« 青春のうた Best Collection その44 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン 2016 »

2016年3月13日 (日)

負けない鷹

 20160313001

 

 昨日、私の愛するソフトバンクホークスは、本拠地のヤフオクドームにヤクルトを迎えてデーゲームを行ないました。

 ここまで4勝3分と負け無しのホークスでしたが、この日はヤクルトに優勢に試合を進められ、5回まで 0-3 とリードを許す苦しい展開で、全くいいところが無く、さすがに今日は負けるのかなと思わせるに十分な重苦しい雰囲気が漂っていて・・・ (;^_^A アセアセ・・・

 

ところが、新人と言ってもいい、一人の若手の「足」が流れを変えます。

 6回、先頭の鶴岡がヒットで1塁に出ると、ここまで1軍の試合には全く出たことがない真砂勇介という外野手が代走で1塁に立ちます。

 この真砂が初球にいきなり盗塁を決めると、2死2塁の場面で、柳田の鋭い打球をショートがエラーで弾く間に一気にホームを陥れて1点を返して反撃ののろしを上げると、8回には4本の安打を集めて3点を加え、逆転してくれました ヽ(^◇^*)/

 最後はバリオスが、ヒットを一本許すも、後続を2塁併殺に切って取り、結果的に 4-3 で勝利をもぎ取りまして、5勝3分と依然負け無しと、勝率10割のままオープン戦を爆進中です ヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

 

 いやぁ、ホント、気持ちいいッす o(*^▽^*)o~♪

|

« 青春のうた Best Collection その44 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン 2016 »

野球を語る」カテゴリの記事

コメント

 ホントに負けませんね。今日も勝ってしまいました。

 負けない理由は、投手陣の充実だと思います。この充実が1シーズンもってくれることを期待しています。

投稿: バークハート | 2016年3月13日 (日) 18:34

工藤さんの強運でしょうか?

ライオンズの「ツキ」はあの人では無くて工藤さんが持っていたのでしょうか?

さて荒れる春場所、いきなり「鶴」と「鳳」が負けてしまいましたね…(苦笑)

投稿: 力三郎 | 2016年3月13日 (日) 20:50

 バークハートさん、どうもです (^_^)/

 確かにオープン戦の防御率はダントツで、12球団で0点台はホークスだけです (^^)v

 一方で、強打と言われるホークス打線ですが、チーム打率もホームラン数も決して良い方ではなく、下から3番目ですが、それでも負けないというのは、やはり投手陣が良いからだと思います。

投稿: 夢ピ | 2016年3月13日 (日) 21:01

 力三郎さん、どうもです (^_^)/

 私も、工藤監督の勝ち運はバカにできないと思うようになった一人です。

 さて、大相撲ですが、鳥は揃って黒星、馬は白星発信となりました (^^;

 期待の菊ですが、今日は勝ちましたが、私は間違っても優勝などあり得ないと思っています (^^;
 確かに先場所の菊はこれまでとは違って見えましたが、だからといって今場所もそうだとは私には思えなくてね(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2016年3月13日 (日) 21:07

客観的に見て、今年もホークスの優勝でしょう。
戦力がダントツです。
今年も夢ピさんにとっては、よいシーズンになると思います。

これで、私のコメントも最後になるのかな。
夢ピさんのブログは、他の人と比べてコメントがしやすかったです。
それは、やはり主張があるからなんですね。
少し寂しくなりますね。

投稿: メイの家 | 2016年3月21日 (月) 14:18

 メイさん、どうもです (^_^)/

 一応、今月いっぱいはいつも通りに更新を行ないます。
 と申しましても、十日ほどしか残っていませんが・・・ (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 「負けない鷹」などと浮かれていたら、その後4連敗で、目下12球団中5位に居ます (;^_^A アセアセ・・・

 まぁ、いい時もあれば悪い時もあるというのが勝負の世界ですから、戦力だけで勝負が決まるほど甘くはないという事です(苦笑)

 戦力だけで順位が決まってしまうのなら、今、楽天がホークスや巨人の上にいるということが不思議に思えてしまいますが、これを見てもおわかりのように、勝負はやってみなければわからないというコトの積み重ねがペナントレースの結果として表われるわけです (^^)v

投稿: 夢ピ | 2016年3月21日 (月) 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けない鷹:

« 青春のうた Best Collection その44 | トップページ | 名古屋ウィメンズマラソン 2016 »