« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月29日 (木)

箱根駅伝無責任予想

 いよいよ年の瀬も押し詰まり、元日を迎えると「ニューイヤー駅伝」が、そして2日・3日には「箱根駅伝」が開催されます ヽ(^o^)尸
 
 毎年、元旦は6時に起き出し、テレビの前でニューイヤー駅伝のスタートを待つのが私流の1年の始まりです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 
 という事で、来年のハナシをすると鬼が笑うそうですが、今日は年明けに行なわれる「箱根駅伝」の順位予想を、独断と偏見の立場から無責任にやってみようかなと ・・・ (苦笑)
 といっても、私は素人ですから何らかの根拠があってのコトではありません (;^_^A アセアセ・・・
 あくまでも、手前勝手な戯れ言というか、与太話でしかありませんが ・・・  (;^_^A アセアセ・・・
 
 
 まぁ、専門家を含め、大方の予想は青学大の3連覇が有力と予想しているようですが、そんな誰でも思いつくような安直な結論は「予想」と呼べるほど大仰なモノではありませんよね (^◇^) 。。。ケラケラ
 
 で、私が予想する第93回の優勝校はというと、期待も込めて、私一押しの早稲田大学で、6年ぶり14回目の栄冠を手にするだろうと思っています (^◇^;)
 
 その上で、有力視される青学大は、惜しくも2位というのが早稲田びいきの私が予想する順位予想です (^^)v
 
 と申しますのも、神野大地久保田和真小椋祐介という、文字通り神がかった世代が卒業した今シーズンの箱根では、いくら選手層が厚いと言われる青学大でも戦力ダウンは否めず、過去2年間のような圧倒的な展開にはならないだろうというのが私の見方です。
 大会当日に20km走れる選手を最低でも10人揃えなければならない箱根駅伝は、一般の駅伝とはまったく異次元のレースだという事です。
 
 確かに、出雲、全日本と立て続けに優勝し、今年の青学大にも付けいる隙は無いようにも見え、今度の箱根で史上四校目の大学駅伝三冠を目論む青学大ではありますが、「箱根駅伝」というのはそんなに甘いレースではないということを、原監督は今回つくづくと思い知らされることになるだろう (^_^)V。
 
 さらに加えて言うなら、2区を走ることになるだろうエースの一色恭志も、山梨学院大のニャイロの前に煮え湯を飲まされ、結果として箱根駅伝の区間賞はただの一度も手にすることのないままに卒業することになるだろうと私は考えています。
 
 
 
 ちなみに、私が考える3位以下の順位はというと ・・・
 
 3位、駒澤大
 4位、東洋大
 5位、山梨学院大
 
 さすがに6位以降となると、どの大学が来てもおかしくないので、これ以上の列挙は割愛します (^_^ゞポリポリ
 
 さてさて、下馬評通りに青学大が優勝するのか、それともどこかの大学が青学大に待ったをかけるのか ・・・
 個人的には「波乱」を大いに期待しつつ、お正月を待つことにします(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年12月25日 (日)

さらば、つま恋

  

20161225001

 
 
 “音楽の聖地”として知られる静岡県のリゾート施設「つま恋」の営業が、今日12月25日をもって終了する ・・・
 施設の老朽化にともなう改修費がかさむようになった事と、利用客が減った事が大きな理由だという ・・・
 私に限らず、このニュースには少なからずの驚きと共に、「残念」という思いを抱いている方がきっといらっしゃる事と思う ・・・  (__;)
 
 
 このブログでも、もう10年前の事になりますが、「帰ってきたつま恋」というタイトルで、吉田拓郎かぐや姫の計4人が、31年ぶりに行なったつま恋での野外コンサートの事を語ったことがあります ・・・  (^^ゞ
 
 と申しましても、私自身は一度も「つま恋」の地には足を運んだ事はありません (^_^;
 会津に住んでいた時はもちろん、千葉県に住むようになった今でさえ、「つま恋」の在る静岡県は気軽に出かけられるほど近くには思えませんでしたから ・・・  (^_^ゞポリポリ
 もちろん、今は運送屋をしていますから、静岡県の各地へも何度となく行ったことはありますが、それはあくまでも「仕事」としてですから、レジャーというか「私用」で静岡県くんだりまで出かけてみたいとはとても思えなかったというか ・・・  (〃⌒∇⌒)ゞ ♪
 
 
 それはともかくとして、私は吉田拓郎でフォークソングの世界を知り、かぐや姫の歌を聴いて青春時代を過ごしましたから、「つま恋」という地にとても思い入れがありますし、20代の頃はバンドの一員としてポプコンの県予選にも参加し、郡山市で行なわれた福島県の決勝大会まで進んだ過去もありますから、つま恋で開催される本選は憧れでもあり、毎年気にしていたものです。
 
 中島みゆき、八神純子、世良公則&ツイスト、クリスタルキング、伊藤敏博、雅夢など、20年もの長きにわたってそうそうたるビッグなアーティストたちを世に送り出し続けたポプコンも、30年も前に終了してしまいましたし、今回の営業終了をもって「つま恋」という一つの「聖地」の歴史にピリオドが打たれることになるワケです ・・・  (__;)
 
 本当に残念なことだと思わずにはいられません ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »