« プレミア12 | トップページ | 三兄弟 »

2015年11月18日 (水)

ぼっち

20151118006 20151118007

20151118004 20151118005

 

 この時期、千葉県内の北総地域では、落花生の収穫を終えた「ぼっち」と呼ばれる円筒状に積み上げられた物体を目にすることが少なくありません。

 

 ご存じのように、「落花生」といえば「千葉県」と言われるくらい、千葉県を代表する農産物であり、国内産の実に8割近くを千葉県産が占めており、約1割ほどが茨城県産だそうです。
 つまり、千葉県と茨城県の2県だけで国内産の9割近くを生産していることになります (^^)v

 それでも、日本国内に流通している落花生はほとんどが外国産という事で、国内産の流通量は全体の1割ほどしか無いそうですが・・・ (^_^ゞポリポリ

 

 写真は、千葉県のほぼ中央に位置する八街市などで見かけたぼっちですが、畑で収穫された落花生は、そのままひっくり返して1週間ほど天日干しした後、直径1mほどの円筒形に積み上げて1ヶ月ほど北風に晒して乾燥させます。
 これが「ぼっち」であり、今の時期、千葉県内ではよく目にする風物詩でもあります。

 この辺りの事は、8年前に書いた「落花生」という記事の中でご紹介したことがあります。

 

 今は、ぼっちにはブルーシートが被せられているのが一般的ですが、元々はワラを被せていたんだそうで、今でも時々ワラが乗ったぼっちを見かけたりします。

 個人的には、周囲の風景に自然と溶け込むような気がするので、昔ながらのワラのぼっちの方がお気に入りです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

20121104001 20121104002_2

 

 そんな中、3年前にも紹介したんですが、狭い畑の中にポツンと一つだけ積み上げられていたぼっちを見かけ、「独りぼっち」と名付けてみました (^◇^) 。。。ケラケラ

 たいていは、畑の中にいくつも積み上げられているのが一般的なので、こんなふうに一つだけ積み上げられているのを見かけるのは希です。

 

20151118003 20151118002

     20151118001

 

 そしてこちらは、先日見かけた珍しいぼっちで、ご覧のように一般のぼっちの3~4個分くらいの落花生がカマボコ状に積み上げられており、千葉県の北総地域に住むようになって20年くらいになりますが、こんな変な形のぼっちを見かけたことは一度も無いので、どうしてこんなぼっちをこしらえたんだろうと・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 1個だけならブルーシートが足りなくなったのでやむを得ず残った落花生をまとめて積み上げてブルーシートを被せたのかなナンて思えなくもないですが、同じ畑の中にもう一つ同じ形のぼっちがあったので、こちらの方のぼっちは「だいだらぼっち」と名付けてみました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 どんなもんでしょ (^◇^) 。。。ケラケラ

 

 ところで、どうでもいいことですが、「独りぼっち」とか「だいだらぼっち」「ぼっち」って、どういう意味だかご存じですか?

 実は、「法師」が訛って「ぼっち」になったもので、元々は「お坊さん」の事なんですね (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 「ひとりぼっち」は「独り法師」と書き、どこの宗旨にも属さず、独りで修行したりしている僧侶を指したことばだそうです。

|

« プレミア12 | トップページ | 三兄弟 »

コメント

これを「ぼっち」というんですか。
子供の頃、会津の田んぼにも藁を積んだ似たようなのがありましたが、あれはなんといったかな。
今はコンバインで藁を切り刻んでしまうので、全く見ません。

千葉ではまだこういう光景を見られるんですね。
農村の風景というのは、ほっとする気がしていいものです。

投稿: メイの家 | 2015年11月22日 (日) 17:58

 メイさん、どうもです (^_^)/

 千葉県は、農業や水産業に従事している人がけっこう多いので、そういう作業光景や生産物を見かける機会が多いです (^^)v

 毎年、田植えや稲刈りの光景を見かけるのは楽しみでもあります (*^.-^*)♪

投稿: 夢ピ | 2015年11月22日 (日) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼっち:

« プレミア12 | トップページ | 三兄弟 »