えるほどの満足感は味わえますが、料金が料金ですから一般の旅館ほど手の込んだサービスはなくて、でもそれが、ほどよい開放感も味わえ、なるほど、民宿タイプの旅館というのはこういうものなのかと・・・(苦笑)

 

 私らもそうですが、おそらくは他の利用客達も、おもてなしと温泉と料理に満足し、いい宿泊だったと思いながら宿を後にしたのではないでしょうか・・・ (*^.-^*)♪

|

« 浦和と大宮 | トップページ | 石ころ »

旅行記・観光記」カテゴリの記事

コメント

自分もトイレ共用自体は意外と抵抗を感じませんが、やはりフロア毎にあった方が嬉しいです。
(^-^;)

それでも、心尽くしの料理だけで元を取れている様な気がします。
食事付きで尚且つ料理の内容が良ければ冷蔵庫の必然性も下がります(笑)
ヽ(^○^)ノ

投稿: 力三郎 | 2015年6月11日 (木) 20:31

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 元々が民家で、それをリフォームした民宿のようなので、水回りを後から付け加えるのは難しかったのだろうと思います。

 おっしゃるように、2階にもトイレや洗面所があれば、もっと便利だろうと私も思います (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2015年6月12日 (金) 05:26

水無月料理のメニューは手書きをコピーしたものでしょうか。
料理の中身もさることながら、メニューの文字も素晴らしい。
温泉はいかがであったでしょうか。
私も行ってみたくなりました。

投稿: メイの家 | 2015年6月13日 (土) 12:40

 メイさん、どうもです (^_^)/

 この宿には岩風呂と檜風呂の二種類がありまして、この日だけだったのか、それともいつもそうなのか、檜風呂の方はいくぶんぬるめで、岩風呂の方は熱めになっていました。

 私の好みは、だんぜん岩風呂の方です (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2015年6月13日 (土) 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にしき屋:

« 浦和と大宮 | トップページ | 石ころ »