« 謹賀新年 | トップページ | ウォッチバンドカレンダー »

2017年1月 8日 (日)

大相撲の初場所を前に

 今日から、大相撲の初場所が始まります。

 ここ数年、若手の台頭が著しく、毎場所観るのが楽しみで楽しみで仕方ないんですが、昨年一年間は特におもしろい場所が毎場所続いたように思います。

 今年も、昨年以上に話題性に富んだ場所が続いてくれればありがたいと思っているのですが、はたしてどうなりますか ・・・  (^^;

 

 それはともかくとして、今年一年間の個人的な展望というか、予想というか、妄想というか、要するに今年の大相撲に対する私なりの意見をひと言ふた言 ・・・  (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 

 まず、初場所に対してですが、ズバリ、稀勢の里の初優勝というのはいかがでしょうか ・・・  (;^_^A アセアセ・・・

 ナンと言っても、角界一の実力者ですから、何でいまだに稀勢の里が優勝できないのか不思議でしょうがありません。

 一年前は、琴奨菊がまさかの狂い咲きで初優勝しましたし、豪栄道でさえ全勝で初優勝を飾りましたから、今年こそは稀勢の里が優勝してもおかしくないワケで、それが今日から始まる初場所だったら大いに盛り上がる事間違い無しです (^^)v

 資質・実力共に角界一だと私は思っていますし、今の三横綱と比較しても、一番「綱」が似合う力士だと思うんですがねぇ ・・・ (苦笑)

 昨年一年間の経験は、良くも悪くも大きな財産になったと思うので、何とか今年中に横綱に昇進してくれないでしょうか ・・・  (^人^)

 

 あと、本来の相撲が取れるようになってきた遠藤の巻き返しにも期待です。

 四枚目ですから、今場所の成績如何によっては新三役も夢ではありませんし、今年中に関脇は十分可能だと思います。

 もしかしたら、来年の今頃は大関になっているかもしれません (o^∇^o)ノ

 

 遠藤もそうですが、意外と正代の方が大関昇進は早いのかもしれません。

 何と言っても、若手の中ではピカ一の存在ですから。

 

 そして、最近は小兵力士の活躍も見逃せません。

 その双璧が石浦宇良だと思うんですが、似たような二人でも取り口は全く違っていておもしろいです。

 石浦は小兵でも正攻法の相撲を取りますが、宇良は奇襲というか、サーカス相撲が特徴で、観ている分にはおもしろいのですが、こういう相撲を取っているといずれ大怪我をするのではないかと心配でなりません (^_^;

 いずれにしても、幕内に定着してくれれば話題性には事欠かない二人だと思いますので、個人的に応援しています ヽ(^o^)尸

 

 一方で、賞味期限の切れる力士も出てきそうに思います。

 引退の最右翼は琴奨菊だと思うんですが、今場所は自身7回目のカド番ですし、ご当地場所となる11月の九州場所までは持たないだろうと私は思っているのですが、はたしてどうでしょう ・・・  (^◇^;)

 

 まぁ、何だかんだ言っても、私はただの相撲好きの一人でしかないわけですから、それぞれの場所が盛り上がってくれればそれでいいわけですが ・・・  (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | ウォッチバンドカレンダー »

大相撲を語る」カテゴリの記事

コメント

稀勢の里の初優勝の予想大当たり、おめでとうございます。
ちょっと不戦勝など幸運もあったけど、それも実力のうちでしょう。
後は、横綱昇進がどうなるか・・・日本人横綱がいないから興業的にも、昇進させちゃうかな。(笑)

投稿: メイの家 | 2017年1月21日 (土) 18:16

 メイさん、どうもです (〃⌒∇⌒)ゞ ♪

 いずれ横綱に昇進すると思いますが、個人的には今場所後の横綱昇進には反対です。

 問題は、先場所の成績を準優勝と見なすのかどうか ・・・
 星の上では確かに鶴竜に次ぐ成績ではあるのですが、中日までに2敗を喫し、優勝争いには絡んでいないのをどう考えるか ・・・
 それでも、3横綱を総なめにした事実を重く見るのか ・・・

 まぁ、稀勢の里に風が吹いているのは間違いないんですが、全ては明日の白鳳戦の結果を見てからと言うことになりそうです(苦笑)

投稿: 夢ピ | 2017年1月21日 (土) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179664/64733217

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲の初場所を前に:

« 謹賀新年 | トップページ | ウォッチバンドカレンダー »