« 鴨川食堂 | トップページ | 観るのが楽しみな選手 »

2016年1月18日 (月)

性根の腐った力士

20160119001  大相撲の佐渡ヶ嶽部屋に、琴勇輝という力士がいまして、私の大嫌いな力士の一人です (^^;

 なぜ琴勇輝が嫌いなのか ・・・

 ひと言で申し上げるなら、「性根の腐った力士」だからです ・・・  (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、琴勇輝にだって少なからずファンはいると思うので、個人名を挙げてあからさまに嫌いだと申し上げるのは心苦しいのですが、とにかく土俵上で見せる琴勇輝の所作を見ていると、腹が立って腹が立って、見ているのも嫌~な力士なので、こういう勘違い力士には早々に角界から消えて頂きたいなと ・・・  q(`o')ブー!!

 

 仮にもマワシ一つで勝敗を競い合う「大相撲」ですからねぇ、潔くないというか、ハッキリ言って「ズルイ力士」はどうしても好きになれません ・・・  (__;)

 琴勇輝は、身長が176cm、体重は176kgという事で、身長は特別大きいというわけではありませんが、体重は176kgもありますから、いわゆるアンコ型のどっしりとした力士です。

 こういう、恵まれた体格の力士が、立ち合いで見せる姑息な駆け引きというのは、見苦しいというか腹だたしいというか、見ていてイイ気持ちはしません ・・・ (__;)

 琴勇輝は「突き・押し」を身上とする力士なワケですから、立ち合いに「駆け引き」をする必要はサラサラ無いワケで、いつも真っ向勝負を心がければいいものを、琴勇輝は、最後の仕切りの際に絶対に相手より先に手を付こうとはしません ・・・ (ノ_-;)ハア…

 まるで、先に手を付くのは「損」だとでも言いたげな素振りで、ひたすら相手が先に手を付くのを待っています (^_^;
 で、いつも対戦相手と長い睨み合いになり、どうしても相手が先に手を付こうとしなければ、シャアシャアと「待った」をかけて仕切り直しをするという徹底ぶりで、かなり悪質です(怒り)

 まぁ、大相撲は勝敗の結果が即、番付と給料に直結していますから、露骨な駆け引きをしてでも勝ちたいという気持ちもわからないでもないんですが、だからといってここまで汚い立ち合いを毎度毎度繰り返すというのもいかがなものかと ・・・  (ノ_-;)ハア…

 さらに言うならば、琴勇輝は本当に手を付いているんでしょうか ・・・  (^◇^;)
 いつも立つ瞬間に両拳を チョン と付ける素振りを見せるだけで、手は地面に付けていません。
 いくら片手だけでも良いとはいうものの、リプレイで見ると、チョンとさえも付けないで立っているように私には見えるんですがねぇ ・・・  (^◇^;)

 

 大相撲の「仕切り」というのは、ラジオ放送が始まってからは18時までの放送時間内に納める必要があるために、現在幕内は4分以内という明確な決まりがあるとはいうものの、それまではお互いの力士の呼吸が合うまで延々と仕切りが繰り返されるのが常でした (^◇^;)

 「4分以内」ですから、本当なら力士はいつ立ってもいいわけで、お互いの呼吸が合えば仕切りの1回目から立ってもいいわけですが、今は、当たり前のように制限時間いっぱいまで仕切りを繰り返すのが普通ですから、時間前に立つのは「異例」な事と思われがちですが、本来は現在のように時間いっぱいまで仕切りを繰り返す方が異例なわけです(苦笑)

 

 私自身は、時間前に立つ積極的な立ち合いが断然好みなんですが、そういう意味では時間前に立つ仕切りがほとんど見られない最近の大相撲はつまらないと思っている一人です (ノ_-;)ハア…

 その上で、時間いっぱいでも立てずに待ったをかけるような取り組みは、両者戦意無しと見なし、二人とも「不戦敗」でいいと思ってるんですが、ただそうなると、どうしても勝てない相手に「立たない」というただそれだけの消極的な戦法で黒星を付ける事ができますから、さすがにそれはまずいのかなと ・・・  (^◇^) 。。。ケラケラ
 例えば、どうしても勝てない白鵬に対し、対戦相手が全員立たないという戦法に出れば、白鵬は15連敗というあり得ない星勘定になる事もあるわけで、いくらなんでもそれは無いかなと (^◇^) 。。。ケラケラ

 ただ、時間いっぱいの最後の仕切りに限り、「待った」をかけた力士が負けという事ならアリかなとも思っています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 なぜなら、「時間いっぱい」ですから、それを自分の都合で延長するのであれば、ペナルティもやむを得ないだろうと ・・・

 

 それはともかくとして、琴勇輝の立ち合いはいくらなんでも非常識すぎると思うので、私は「オマエなんか負けてしまえ!」と、毎度毎度思いながら見ています ・・・  (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 大相撲の仕切りというのは、「相手に合わせる」という気持ちが何よりも大切なわけで、琴勇輝のようにどこまでも手前勝手な立ち合いをしようとするのは、大相撲の精神からいってもイカンだろうと私は思う次第です。

 そこいくと、嘉風なんかは身体が小さいにもかかわらず、いつもキチンと両手を先に付いて相手が手を付くのをジッと待っています。

 私が嘉風の事を偉いなぁと思うのは、決して恵まれた身体ではないのに、立ち合いの変化のような姑息な立ち合いをする事はほとんど無く、いつもしっかりと両手を付いて潔く立つ事です。

 琴勇輝のような性根の腐った力士には、ぜひ嘉風の爪のアカでも煎じて飲んで、しっかりと反省して頂きたいものだなと ・・・  q(`o')ブー!!

|
|

« 鴨川食堂 | トップページ | 観るのが楽しみな選手 »

大相撲を語る」カテゴリの記事

コメント

土俵で吠えて白鵬に釘を刺された力士でしたね。何気に平幕上位に居たのにはたまげました。

彼の性格なのか、それとも師匠の指導がいまいちなのでしょうか?

どの道、上位の壁にぶち当たってせいぜい平幕上位あわよくば小結程度が良いところの期待しか持ち合わせていない力士です。

さておき、琴勇輝と同じ部屋の琴奨菊ですが、新婚パワーなのか?(笑)中日無敗で勝ち越しの快進撃が気になります。

とは言え、パフォーマンスする割には稀勢とか豪栄道と比較して華がないんですよね。
(;^_^A

投稿: 力三郎 | 2016年1月18日 (月) 13:31

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 琴奨菊に関しては、とっくに賞味期限切れと思っていますから、今場所の快進撃は正直不思議でなりません (^^ゞ
 もしかしたら、燃え尽きる前の最後の炎なのかもしれません (;^_^A アセアセ・・・
 昨日の稀勢の里との一番も、必死さが勝っての白星でした。
 それだけ後がないという自覚が本人にもあるのだと思います・・・

 いずれにしても、本当に好調で白星を積み上げたのか、今日からの後半戦で証明されると思います (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2016年1月18日 (月) 14:10

はじめまして。相撲好きの大学生です。ブログを拝見させていただきました。

やはり同じことを思っている人が多いみたいですね。
僕もコイツが嫌いです。

理由は目立ちたがり屋の、取り組みの内容よりパフォーマンス重視の糞野郎だからです。

相手に合わせないのも自分のことしか考えていない証拠だと思いますね。

声で威嚇したり手を叩いたりと威勢の良い割には大したことないですよねw

白鵬が怒るのも分かります。

ちなみに僕の特に好きな力士は逸ノ城、鶴竜、日馬富士です。
まあ基本みんな好きですがww

投稿: 守 | 2016年1月18日 (月) 19:26

 守さん、どうもです (^_^)/

 人それぞれに好みの力士がいると思いますし、同様に嫌いな力士もいると思います (^_^;

 それとは別に、ヒイキの力士や応援したい力士というのもいます (^_^ゞポリポリ

 私は、現在の関取の中に好きな力士はいませんが、朝赤龍と御嶽海を応援しています (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 基本的に、東関部屋と高砂部屋、それに出羽海部屋の力士を応援しています (^^)v

投稿: 夢ピ | 2016年1月18日 (月) 20:56

相撲好きの通りすがりのものです。

私も1番嫌いな力士です。
今日は手をつかずに変化。横綱の変化も腹立たしいですが、所作はバカ丁寧に礼儀正しくしている分、やることがより姑息に見えてパフォーマンスも茶番にしか見えません。
今場所は佐々木監督がいらっしゃった日や、琴奨菊の快進撃が続いてることもあり、何かと中継中も話題になりますが、聞いていて腹立たしいです。

個人的には琴奨菊、稀勢の里、日馬富士、勢、嘉風が好きです。
今場所は念願の琴奨菊初優勝に向け連日ドキドキです。

投稿: No Name | 2016年1月22日 (金) 17:34

 どなたか存じませんが、コメント、ありがとうございます m(_ _)m

 個人的には、琴勇輝は遠からず消えていく力士という印象しかありませんから、どうでもいいんですが、賞味期限が切れているにもかかわらず、琴奨菊が見せてくれている快進撃に今は拍手喝采です (*^.-^*)♪

 今日は相撲巧者の豊ノ島に煮え湯を飲まされて初黒星を喫しましたが、こうなると明日の栃煌山戦が俄然気になります ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 気落ちして連敗してしまうのか、あるいは今場所の勢いを取り戻せるのか ・・・

 ここまで頑張っているのですから、個人的には何とか踏みとどまって、初優勝を遂げて欲しいと思っているのですが ・・・ (^^ゞ

投稿: 夢ピ | 2016年1月22日 (金) 17:49

琴勇輝、記憶なしでよくわかりません。
今日、明日と注目してみてます。

まあプロなんだから、目立ってナンボ、嫌われるのもあり、というのはありますが、知らないで言うのもなんなんで止めときます。

投稿: メイの家 | 2016年1月23日 (土) 14:41

 メイさん、どうもです (^_^)/

 パフォーマンスが全ていけないとは私も思っていません。
 例えば、水戸泉の大仰な塩撒きなんかはヒイキの力士だった事もあって、好意的な目で見ていました。
 水戸泉の場合は、あくまでも観客に喜んでもらおうと思ってやっていたわけですが、琴勇輝や琴奨菊が時間いっぱいで見せるパフォーマンスは、あくまでも自分のためにやっているわけであって、目立ってナンボとはいっても、水戸泉のそれとは根本的に次元の違うハナシだと私は思っています。

投稿: 夢ピ | 2016年1月23日 (土) 19:21

ちょうど琴勇輝の姑息な立ち合いにイライラしていたらここにたどり着きました。
コイツは相手が日馬富士でもつきませんからね。さすがに白鵬相手だとだめ押しにビビっているらしく渋々ついてましたけど。本当にコイツの汚い相撲は見る価値がありません。
こうなったらもう一度徳勝龍様に病院送りにしてもらうしか……

投稿: ミッフィー | 2016年3月26日 (土) 17:27

 ミッフィーさん、どうもです (^_^)/

 大嫌いな力士ではありますが、今場所の活躍は素直に讃えるしかないなと ・・・ (^^ゞ

 いつも、勝ち越すかどうかくらいの星しか残せない力士だから、よけいなパフォーマンスが妙に鼻につくだけで、今場所のように大勝ちしていれば、いつもの「ホッ!」も、なかなか手を付かない立ち合いも、それほど気にならないから不思議です (^◇^) 。。。ケラケラ

 やっぱり、関取は土俵の上で良い相撲を取って、星を残してこそナンボだという事なんでしょうね (^◇^;)

投稿: 夢ピ | 2016年3月26日 (土) 18:29

初めまして!
春場所も終わってしまいましたね。
私も琴勇輝関の相撲よりも所作が嫌いです。
観ていて非常に不快!!
来場所は三役になるかもしれませんから、、どうなることやらですね。

投稿: さすらいピアノ弾き | 2016年3月28日 (月) 05:18

さすらいピアノ弾きさん、どうもです (^_^)/

 一応、12勝3敗という立派な成績ですからねぇ、三役は間違いないと思いますし、関脇に座る可能性も高いと思います (^^;

 三賞を受賞したとはいえ、仕切りはもう少し相手に合わせるようにと苦言も付いたといいますから、多少は琴勇輝の手前勝手な仕切りに苦々しい思いをしている親方衆も居るという事です(苦笑)

 まぁ、琴勇輝本人は馬耳東風なんでしょうが ・・・ (;^_^A アセアセ・・・

投稿: 夢ピ | 2016年3月28日 (月) 07:00

琴勇輝、大好きです。
春場所、前頭筆頭で12勝!殊勲賞!
このまま消えていく力士なんて見当違いも甚だしかったですね笑

投稿: 田中 | 2016年4月 2日 (土) 10:28

 田中さん、どうもです (^_^)/

 琴勇輝が嫌いだとハッキリと明言している私の記事にコメントを残して頂けるなんて、ファンというものは本当にありがたいものだと思います(苦笑)

 おそらく、私に対しての当てつけなんでしょうが、一場所くらい大勝ちしたくらいで短命な力士ではないと思われるのはいかがなものかと・・・
 兄弟子の琴奨菊を見ても、優勝した翌場所、勝ち越すのがやっとというダメ大関なワケですから、琴勇輝にしたって似たようなものだろうと (^◇^;)

 そもそもが、性根の腐った力士なワケですし、いつもは勝ち越すかどうかくらいの星しか残せない力士ですから、今場所の成績よりも、来場所以降の土俵が肝心だと私は思います。

投稿: 夢ピ | 2016年4月 2日 (土) 16:19

言われてることは理解できます。
私はことゆうき有り派です。
理由今のは大相撲にアクセントとなってるからです。
みんなががっぷり四つの相撲だと私は飽きます。
所作は今場所から変えましたね。
あと絶対後にしか手をつかないことはないです。
ごく稀に先につきます。
オシズモウしかしないことは対戦相手もわかっているんだから、
卑怯でもなんでもないでしょう。

投稿: 海外から通りすがり | 2016年5月18日 (水) 12:05

さすが一流の方のコメントは違いますね 苦笑い

投稿: 性根の腐ったブロガーさんへ | 2016年9月16日 (金) 20:01

はじめて記事を見させていただいて心の底から仰る通りだと思います。
人の好き嫌いはあれど、あれ程相撲というものを勘違いしている人は別格で無いと思います。

投稿: ひさし | 2016年9月19日 (月) 04:05

前から 琴勇輝のテーピングが反則なのではと気になっていたのですが 今日とうとう凶器になってしまいましたね。英乃梅の顔面と喉に当たってましたね。いくらなんでもこれで注意されることでしょうね。姑息な卑怯者ですね。

投稿: エルダ | 2016年11月26日 (土) 17:45

 エルダさん、どうもです (^_^)/

 張り手は大相撲の技の一つですから、それをまともに食らってひっくり返ったとしても、悪いのは張り手を受けた力士の方であって、出した力士を責めるのは筋違いだと私は思います。
 ただ、張り手を喰らってアタマに血が上り、張り手の応酬合戦になるのは相撲ではないと思っているので見たくはないですが、琴勇輝の場合は張り手をしょっちゅう使っているわけではないので、今回の一発はたまたまだと私は思っています。

 よって、張り手を喰らってそのまま撃沈した英乃海は、気の毒というよりも情けないと思っている私がいます。

 過去に、派手なテーピングで張り手を繰り出し、相手力士を何人も土俵に沈めた旭道山という力士がいましたが、琴勇輝の場合はそういう確信犯とは違うように思えます。

 琴勇輝は場所前に手つきを徹底するようにと審判部から注意されたと聞きますが、私が確認した限り、初日だけは素直に拳を付けて立ちましたが、2日目以降はいつも通りの姑息な立ち合いをしていたように思います (^^;
 私の目には、腐った性根が改められているようには全く見えません q(`o')ブー!!

投稿: 夢ピ | 2016年11月26日 (土) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/63075695

この記事へのトラックバック一覧です: 性根の腐った力士:

« 鴨川食堂 | トップページ | 観るのが楽しみな選手 »