« 明治150年 | トップページ

2018年4月 7日 (土)

危機管理

 先日、久々に咬み付きたくなるニュースが報じられた ・・・  (ノ_-;)ハア…
 
 事の顛末は以下の通り。
 
 4月4日、京都府の舞鶴市内で行なわれた大相撲の春巡業中に、舞鶴市長が土俵上での挨拶中に突然倒れ、それを助けようと土俵上の市長に駆け寄った女性数人に対し、直ちに土俵上から降りるようにと場内アナウンスが複数回流されたというもの ・・・
 
 この件に関しては、各方面から様々な苦情が寄せられ、八角理事長も直ちに謝罪のコメントを発表して事態の収拾を図った。
 
 
 しかし、私は思うのだが、今回のこの不祥事はいったい何が問題で、何が間違っていたのだろうと ・・・
 「伝統では人命は救えない」などともっともらしいコメントを述べた識者もいたようですが、応急処置をしていた女性に対し、土俵から降りるようにと言ったことが間違っていたのだろうか?
 いやいや、「事」はそんな単純なことではないだろうと私は思うのだ。
 
 
 そもそも、角界の人間であれば土俵上は女人禁制であることは誰でも知っていることで、それが「女性差別」だとか「時代錯誤」だとかは私自身は全く思っていない。
 
 しかし、「伝統」を守るためには角界側の努力も必要であり、伝統の上にあぐらをかいているだけではダメだとも思っています。
 
 
 今回の報道でまず私が思った事は、なぜ土俵の周囲に「男性の医療関係者」が一人も居なかったのかということ。
 
 大相撲の地方巡業は今回に始まったことではなく、毎回開催していることですし、巡業中にケガをする力士や体調を崩す力士が出るかもしれないことを考えれば、男性の医療関係者も当然の事として巡業に帯同していてしかるべきだと思うし、そういう準備が整ってさえいれば、今回の突然の不幸に際しても浮き足立つこともなく、大相撲の関係者だけで粛々と救命措置と事態収拾が図られていたはずで、万が一にもあんなみっともない騒動にはならなかっただろうと私は思うワケです。
 
 
 とにかく、相撲協会という組織は、何に付けても後手後手に回ることが多く、組織としては未熟この上ない q(`o')ブー!!
 昨年から今年にかけて、角界では様々な不祥事が起こって世間を騒がせていますが、これも相撲協会に危機管理能力がないからだとも私は思っています。
 
 今後も「国技」だとか「神事」などという言葉を相撲協会が使い続けたいのであれば、協会もそれなりの努力をしなければ、国民には支持されないだろうと私は思いますがねぇ ・・・  (ノ_-;)ハア…

|

« 明治150年 | トップページ

大相撲を語る」カテゴリの記事

時事・ニュースを語る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危機管理:

« 明治150年 | トップページ