« マタタビ | トップページ | 50年前 »

2015年7月 9日 (木)

思い込み

 先日、仕事で都内に行ったんですが、その時のうっかり談を一つ・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 納品伝票の備考欄に、「到着15分前に、必ず五十島様に電話を入れること」と書かれていまして、五十島氏の携帯番号が書かれていました。

 こういう指示はよくあることなので、今回もそのようにしたわけですよ (^^ゞ

 で、件の携帯に電話をかけ、「五十嵐さんの携帯でよろしいですか?」と確認したわけですが、担当者の名前は「五十であって、「五十ではありません・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 でも、そそっかしい私の目には「五十嵐」に見えてしまって・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 ここで、本来であれば、「いいえ、五十島です・・・」みたいな返答があるはずなんですが、電話の相手は「はい、そうです」と普通に答えるものですから、私は勘違いに気付かないまま、「五十嵐さん」として指示を仰ぎ、無事に納品も完了し、受領書を受け取って納品先を後にしました・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 で、勘違いに気付いたのはいつかといえば、クライアントに終了報告をするために、あらためて受領書を見直した時・・・です w(゚o゚)W

 ナンと、そこには「五十島様」と書かれてあって、「五十嵐」ではなかったコトに初めて気がついたというワケで・・・ (__;)

 

 人間、「うっかり」という事は少なからずあることでして、勝手な思い込みをして、間違いに気付かないままミスを犯してしまった経験をお持ちの方はけっこう多いんじゃないかと・・・(苦笑)

 後で反省した時に、何であんなコトに気付かなかったんだろうと思っても後の祭りで、そういう凡ミスを犯しがちなことが、人間が完全な生き物ではないというコトの証しなワケです(苦笑)

 

 それはともかくとして、どうして最初の電話の時に、担当者は「五十嵐ではありません」と訂正しなかったのでしょう・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 おそらく、私のようなうっかり屋さんに「五十嵐さん」と呼ばれた事が過去に何度もあって、その都度「いいえ、五十島です」と訂正するのが面倒になっているんだろうと思われます (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 そういう私も、かなり珍しい名前なものですから、目で見たのならともかくとして、電話で「○○です」と名乗っても、「○△さん」とか、「○□さん」などと聞き間違えられることが多く、その度に「いいえ、○○です」と訂正するのが面倒で、いつの頃からか、どういうふうに聞き間違えられても、「はい」と返事をするようになってしまった私がいます (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 別に聞き間違えた相手が悪いわけではありませんで、私の名前があまりにも変っているから、あるいは私の発音が悪かったから正確に伝わらなかったんだろうと思うようになり、別にあらたまって訂正しなくても、特に困ったことにはならないコトが一般的なので、どうでもいいようなケースでは相手が聞いたままの名前で通すようにしています(笑い)

 そんなワケで、時々注文する宅配ピザの明細に書かれている私の名前は、本来の「○○」ではなく、ぜんぜん違う「××」となっており、時々届くDMにも「××」と書かれていますが、ピザもDMもチャンと我が家に届いているワケですから、あえて違うと言ってコトを荒立てなくてもいいんじゃないかと (^◇^) ヒャッヒャッヒャ・・・

 

 ところで、冒頭の「五十島」ですが、一般的には「いそじま」と読むんでしょうが、「いがしま」と読む地域が私の生まれ育った奥会津の山村の隣町に在ったのと、福島県との県境に近い新潟県に「いがしま」と読む五十島駅が在ることをこの記事を書くにあたって初めて知りました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 何にでも言えることですが、先入観をもって見てしまうと、思わぬ落とし穴にはまって失敗してしまうことになるかもしれないので、思い込みにはくれぐれもご注意を・・・ (;^_^A アセアセ・・・

|

« マタタビ | トップページ | 50年前 »

身の回りの出来事」カテゴリの記事

コメント

実は私の本名も下の名前の方が読みにくいです。
漢字自体は決して珍しくですし、今風の奇をてらった「キラキラネーム」でもないのですが、難読なのです。必要がなくてもルビを振ります。(苦笑)
それでも大抵の人は「間違えます」coldsweats01

名前は親とか回りの大人の方からの賜り物なのですが、あまりひねりを入れた読み方を命名されると正直ありがた迷惑です。
自分が万が一に名付けの親になるとしたら、一般に流布している漢字と呼び名を使って命名したいです。

誤読されると後々大きなトラブルに発展しかねないので、小声で修正させていただいています。

投稿: 力三郎 | 2015年7月 9日 (木) 18:51

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 名前というのは、誰しも何らかの思いを込めて命名するわけですから、ある程度は尊重しようとは思っているんですが、最近の流行であるキラキラネームにはどうしても馴染めない一人です (^◇^;)

 暴走族まがいの当て字を使った名前というのは、正直なところ付けられた子供が可愛そうだなどと思ってしまう私が居ます。
 もちろん、名付け親にとっては大きなお世話でしかないんでしょうが (^◇^) 。。。ケラケラ

投稿: 夢ピ | 2015年7月 9日 (木) 20:11

私の伯父は「生」と書いて「ススム」と読みます。
皮肉にも戦争で生を断たれ、生き進むことはできませんでしたけれど・・・

投稿: ○♪ | 2015年7月10日 (金) 10:15

 ○♪さん、どうもです (^_^)/

 いずれの親も、我が子の幸せを願い、一生懸命に考えた末の名前だと思うんですが、子供には子供の人生がありますからねぇ、必ずしも願い通りの人生を歩むとは限らないのが、人の世というものだと言ってしまえばそれまでなんですが・・・ (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2015年7月10日 (金) 19:30

私の名字は極めて平凡なもので、同姓の人が必ずどのクラスにも、どの職場にもいました。
我が家の近所にも同姓が三軒あり、時々郵便物が間違って入ってきます。

そしてこの間、近所を散歩していたら、私と全くの同姓同名の表札がついた家を発見しました。
平凡すぎるのも困りものです。(笑)

投稿: メイの家 | 2015年7月11日 (土) 14:54

 メイさん、どうもです (^_^)/

 私の苗字も、私の実家のある地域では極めて平凡なモノなんですが、一歩村の外に出るとまず見かける事はありません (^^ゞ

 それでも、会津若松市内で営業の仕事をしていた頃、名刺を出すと某有名菓子メーカーの社長さんと同じ苗字という事もあって、○○さんのご親戚の方ですかなどと言われた事が時々あったりして驚いたことがあります (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

投稿: 夢ピ | 2015年7月11日 (土) 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/61851355

この記事へのトラックバック一覧です: 思い込み:

« マタタビ | トップページ | 50年前 »