« 負けない鷹 | トップページ | 酒々井温泉 湯楽の里 »

2016年3月14日 (月)

名古屋ウィメンズマラソン 2016

 昨日、リオ五輪の女子マラソン代表を決める最終選考レースとなった名古屋ウィメンズマラソンが行なわれ、第一生命の田中智美が日本人トップとなる全体の2位でゴールし、代表入りに大きくアピールした。

 私は、仕事で東京の日本橋まで行っていたので、車内のカーナビでレースの行方を見守りました (^^ゞ

 

 終盤は、田中智美と天満屋の小原怜との壮絶なマッチレースとなり、第一生命びいきの私としては、本当に手に汗握る観戦となりました (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 レースは ・・・ というか、テレビの中継は終始トップグループの中に位置をとり、積極的な攻めの走りをした田中と小原を中心に進みましたが、ペースメーカーが外れた30km以降はバーレーンのキルワが一人飛び出して、2位以降を次第に引き離して独走に入ると、当然の事ではありますが、テレビの映像は田中と小原の日本人同士のつばぜり合いが中心になりまして、優勝争いというよりは日本人の1位が二人のうちのどちらになるのか ・・・ というスタンスで繰り広げられました (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、私としましても、明らかに実力の違う外国人ランナーの単独走を観るよりは、日本人同士による首位争いの方がはるかに気になりましたので、それはそれでよかったと思います (^^)v

 

 それにしても、終盤の日本人トップ争いは本当にレベルの高い、意地と意地が激しくぶつかり合う壮絶なモノとなりました (^◇^;)

 個人的には、ナンとか田中に勝ってほしいと思うものの、小原も一歩も譲りませんで、最初のうちは田中が一歩リードしていたんですが、一時は小原が田中をかわして日本人トップに立つ事もあり、以後、二人の競り合いは競技場内のトラックにまで延々と続き、ゴール直前で田中が小原を僅かに振り切ってゴールし、日本人トップとなりましたが、続いてゴールした小原との差はたったの1秒!

 42kmも走って、両者の差が僅かに1秒というのもスゴイ事だと思うんですが、それだけ昨日の名古屋ウィメンズマラソンは内容の濃いレースだったというコトです (^^ゞ

 

 それはともかくとして、これで全ての代表選考レースが終わったわけですが、さて、今回は誰が選ばれるんでしょうか・・・

 毎回もめて不透明な代表選考ですが、少なくても今回に限ってはそれほど異論は出ないんじゃないかと思います。l

 リオ五輪の代表枠は男女とも3人ですが、私が予想する代表は期待も込めて・・・

 男子:佐々木悟北島寿典石川末広 (^^)v

 女子:伊藤舞福士加代子田中智美 (^^ゞ

 

 結果は17日に発表されますが、さて、どうなる?

|

« 負けない鷹 | トップページ | 酒々井温泉 湯楽の里 »

コメント

 ピータさんの予想がズバリ当たりましたね!(笑)

投稿: バークハート | 2016年3月18日 (金) 01:59

 バークハートさん、どうもです (^_^)/

 まぁ、今回の選考は、番狂わせが起こりにくい結果が出ていましたからね (^^ゞ

 ある意味、妥当な人選だと思います。

投稿: 夢ピ | 2016年3月18日 (金) 07:08

予想が大当たりですね。
今回は、選考がもめなくてよかった。
特に福士加代子と伊藤舞。
福士加代子が漏れていたらそれはそれは大変な問題になっていたでしょうね。(笑)
それに伊藤舞は、世間ではタイムが悪いと言われていたので、まさかとは思いつつ少し心配してました。

投稿: メイの家 | 2016年3月21日 (月) 14:12

 メイさん、どうもです (^_^)/

 もともと伊藤舞だけは別格で、一人だけ早々と内定が出ていましたから、今回の選考は残りの二人を誰にするかというコトで行なわれました。

 伊藤舞は世界陸上で「日本人トップ・かつ8位入賞以内」という陸連が設けた基準をクリアしており、タイムとは無関係に世界の舞台で戦える事を証明したという事での内定です。

 ただ、選考レースとなった世界陸上が行なわれたのが昨年の8月でしたから、その時点で内定を出した事による「早すぎる」という世間的な批判は確かにありましたが、陸連が自ら出した内定を取り下げるはずはないので、事実上、残りの二枠の争いとなったわけです。

投稿: 夢ピ | 2016年3月21日 (月) 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ウィメンズマラソン 2016:

« 負けない鷹 | トップページ | 酒々井温泉 湯楽の里 »